「ほっ」と。キャンペーン

篠島 真砂 悠々庵の食事   

2007年 05月 06日

篠島でいただいた海の幸。
どれもこれも美味しく、普通お刺身の盛り合わせって舌が飽きてきて
そんなにいただけないものだけど、ひとつひとつあざやかな味と甘み
に完食できるほど。
また、海草が素晴らしく美味しくて、わかめやめかぶはもちろん、刺身
のツマであるてんぐさまで美味しく、思わず宿の人に「てんぐさ、美味しい
ですねー。」っというと、「島の人は海で拾ってきます」と返されました。
まさに自然の恵みですね。

そんなわけで、この日いただいた夕食はです。
ワタリガニ しっかり食べてしまうと後が食べられなくなりそうなため、食べやすい
ところのみいただく、という贅沢な食べ方をしてしまった。
a0091907_0544853.jpg

前菜 煮えび、シャコ、てっさサラダ、のりの佃煮など
a0091907_0551217.jpg

お刺身の盛り合わせ 平貝の表面があぶってあったり、鮑やその肝、鯛、伊勢海老
など盛りだくさんの中にも味に変化があるのでぺろっと完食。
a0091907_0554195.jpg

たこの丸湯で ただ豪快にゆでてあるだけ。それが美味しい。柔らかいのに
ぶりっとした歯ごたえがあって、磯のかおりのする豪快な味。
a0091907_0561635.jpg

わかめとめかぶのしゃぶしゃぶ お湯にくぐらせると鮮やかな緑に変わり、梅肉の
ポン酢でいただきました。
a0091907_0564459.jpg

さざえのエスカルゴ風香草バター焼き いきなり毛色が違いますが、かえって
舌に新鮮で美味しくいただきました。
a0091907_0572119.jpg

しらすのかき揚げ
a0091907_0575156.jpg

写真にはないですが、サザエの後に煮魚がでました。でもそれは、さばの煮つけで、
美味しいけどここまでそろった後にいただくには平凡すぎました。そこが残念。
 かき揚げのあとはお茶漬けとデザート(パンナコッタ、プリン、ケーキなど3,4種
の盛り合わせ)がでてきました。
そして翌朝、お刺身の盛り合わせにでた伊勢海老の頭のお味噌汁。
朝からしみじみ美味しかった。
a0091907_0582799.jpg

篠島でとれる魚はやっぱり美味しい。島の人も良い。景色も良い。
こんなに近いのに世間に汚れていない感じ?でした。
ただ、こんなに美味しい魚がとれるのに、市場が一般に開かれていないのが
残念。新鮮な魚介を買えるお店もみつからず。
うーん。篠島。それでいいのかしら?そこが良いのかしら??
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-06 00:46 | グルメ 和食

<< 美味しい魚でお料理 篠島に行ってきました。 >>