LA TABLE de Joel Robuchon (ジョエル ロブション 名古屋)   

2007年 10月 09日

OPENして半年くらいは経つのでしょうか?ひょんなことから
「ジョエル ロブション」に行ってきました。
a0091907_9542976.jpg

名古屋 松坂屋本館にある「ロブション」は「LA TABLE de Joel Robuchon」
「Grande Tabule」ではなく「La Tabule」。ロブションレシピの料理を
カジュアルな価格、雰囲気でいただくレストラン。というコンセプトのもと、
内装もかわっています。なんだか少し前のクラブのよう?!
a0091907_9592592.jpg

サービスの方の制服もかわっています。ちょっとチャイナっぽい感じ?
または、海外からみた日本のイメージなのでしょうか?

さて、食事です。5000円7500円のコースのうち7500円のコースをいただき
ました。
お口取り:ガスパチョ
フレンチの口取りとしてはめずらしいですが、さっぱりしていて食欲を刺激します。
a0091907_10301293.jpg

前菜1:うにとオマール海老、コンソメのジュレ フェンネルのソース
うに、オマールの個々の味を感じながらもまとまっていました。このソース好き。
a0091907_1030545.jpg

前菜2:フォアグラのソテー イチジクを添えて
焼き加減も量もいい感じの前菜です。
a0091907_10313112.jpg

魚:くろむつのポワレ 赤ピーマンなど野菜のソース
脂が乗っていておいしい黒ムツ。イベリコ豚のフォンで煮た野菜との相性も良い。
カジュアル価格のコースとして、魚料理にお値打ちで美味しい黒ムツをもってくるのは
さすがだと思いました。
a0091907_10322526.jpg

メイン:羊肉のロースト ポテトピューレ添え
いい焼き加減の羊肉。おいしいです。ポテトピューレはロブションのスペシャリテだそう
ですが、クリームがたくさん使われていて、正直、このお料理には??
あくまでも個人的な好みとしてですが、このピューレにはもっと繊細な肉質のが良いし、
羊にはジャガイモの味や舌触りが前面に出た荒っぽいものを合わせるほうが私の好み★
でも、十分美味しいです。欲を言えば・・。の話。
a0091907_1033750.jpg

牛肉のソテー アスパラガス添え
a0091907_1034770.jpg

お口直し
a0091907_10344381.jpg

パイナップルとココナツのアイス
パイナップルのほうも桃も、さっぱりとしたデザート。a0091907_10353175.jpg

桃のコンポート
デザートはちょっと弱いかな?締めだけにもう少し力が入るといいなぁ★
a0091907_10362362.jpg

 
こんな感じのコースでした。でも、感想がとても難しいんです。
実際に食べているときも、このように思い出してみても、文句も無く美味しかったんです。
このコース内容でこのお値段というのは、まさにコンセプト通りだと思いますし。
最近ではイタリアンのコースで5000円以上するところも多いのを考えるとやっぱり
お値打ち。
でも少しだけ満足度が低くなっちゃいました。・・。落ち着かなかったんです。
内装のせいかな?内装そのものは面白いとは思うのですが、お料理を美味しく
見せなくて、損をしているように思えました。これこそ好みの問題ですけど★ 

LA TABLE de Juel Robuchon(ラ ターブル ドゥ ジュエルロブション)
住所 〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号 松坂屋本店本館 
10階レストランフロア
052-264-3715

営業時間 ランチ 11:00~16:30(15:00L.O.)
ティータイム 14:00~16:30
ディナー 17:00~22:00(20:00L.O.)
[PR]

by T0K0SAN | 2007-10-09 10:05 | グルメ フレンチ

<< DINING 六区 再訪? ふじ原 >>