小田原 時よし鮨   

2011年 01月 25日

こんにちは。dannaです。
a0091907_11504479.jpg

仕事で湘南方面へ。普段は新横浜経由なんですがこの日は新幹線で小田原経由で。帰りものんびり帰るか、ということで小田原へ。うなぎ、鮨で迷いながら駅から近いお寿司へ。小田原 「時よし鮨」へ二度目の訪問です。前回は2010年の4月みたい。7ヶ月ぶりの訪問です。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
時よし鮨
0465-35-3565
神奈川県小田原市城山1-3-16
「Google Mapへ」

前回はお昼に慌しく伺いましたが今回は夜。お酒飲めるぞ
a0091907_11504214.jpg
場所は小田原駅の新幹線口から徒歩五分くらいです。列車の時間ぎりぎりまで食べてられるのも魅力です。

a0091907_11504479.jpg
最初はアン肝から。ネタは相模湾にこだわっているそうですが、残念ながらこのアン肝は常磐のもの。相模湾もアンコウ取れるんですが小さいんだそうです。ちょっと固めながら美味しいアン肝。

光物が多いのもこのお店の特徴。鯖は脂乗りすぎず鯵は鮮度よく。蛸は硬めに茹でてあります。
a0091907_11504663.jpg


ビール、ぬる燗ときたのでもう少しおつまみをゲソを茹でてもらいました。
a0091907_11504782.jpg


さて握りへ。まずはお任せで
a0091907_11504896.jpg
白身。右からホウボウ、鯛の湯引き、平目の昆布〆。白身もなかなか。ホウボウの香りが良かった。平目も旨味たっぷりでいい平目を上手に昆布〆にした印象。

カワハギ
a0091907_1150493.jpg
カワハギの身の裏には叩いた肝がたっぷりと入っています。「崩れないように気をつけて」

光物。イワシとコハダ。
a0091907_11505049.jpg
くさみのない美味しい光物。いつも充実してます。

イカ
a0091907_11505119.jpg


貝三種。右から赤貝、北寄貝あぶり、石垣貝あぶり。
a0091907_11505245.jpg
前回も書きましたがこちらのお店では貝は注文が入ってから捌くんです。貝を剥いて、ワタをとって、形整えて、炙って握られて出てくる。自分のための捌きたての貝の握り、いいですよね。美味しい。

本鮪 赤身漬け
a0091907_11505339.jpg


赤身のお代わりと穴子。
a0091907_1150555.jpg


美味しかった~。写真を見ていただければわかりますがいわゆる銀座の江戸前みたいなのとは違いますが、地のものに拘ってご夫婦で何十年も(おそらく)やってみえたお寿司屋さん。白身や光物はネタ大ぶりで美味しいです。遠征してゆくお店かというと違うかもしれませんが小田原にきたら次も僕はこのお店に来ると思います。二度目で前回よりもリラックスして食べることができました。ありがとうございました。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ


時よし鮨
0465-35-3565
神奈川県小田原市城山1-3-16
「Google Mapへ」




[PR]

by t0k0san | 2011-01-25 11:49 | グルメ 寿司

<< ヘジャンク 再び 京都 緒方 12月 >>