地震後の東京にいって思うこと   

2011年 03月 18日

こんにちは。dannaです。
先日、震災後の東京に行ってきました。水曜日ですから震災後5日目です。地震当日の帰宅難民の帰宅、避難風景や、連日の計画停電などの報道もありますが、思っていたりはるかに「普通」の状態でした。東京行きの新幹線は定刻通りの運転ですがとっても空いてました。山手線も平常通りの運転でした。でも人が少ない。。
東京の方に聞いてみると都心部が動いていても、郊外の私鉄が不通であったり、本数が大きく間引きされていて都心部に来ること自体が大変なようです。感覚的にはいつもの半分、といったところ。

 余震も多いですね。名古屋では3/15の夜に静岡を震源とする地震が比較的大きかったか、と思いますが、あれで震度3。東京ではあのくらいの揺れが一日に3,4回あるそうです。私が仕事している間にも2回はありました。東京であれだけ揺れるなら、福島、茨城、あたりではもっと大きな余震がもっと多くきているのでしょう。怖いでしょうし、精神的にも辛いものだと思います。

a0091907_1013538.jpg


コンビニにも入ってみました。一見すると商品は十分にあるようですが、特定の商品がまったくありません。ミネラルウォーター、乾電池、レトルト、缶詰などです。街の飲食店は開いてるし、生鮮食品やお惣菜はいくらでもあるのに、です。

名古屋も火曜くらいまでは通常状態でしたが、今週の後半からは同じようなものがなくなり始めましたね。物流が調整して被災地や関東に流れているならば良いのですが、ろくに余震もこない名古屋で買い占めなどがされているならとても悲しいことだと思います。気持ちはわかりますけど。それでももう少しだけなんとかならないか。

 そして東京の夜は真っ暗でした。8時以降に人気がなくなる東京なんて想像できますか?余震への不安、計画停電、被災者への弔意、共感、配慮、様々な理由はあろうかと思いますが、あれほどの状態だとは。あんな状態が続いたら体力のないお店や、保存の利かない商品を扱っているお店は、相当きつい経営状況にあると思います。

 名古屋でもいろんなことが「自粛モード」。私が予定していた会も公私とも次々に「自粛」になっています。もちろん派手すぎることは必要ないし、まだ震災直後だというのはわかります。でもずっとこんなことを続けていてはダメだと思います。大きな被害を受けた被災地に加え、日本の人口の1/3が住む関東地方が当分本格的な回復が難しいとなったら、残りの西日本が頑張るしかありません。頑張って経済をまわして、ものを作って、たくさん支援をしないと、みんな沈んでいってしまいます。

 ひとそれぞれに気持ちを整理するのにかかる時間は違うと思います。でもどこかで区切りをつけるべきです。私は震災から一週間を区切りとします。みなさんはいかがでしょうか。

 さて慣れないことを書くのはもうやめます。自粛もやめます。買占めはしません。人のことを不謹慎と呼ぶこともしません。できるだけいつも通りに暮らして、暮らしながら義援金を続けます。いや当面景気が悪化するならいつも以上に頑張らないといけません。そしてみんなで元気に食事してお酒飲んだ勢いで多めに募金!でもいいじゃないかと。

お目障りな文章失礼しました。謝るなら書くな、といわれるかもしれませんね。でもこれで区切りとします。

次回は普通に記事を書きます。といっておいて全然更新されなかったりしそうですが、そこは突っ込まないでください(笑)

あと「買占めするなら金送れ」の動画がお勧め。一応貼っておきますがすぐ削除されるだろうから探してみてください。これも「不謹慎」っていわれてるそうです。本当のことを言わないのが不謹慎なんて変なの。





いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ

 義援金、寄付を募るサイトなどが多いですが、正直いかがわしいものも多いと思います。せっかくの支援ですから被災者の方々に届くところにしたいですね。EXCITE BLOGの支援金は「全額 日本赤十字社に寄付」ということなのでバナーを貼りました。

直接の寄付も簡単です。「日本赤十字社の寄付窓口はこちら」
[PR]

by t0k0san | 2011-03-18 10:00 | その他

<< 更新 お見舞い申し上げます。 >>