「ほっ」と。キャンペーン

桑名のはまぐり <日の出>   

2007年 06月 28日

桑名の名産「はまぐり」と言葉は良く聞きますが、実は
きちんと頂いたことがありませんでした。

主人は4,5年前にすばらしく美味しい「はまぐり鍋」を食べさせて
くれるお店にいったことがあるらしく、ひょんなことからその店「日の出」
のことを思い出し、今日連れて行ってくれました。
と言っても明日、明後日に行くのは無理。1ヶ月前に予約してようやく
行くことが出来ました。

はまぐりは、8月が産卵の時期で、それ以降は身がやせてしまうので、
4月後半から7月までのハマグリの身がプクプクの時期は予約でいっぱい
だそうです。
また、私は知らなかったのですが「美味しんぼ」という漫画にこのお店が
紹介されていたそうで、遠方からのお客様もたくさんおみえのようでした。

桑名東インターから15分。「七里の渡し」跡にある、昔の宿場町の風情を
残したところにあります。
小料理屋さんが点々とあるなかに、「日の出」もありました。
a0091907_23225066.jpg「日の出」玄関


お座敷には、お鍋の準備がしてあり、大きなハマグリが大皿に盛られています。
a0091907_23252882.jpg

こちらのお店では、はまぐりを使った会席料理などもあるらしいのですが、
今回はせっかくのいい時期、もちろんハマグリ鍋を頂きました。
そのほかに単品で、焼きハマグリも。

まずは、焼きハマグリが出てきました。
a0091907_23362421.jpg

ハマグリから出たスープがにじんでいて、箸でつまむと身はぷりぷり、スープが
ジワッとでてきます。
口に入れると温かい身とスープが口に広がり、噛むと中からとろっとした
旨みがでてきて、上品なハマグリの味でいっぱいになります。

お次はいよいよお鍋です。
a0091907_23384544.jpg

仲居さんが付きっきりで作ってくれます。
薄味の鰹と昆布のだしに、ハマグリが入れられます。
少しすると貝の口が開きだし、完全に口をあけたら間髪いれずに取り分けて
くれます。
まずはそのままで頂きます。びっくりするぐらいのまん丸の身がぷりぷり
していて、焼きより少し柔らかめのお味。はまぐりって、こんなに太るんだ。
と驚きます。
その後も鍋が続きます。一度に一人3個づつ鍋の中に入れて、取り分けて、
食べ終えたらまた鍋に入れて。を繰り返します。
すばらしくハイスピードで食事が進んでいきます。

残りのはまぐりが少なくなった頃、まずはくずきりを鍋に入れて頂きます。
これがハマグリの味が良く出たスープを吸ってとても美味しいんです。
そして野菜。ハマグリのスープを濁さないように、シンプルに三つ葉と豆腐
、葱のみです。一緒にポン酢も付いてきますがハマグリのスープがおいし
すぎて、余計な薬味やポン酢は要りません。
a0091907_0115183.jpg

野菜を頂いている途中に、蛤の天ぷらが出てきました。同じく桑名産の海苔
に巻かれて揚げてありました。

最後にまたハマグリの味を堪能し、お食事の最後は雑炊で締めです。(うどんにも
できます)
a0091907_23545363.jpg

どんなにお腹いっぱいでもこの雑炊は頂くべきです。本当に美味しい。
こんなに蛤ばかりを食べていて飽きさせないのはすごいです。
そして、最初はハマグリでお腹がふくれるのかしら?と思いましたが、
そんな心配は杞憂でした(笑)

桑名で、生まれ育った本物のはまぐりの美味しさを堪能しました。
中国や韓国のハマグリを日本の海にかえして「国産」といっている
ものがほとんどだそうですが、こちらのは正真正銘の桑名産だそうです。
その二つの違いは私にはわからないかもしれませんが、今日の美味しさ
は本物でした。
また来年も行きたいと思う、素敵なお料理でした。

日の出
三重県桑名市川口町19番地
電話 0594-22-0657

[PR]

by T0K0SAN | 2007-06-28 23:19 | グルメ 和食

<< アロマフレスカ L'AUBERGE D... >>