中京五流会への出演が決まりました   

2010年 10月 06日

a0091907_7133064.jpg

みなさん、こんにちはdannaです。今日は本職のご紹介。すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、TOKOSANこと、「赤堀登紅」の「中京五流会」への出演がきまりました。今回は10/2よりチケットが発売となりましたのでご紹介します。

写真は2006年の中京五流会、「鷺娘」出演時のもの。

中京五流会ってなに?って方も多いかと思います。私も数年前までそうでした。というわけで素人なりにご紹介します。「中京五流会は」正式には「中京五流舞踊公演」といいまして今回57回目を迎えます。一口に日本舞踊といっても非 常にたくさんの流派がありますが、そのなかでも東海地方を中心に活動している「在名五流派」(赤堀流、工藤流、西川流、花柳流、藤間流の五大流派)というのがありまして、その五流派の「家元」五名と「流派の代表者」五名、計十名(組)が一同に舞台に立つという年に一度の「名古屋日本舞踊界のお祭り」ともいえる会です。今年は12月5日がその日で「中日劇場」にて開催されます。

日ごろは流派毎に別の舞踊会を催している各流派が一同に会し、かつ各流派の家元が勢ぞろいするという非常に豪勢な会。また代表者もこの日ために流派の代表として選ばれるのですからとても見応えがあります。(また今回は特別参加ということで五條流、立花流もゲスト参加されるそうです。)
TOKOSANこと「赤堀登紅」も過去に何度か出演していますが、2006年の「鷺娘」以来、育児もあってしばらく期間があきましたが久しぶりの「中京五流会」出演ということで、かなり気合を入れて稽古に励んでいます。

今回「赤堀登紅」は夜の部の二番手、「清元 幻お七」を踊らせていただきます。歌舞伎や浄瑠璃で有名な「櫓お七」を題材にとったものだそうです。12月5日 15時半~16時半ごろの出演となります。その他の出演者、演目などはこちら

たくさんの方に見に来ていただきたいと思います。チケットは各プレイガイドなどで販売していますが、できれば是非に、是非に私たちからご購入いただきたくお願いいたします。出演者ということで良い席もありますのでぜひお早めにご気軽にお問い合わせください。

中京五流会のチケットの問い合わせはこちらまで(クリック)

ぜひ見に来てくださいね。
[PR]

by t0k0san | 2010-10-06 07:09 | その他

<< パレルモ風カツレツ 名古屋コーチン とりこころ  >>