中村孝明 名古屋店   

2007年 12月 17日

名古屋松坂屋10Fにある、「中村孝明」さんへランチに行って来ました。
このレストランフロアーに行くと、いつも長蛇の列をなしている「中村孝明」さん。
どれどれ??と好奇心がうずいての訪問です(^^)

まずはおひたし。
a0091907_190868.jpg

「ゆりねの茶碗蒸し」 ゆりねの舌に絡んでくる茶碗蒸しと葛でとろみの付いたダシ
とは好相性。
a0091907_191949.jpg

「お造り(赤身、中トロ、鯛)2色の醤油で。(うに醤油とゆず醤油)」ちゃんと旨味の
ある魚。歯ごたえだけの刺身とは違います。が!私は普通の醤油か煮切りで
いただきたかった★
a0091907_1913989.jpg

ここから3段のお重に入って出てきました。やっぱり見た目も大切ですものね☆
a0091907_1915919.jpg

一の重:八寸
a0091907_1923059.jpg

二の重:鯛のみぞれ煮
a0091907_1925876.jpg

三の重:蓮根のハンバーグ 和風デミグラスソースで。
a0091907_1931956.jpg

このあと、お食事。炊き込みご飯に赤だしと香の物。
そして、デザート。パンナコッタといちご、巨峰をいただきました。

この「中村孝明」さんの店内は、いわゆる和洋折衷な感じで、食器も折衷。
スタッフ(仲居さんではない感じ)の制服も洋式。

だからでしょうか?日本食を食べさせてくれるようなお店にしては、献立の組み方が
変わっていて戸惑ってしまいました(--;)
創作和食だからかなぁ??
あとね、全体に「甘み」を強く感じたんです。嫌味じゃなく純粋な疑問ですけど、名古
屋人って甘めの味付けが好きだっけ?

まあ、「うまい」の語源は「あまい」だって言いますしね。
あくまでも私個人の好みは、もう少し控えめのほうが好きです(^^)

でも、サービスはさすがでした。
ちょっとゆっくりしすぎて、おひたしをいただいている途中に次の茶碗蒸しが来てし
まったのですが、マネージャーらしき方が「熱々のものに取り替えます」と下げてくだ
さいましたし、進み具合の遅い私たちのテーブルに合わせて次の料理を持ってくる
タイミングを計ってくださっている感じがしました。 スマートで無駄の無いサービスは
好印象で、気持ちよく食事をいただくことができました☆

「中村孝明 名古屋」
住所 〒460-8430
名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋本館10F
電話052-264-3713


営業時間 11:00~16:00(L.O.15:00)
17:00~22:00(L.O.21:00)
[PR]

by T0K0SAN | 2007-12-17 19:03 | グルメ 和食

<< 我が家の鍋たち。 寿し屋の浜源 >>