春の緒方 ①   

2011年 05月 30日

こんにちは。dannaです。季節毎にうかがっている京都の「緒方」さん。今回は春の「緒方」さんです。
a0091907_23334020.jpg


ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑


だんだん日が長くなってきました。食事を始める時間がまだ明るいです。
a0091907_23272447.jpg


今回は5人でうかがいました。
a0091907_23274358.jpg

最初にみせて頂いたのは「琵琶湖産のもろこ」。「もろこ」というと僕はあまり食べたことありませんが人によっては「これを食べないことには」といわれる春の食材なんだそうです。
a0091907_23281261.jpg


やっぱり初っ端からやられました。なまこの内臓のお寿司!
a0091907_23333548.jpg
美しくてすごいインパクト!これはなまこの内臓であって「このわた」ではないんですって。このわたのように塩漬けにしていなくて「ただなまこの内臓だしただけ」のものと「炊きたてのご飯にお酢かけただけ」のご飯のお寿司。それがこれほどきれいで美味しいってどういうことよ。

さていつも楽しみな椀物は、、
a0091907_23333813.jpg


今回は見事な鮑!と大根でした。
a0091907_23334020.jpg
これほど見事な鮑でもやぱり吸い地を頂くときに「ほ~っ」となるのはここだけ。今回も素晴らしかったです。

お造りは、明石の平目の縁側と宮古のぼたん海老
a0091907_23341575.jpg

これほどのぼたん海老は見たことありませんでした。身が太くて味が濃くて大人が負けそうになる生命力。
a0091907_2334054.jpg
一日でもはやく三陸の海の幸が戻ってくるとよいですね。

白魚の天ぷらを頂いたら
a0091907_1673773.jpg

a0091907_1675442.jpg

ふきのとうの天ぷらをお皿に載せて
a0091907_1682731.jpg
お酒で苦味を流していただきます。かける前と食べ比べるわけではないんですが、残ったお酒は確かに苦い。面白いでしょ?

お次は赤貝!の酢の物。添えられているのは川海苔です。お茶の葉のようにさわやかな香り。
a0091907_1685161.jpg
春の恵みが続きます。どれもこれも見たこともないほど立派なもの。すごい食材ってのはあるところにはあるんですね。

つづきます。


いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑



[PR]

by t0k0san | 2011-05-30 23:28 | グルメ 和食

<< 春の緒方② 台湾料理 麗郷 >>