豚バラのコンフィ 美味しいよ   

2011年 03月 09日

|こんにちは。dannaです。じゃん!今回はしっかりお肉なおうちご飯。結構なボリューム。ちょっとしたビストロみたいでしょ?
a0091907_2315942.jpg
今回は「豚バラ肉のコンフィ」を作ったお話。とっても美味しくできました。

こちらもおんなじ。ちょっと焼きすぎました(笑)
a0091907_22333311.jpg


「気が向いたとき」更新よりもさらに低い頻度で更新中。でも淋しいので読んだらポチッとおねがいします。
人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

先日冷蔵庫から出てきたこのパック。いつのだっけ??と忘れるくらい前に仕込んだものでした。中身は「豚バラ肉のコンフィ」!
a0091907_22334829.jpg

大丈夫かな?と、とりあえず取り出してオイルを落として常温に戻します。
a0091907_22334452.jpg

カットしてみました。表面が黒くなってるだけですね。中は大丈夫そう。
a0091907_22334216.jpg

それをレンズ豆を茹でたものに載せてオーブンへ。途中一度取り出してバルサミコかけてもうちょっと焼くと
a0091907_22333779.jpg

出来上がり!カットしてあるから焼きすぎてしまった。でも身は締まっててでも脂はとろっとして美味しいよ。これは簡単で安くて保存できていいものだ。肩ロースとかでもよさそうね。
a0091907_22333575.jpg


さてここからは作り方です。これ作ったのは11月後半ですね。3ヶ月以上前に仕込んでました(笑)
新鮮な豚バラ肉をブロックで買ってきて、強めの塩とにんにくのスライス、全体をラップで包んで一日冷蔵庫で置いておきます。
a0091907_22335684.jpg


翌日。ハーブ類は適当に。うちのベランダからセイジ、タイム、ローズマリーなど。
a0091907_22335433.jpg


豚肉は塩と肉から出てきた汁を水で洗い流してよく拭き取ります。そしたらハーブ、と一緒に厚手のジップロックに。1/4ほどの赤ワイン3/4のオリーブオイルで肉が完全に浸るように、空気が入らないように密封します。
a0091907_22335266.jpg
このまま、70~80度のお湯で湯煎して3時間。その後、翌朝まで放置します。

「注意」 湯煎のとき、お湯は80度なら密封パックは溶けませんが、鍋肌はそれ以上の温度になっている場合があります。すると鍋肌に触れた部分が破れてオイルが鍋に流れでてしまい大惨事になります。湯煎するときはお湯の温度だけじゃなくて、パックが溶けないように注意してくださいね。

これが翌朝の状態。ハーブだけ取り除いて、完全にオイルに浸った状態でそのまま冷蔵庫に保存します。今回はこのまま3ヶ月冷蔵庫でほったらかしになってました(笑)
a0091907_22335037.jpg
みなさんはできるだけ早く食べましょう(笑)もともと保存食ですが保障はできませんので自分の判断で保存して食べてね。

これは塊のままオーブンで焼いて縦方向にスライスしてみたもの。やっぱり塊で焼いたほうがしっとりしてうまいね。常温から170度20分。
a0091907_232157.jpg

食べ応えあります!
a0091907_232247.jpg


付け合せはたまねぎの丸ごとロースト。
a0091907_23236.jpg
たまねぎを茶色の薄皮一枚残した状態で丸ごとオーブンで40分。皮を剥いたら美味しい塩でいただきます。隣にあるのがアイコトマトのオーブン焼。焼くとさらに味が濃くなるので潰してソースの代わりにします。うまい!

これも付け合せの焼林檎
a0091907_232416.jpg
林檎を1センチの厚さに切って、フライパンでバターで焼いたもの。

これはとっても美味しいです。作るのも簡単だしとってもお安くできます。そして長期保存可能だし、冷凍と違って冷凍臭さもありません。また作ろうっと。みなさんもいかが?僕は今度は肩ロースの塊肉で作っとこうと思います。お客さんが来たときもすぐ出せる料理だしね。



くれぐれも保存期間と保存後の判断は自分でしてくださいね。



いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ




[PR]

by t0k0san | 2011-03-09 22:32 | お家グルメ

<< 更新 京料理 八平 四ツ谷荒木町 >>