「ほっ」と。キャンペーン

L'AUBERGE DE L'ILL  オーベルジュ ド リル   

2007年 06月 24日

今日は、前から気になっていたお店「オーベルジュ ド リル」に行って
きました。 3回目の結婚記念日です。

案内をされ席に着くと、客席はオブジェのような木製のシャンデリアが
ポイントになった造りで、全体に落ち着いた色合いがいい感じです。
a0091907_23465390.jpg


早速、グラスシャンパンを頂きながらメニューの相談。
この時間が一番わくわくして大好きです。
コース料理も多彩でよかったのですが、食べてみたいものがいろいろ
あったため今回はアラカルトから頼んでみました。

ハーフポーションでコースを組んでいただけるということなので、魚とお肉のメイン
は主人と同じにして、前菜を2人別々のオーダーにしました。
前菜は一人二品づつ注文し、お行儀が悪いですが、一皿の途中でお皿
を交換したので計4品の前菜を頂くという贅沢(楽しみ)をしてしまいました。

ワインリストも充実していて、前菜にあわせた白はアルザスのワイン。
同じ作り手の同じ年代のワインでリースリングとピノグリを1杯づつ。
赤はボトルでピジョンにあわせてブルゴーニュの「Clos De Vougeot 99‘」
をいただきました。
a0091907_0442176.jpg


アミューズ: ムール貝のムース 洋葱のヴィネグレット
ムール貝の旨み、くせを前面にだしたムース、アミューズからすごい
インパクトでうれしくなります。
a0091907_23354126.jpg

前菜1:鰯のマリネ リル風 ポテトのムースとキャビアのジュレ
リルのスペシャリテ 鰯のマリネ。マリネもジュレもひとつひとつの味がはっきり
しているのにまとまっていて、同時に口に入れるとまた違う味になる、お料理の
かけ合わせの妙?
出てきた器もとてもかわいいですa0091907_023658.jpg

a0091907_23361323.jpg

前菜2:エイとラングスティーヌのサラダ仕立て 甲殻類のヴィネグレット
エイがコロッケになっていて、その意外性にびっくり。口に入れた瞬間は「魚の
フライ?」な感じなのに噛んでいるうちに感じるエイ独特の味(くせ)が美味しい。
a0091907_23372173.jpg

前菜3:鵞鳥のフォアグラのテリーヌ リル風
コレもリルのスペシャリテ。鵞鳥のフォアグラはしっかりレバーの風味と味
を残していて「鴨のフォアグラのテリーヌ」から想像する味を気持ちよく裏切ってくれます。
a0091907_2338574.jpg

前菜4:リドヴォーとモリーユのフリカッセ ソース・ヴァンジョーヌ
リドヴォーにこうゆう白ワインのソースをあわせてくるとは思いませんでした。
内臓系の味をやっぱり残していて、リドヴォーのイメージが変わりました。
a0091907_23383189.jpg


主人が1,3の組み合わせ、私は2と4の組み合わせで頂きました。
途中お皿を交換する際には、気づいてくださったスタッフが気持ちよく
新しいカトラリーと一緒に交換してくださり「楽しい食事ですね」と一言
くれたことが、さらにリラックスにつながってとても楽しい時間でした。
サービスも満点です。
 
魚のメイン:グルヌイユのムースリーヌ‘ポールエーベルラン‘
またまた、スペシャリテ。
白身魚のムースの中にはかえるのモモ肉が入っています。前菜の
素材のくせを生かしたお料理とはちがって、お互いを支えあうような味。
ムースとかえるを一緒に食べると、口の中に歯ごたえや舌触りの違い
が感じられて楽しいです。
a0091907_2339915.jpg

肉のメイン:コートレットピジョン スタイル‘ロマノフ‘
鳩の胸肉にフォアグラと黒トリュフをあわせて縮緬キャベツで巻き、
その上から皮と網脂で巻いて香ばしさを出してありました。
ピジョンの血を含んだ肉の味とフォアグラが良く合い、黒トリュフが中間に
立って個性をまとめている感じでした。縮緬キャベツが歯ごたえと
あぶらが行き過ぎるのを止めていて、ハーフポーションでもかなりのボリューム
でしたが美味しく頂きました。
ブルゴーニュにしてはしっかりとしたタンニンのヴィージョが良くあって、
つい飲みすぎてしまいました。
a0091907_23395189.jpg

フロマージュ:エポワス、サンフェリシアン、マンステール
赤ワインがまだ残っていたので、合いそうなチーズセレクトしてみました。
マンステールはアルザスのチーズ。臭みがワインにぴったりでした。
a0091907_23402352.jpg

お口直し:フランボワーズのムース ライチのジュレ
a0091907_23405982.jpg

デザート:ペーシェエーベルラン
桃のコンポートのようなもの?一緒に添えてあるピスタチオのアイスも
美味しかった。こちらもリルのスペシャリテ。
a0091907_0451097.jpg


お店の人もびっくりの量をたいらげ、美味しいお料理とワインですっかり
ハイテンションになった私達は、入り口付近の窓際のソファ席に移り、
主人は食後酒とシガー。食後酒にはアルザス地方では良く飲まれている
リキュールで、いろいろ種類がある中から今日は黒スグリのリキュール。
私も。と言いたいところを妊婦サンなので「ぐっ」と我慢しコーヒーとショコラを
頂いて、すっかりくつろぎ長居してしまいました。
お味もサービスも最高の美味しいレストランでした。
幸先の良い結婚生活4年目突入ができました。

黒スグリのリキュール
a0091907_053381.jpg

[PR]

by T0K0SAN | 2007-06-24 23:22 | グルメ フレンチ

<< 桑名のはまぐり <日の出> 梅鉢亭 >>