ふじ原   

2007年 05月 25日

このブログには良く名前がでてきます、「ふじ原」さんに久しぶりに
行ってきました。

実は、今日までの3日間主人が大阪に行っていて、昨日の夜は「ふじ原」
さんが16年間修行された大阪のお店「作一 本店」へ食事へ行ったそうです。
その話と、私のご機嫌とり(主人だけ美味しいものを食べに行ったので・・)
を兼ねて、今日は「ふじ原」さんに連れて行ってもらいました。

最近では、なかなか当日予約ができなくなってしまった「ふじ原」さん、
本日も美味しいもの勢ぞろいです。
お勧めの魚を聞きながら、豊富なメニューを見ながら、大阪のお店の話を
しながら。の満点気分で頂いたお料理です。

お刺身の盛り合わせ (鯛、太刀魚、さば、車えび、うに)どれもぴかぴかでしたが
特にうには海水づけですので、みょうばんを使っていないため変な苦味やにおい
がなく何もつけなくても甘みが上品で絶品でした。太刀魚も脂の乗りが最高。
a0091907_232602.jpg

ぐじ(甘鯛)とじゅんさいの吸い物 ぐじから取ったおだしが濃く、身も旨みが
きちんと残っていて、さらにじゅんさいの歯ごたえがさわやかで美味しかった。
a0091907_23263466.jpg

はまぐりのいしる焼き 九十九里産の大きなはまぐりを焼いて少量のいしるをかけた物
季節のものは最高に美味しいですね。
a0091907_23271860.jpg

太刀魚の焼き物 刺身でも食べられる太刀魚を一夜干しにし、焼いたもの。軽く干して
あることで旨みが増して、脂の乗った美味しい焼き物でした。
a0091907_23275535.jpg

天然うなぎの白焼き さっぱりとした、うなぎ本来の味。
a0091907_23283484.jpg

淡竹(はちく)の土佐煮 
a0091907_2329148.jpg

加茂なすと茗荷のさっと煮 どちらの野菜もさっと一煮たち。なのに美味しい。さわやか
なお味です。
a0091907_23293520.jpg

くじらの刺身 (身、胃袋、うね)臭みもなく、甘い身と魚ではない脂の感じがくじら独特。
思わず、おろかなまでの捕鯨反対運動と食文化について語りたくなるお味です。
a0091907_2330453.jpg

とうもろこしの天ぷら。 あまくて、素朴な味。
a0091907_23303726.jpg

少しお腹に余裕があったのとお酒がまだ残っていたので、つまみを出してもらいました。
げんげの干物。あのゼラチン質のかたまり、げんげがこんなに奥深い味になるなんて!
かみ締めるほどに旨みが増していきました。
a0091907_23311749.jpg

チーズのみそ漬け
a0091907_2332090.jpg


ふじ原
名古屋市東区泉1-1-4-23 ホワイトメイツ2階203
052-959-5153 

[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-25 23:32 | グルメ 和食

<< 気仙沼のかつお 美味しい魚でお料理 >>