「ほっ」と。キャンペーン

特別なあんこう鍋「得仙」   

2010年 10月 18日

こんにちは。dannaです。行ってきましたよ一年ぶりの口福、「鮟鱇鍋」の「得仙」へ。
a0091907_18163555.jpg
あいかわらず美しい鮟鱇だこと。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

昨年伺ったときの様子はこちら。看板も違いますね。改装されて一層すごしやすいお店になっていました。
a0091907_18153580.jpg
こちらのお店は紹介制や会員制よりめずらしい特別な方式。その晩、その席の権利をが一年分決まっていて権利を持っていない人は権利を持ってる人に誘っていただくしかありません。私は昨年同様、不良人妻さんの席にお招きいただきました。ありがとうございます。

まずはお刺身から。良い熟成感というかねっとりととっても美味しかったです。鰈?
a0091907_18155847.jpg


こちらの茶箪笥のようなセット。これを見るだけでこれから始まる食事がどれほど楽しくて美味しいか期待が高まりますよね。いい演出ですね。
a0091907_18155079.jpg


立派な伊勢海老に牡蠣!!「これは出汁用でございます。」知ってるけど毎回そう説明していただきたい。
a0091907_1816557.jpg


こうして出汁をとります。この色の濃い元の出汁も不思議、色は濃いですが優しい甘さがある鍋のスープ。
a0091907_18162424.jpg


アンキモをつけていただきます。このアンキモが濃厚で美味しい。でも濃厚なのに空気を含んでいるので軽い感じにもなっているんです。どうやって作るんでしょう?アンキモ自分で調理しますがこんな感じに作れるとは思えない。ん?アンキモ蒸してから裏漉しするのかも。試してみようっと。
a0091907_18164141.jpg
今回は昨年より少しアンキモがあっさりしていたように感じました。より鍋の味がわかってかえって好みでした。

「出汁用だ」と言われても伊勢海老だから食べますよ。エビ味噌はいつものように醜く奪い合います(笑)
a0091907_18164756.jpg


同じく「出汁用」の牡蠣。これも美味しくいただきます。
a0091907_1816537.jpg


いよいよ鮟鱇の投入です。最初は背肉などのあっさりした部分から、だんだん胃袋やエラあたりに変化してゆきます。
a0091907_18171683.jpg
鮟鱇美味しいですよね。身以外が美味しい、ってのが面白い。うちでも鮟鱇鍋またやらなきゃ

これは胃袋かな。偶然を装いながら自分の食べたいものは確実に鍋から救出します(笑)
a0091907_18172425.jpg
それにしても鮟鱇の部位、唇、胃袋、エラやら皮(背、腹)全部それぞれ美味しさが違うんですよね。それぞれの美味しさを味わうには順に食べてゆくしかない。やっぱり目の前で調理していただく鍋が一番。だれが考えたんだろうね。しかもアンキモで食べるんですよ。

ビールも日本酒もあいますが、この日はお芋焼酎のお湯割りが一番合っていたと思います。
a0091907_18175817.jpg


野菜もたっぷり入れて
a0091907_18173452.jpg


春菊。最近苦みの少ない生でも美味しい春菊増えましたよね。これもさっと煮て美味しい春菊でした。
a0091907_18175342.jpg


もちろん〆は雑炊。美味しいに決まってます。
a0091907_17423383.jpg


デザートは栗のアイスとメロン。栗のアイス甘すぎず上品でこの食事の最後にぴったりでした。
a0091907_18192173.jpg


今年も美味しかったです。昨年よりもリラックスしていたせいかさらに美味しく感じました。アンキモをセーブするほどの余裕がありました(笑)鮟鱇の個体差もあるから食べるたびに発見があるのかもしれません。こちらのお鍋は派手で豪快ですが、最初っから最後まで炭火でゆっくり作られてゆく、素材をしっかり生かした料理なんだなと感じました。これはやっぱりわざわざ食べにくる料理ですよね。

また誘ってくださいね。今回のメンバーにこちらのお店をご縁のある方が。。また一緒に行きましょう。一緒に行くべきだと思う(笑)

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-10-18 18:19 | グルメ 和食

<< 池下 菜の花 夜 休日の食卓 前菜3種 >>