タモリカレーに挑戦!   

2010年 11月 17日

こんにちは。dannaです。今回は「タモリカレー」に挑戦してみましたよ。
a0091907_1325270.jpg
もちろん、タモリが煮込まれてるカレーじゃなくて、タモリさんが作るカレーだ。
a0091907_1325540.jpg
どう?美味しそうじゃない?
人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

僕が「タモリカレー」の名を知ったのは結構前、でも改めてちゃんと知ってレシピみたら作ってみたくなりました。料理好きで凝り性で有名なタモリさん、そのタモリさんが「いろいろカレーも凝ったけど、これだけあれば結局満足」というカレーが「タモリカレー」、気になるよね。レシピも工程も簡単なんです。やってみようかなと思ったら体がスパイス欠乏状態になってしまい早速決行しました。
→→→→レシピはこちらにあります。←←←←

材料は、鶏肉、赤ワイン、ホールトマト、炒めタマネギ(市販)、カレー粉、ターメリックパウダー、クミンパウダー、チューブにんにく、チューブショウガ、牛乳、ヨーグルト、とろけるチーズ、マンゴーチャツネ。13品目。普通の家庭にありそうで近所のスーパーで手に入るものばかり。
所要時間は二時間半くらいかかるけどほとんど煮てるだけです。基本工程は3つ。①チキン焼く、②ルー作る、③煮込むのみ、しかもなんと「包丁つかわないで調理可能」だ。

①チキン焼く
鶏モモ肉。具材は鶏のみなので重要です。モモ肉と水炊き用のぶつ切りを使いました。
a0091907_1315820.jpg

カレー粉、ターメリック、クミンを揉み込みます。しっかり揉みこもう。素手でやると手が黄色くなるよ。揉んだらしばらく置いておく。
a0091907_132086.jpg

フライパンで表面を焼く
a0091907_132877.jpg

焼いたら水を沸かした鍋に鶏肉をぼちょん!
a0091907_132107.jpg
ここに赤ワインとホールトマトもいれます。
この料理で包丁がいるのは鶏肉と切るときだけ、だから「唐揚げ用鶏肉」でも買ってくれば包丁いらないのだ。包丁が要らないということはまな板もいらないってことで、調理台もいらないからガスコンロだけあればどこでも作れるぞ。

②ルー作る
フライパンでルーを作ります。カレー粉、タマネギ、チューブニンニクなんかを弱火で炒めて
a0091907_1321241.jpg

牛乳やヨーグルトいれて
a0091907_1321513.jpg

ダマにならないように練れば出来上がりだ。簡単。3分でできるね。
a0091907_1321840.jpg

このルーも鍋にぼちょん。チーズもぼちょん。

③煮込む。あとは煮込むだけだ。
正直、この段階ではシャビシャビの黄色いお湯にチキンが沈んでるだけだ。旨くなるのか??

弱火で煮こみスタート!
a0091907_1322116.jpg
一時間くらいはほっといても平気そう。

1時間経過。まだまだシャビシャビ
a0091907_1323214.jpg
1時間半くらいから一気に煮詰まって量が減りだします。同時に鍋底鍋肌が焦げやすくなりますから注意ね。

2時間たちました。お、カレーになってきた。
a0091907_1323583.jpg

塩で味調えて、もうちょっと中火で煮詰めたらタモリカレーの完成です。
a0091907_1323730.jpg

タモリカレーには必須の「カレー味のマッシュポテト」も作っておこう。

ご飯にマッシュポテトとカレーを盛り付けたらできあがり!!
a0091907_1324947.jpg

ぐちゃぐちゃにして食べるのが正しいんだって!
a0091907_1314156.jpg


いただきます!ほほう!!これはなかなか!!
クミンとターメリックがかなりジンワリとくるスパイシーカレーだ。カレー味のポテトも面白い。ただのマッシュだとマイルドになりすぎちゃうけれどカレー粉を効かせたマッシュポテトは全体を重層的にしますね。ご飯と食べるのもいいんだけどカレー単体で食べるのも結構美味しいです。クミンかな、かなりジワッときます。スパイス補給完了。
一方、ちょっと野菜の旨身が足りないかな。作ってる途中から思ってましたが、カレーのボディにもっと野菜の美味しさが効いていればもっと「旨いカレー」になるような気がします。僕ならホールトマトは一缶くらいは入れるし、タマネギニンジンセロリあたりをタップリ細か~く刻んだものをカレーのボディに入れます。あと、スパイスはもうちょっと辛味系が欲しいかな。カイエンペッパーとか花椒とか。でもそれは好みの問題。それぞれのカレー。

う~ん、やっぱりタモリさん、すごいね。このレシピは5年以上前のものですが、カレールーを使わないスパイシーカレーを作るのに、必要な最小公約数のカレーなんですよね。しかもそれが今日スーパーで買って帰れるような材料でできて、ちょっと時間があれば料理慣れしてない人でも多分失敗しないくらいに簡素化された手順。「本格派カレーってなんだかハードル高いな」って思ってた僕に「ちょっと作ってみようかな」と思わせるようなレシピ。それが魅力。この一歩が大きいものね。自作カレーの魅力を隅々までわかった導師が、軽く背中をぽんっと押してくれるようなレシピ、というと褒めすぎか?

二回目からはいろいろ足したり工夫したりすれば良いものね。カレー粉もチャツネもまだたくさんあるし、いろいろ作ってみようかな。スパイスは何を足したら良いですか?スパイス好きの皆さん教えてね。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-11-17 01:33 | お家グルメ

<< ガッルーラで食事会 iPadで映画をレンタルしてジ... >>