料理通信5 「石焼薬膳鍋 満拿」   

2010年 11月 10日

こんにちは。dannaです。
料理通信のアンバサダーの記事を書きました。結構まえです(笑)
今回の『料理通信』は『「ビストロノミー」ってなに?』が特集。
a0091907_953475.jpg
スタイル、価格はビストロで、素材や調理法はより吟味されている「ビストロノミー」の特集だそうです。名古屋もビストロが多いですよね。フランス、東京の美味しそうなでもシンプルすぎないお店、料理がたくさん紹介されてました。レシピが載っているのもうれしい。ちなみに表紙を飾っているこのロゼ色の素敵な料理は麻布十番の「カラペティバテュバ」のもの。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

さて今回書いた記事はこちら。
五回目の記事はブログで何度も書いている「満拿」さんです。過去の記事は こちら こちら
意外に2回しか書いてませんが、もちろんもっともっと行ってます。風邪のひきはじめはいつももここ。すぐに治っちゃいますから。こちらの薬膳火鍋は「名古屋名物」ではないでしょうが、東京や大阪、京都などのほかの都市でも、食べられない「名古屋が誇るべき絶品鍋」だと僕は思っています。それはなにより美味しいに加えて調理の仕方から食材の選び方、スープの取り方、提供の仕方まで完成されていてなおかつ元気になる。ニンニク食べて精力つくのとは違う体調がよくなる味。また台湾蜆や牡蠣海苔炒めなどのほかの料理も「満拿の料理」としかいいようのない、スタイルと完成度があると思っています。だから僕は他の都市からの大事な友人(とくに食にこだわる人)を誘うときは、他のものと比べることのできない、名古屋のこのお店でしか食べられない「満拿料理」を食べに行くのです。お店の方もすばらしいしね。(東京にも「石頭火鍋」の店はあるようですが違う料理のようです)

かといって食べログの中華部門1位ってのはなんだそれ?とも思います。システム上仕方ないんだろうけどここは中華というよりも「満拿の料理」だし、普通の人が「中華料理」を思い浮かべてゆくと予想と違いすぎると思うんです。大丈夫なのかな?

行かれる方は、事前に予約してゆきましょう。料理が出てくるのはゆっくりですから覚悟してゆきましょう。騒がず急かさずお店の流儀で楽しく食べて元気になりましょうね。年中いけるけどこれからの季節は最高だな。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-11-10 10:08 | その他

<< 種久本店 やさしい最中 さんまの春巻き ワタソース >>