オーベルジュ・ド・リルのワイン会(後編)   

2008年 02月 28日

前回のリルのワイン会の続きです。
食事はポワソンから。

「伊勢海老のロティーとモリーユ茸のフリカッセ ヴァンジョーヌの香りと共に」
a0091907_22393490.jpg

ヴァンジョーヌとはシェリーのような香りの長熟ワインのこと。伊勢海老の香りと
ヴァンジョーヌのほのかな香りが食欲をそそります♪

ワインは「RIESLING Vendange Tardive’01」 先にいただいたリースリングは
Jubileeと記された特級畑の物でしたが、こちらは樹齢40年のぶどうから特上の年
につくられる、貴腐菌をつけたワイン。甘口でありながらリースリング特有のミネラル
としっかりした骨格がありジャムや蜂蜜のような煮詰めた甘さ。アカシアの香り。
フォアグラ、ジビエのテリーヌに。


「牛フィレのポアレ ブレットのテールフォアグラ巻き赤ワインソース 
ジャガイモのニョッキを添えて」
   ※皆さんはリルのスペシャリテコートレットピジョン スタイル 「ロマノフ」。
a0091907_22402771.jpg

脂身の控えめな牛本来の旨味のあるお肉で、好みでした。テールとフォアグラ巻き
と一緒に食べるとそれにコクがプラスされてこれも良い感じ。

これにあわせたのは「PINOT NOIR Jubilee’05」さわやかな酸が効いていて
フォアグラを巻き込んだお肉に良く合っていました。若々しい色と味。赤い果実
の香り。 


「フランス産チーズ」 
a0091907_22404934.jpg

チーズには「GEWURZTRAMINER Selection de Grains Noble”S”’89」
きれーーな黄金色。  ほんとに綺麗で何度も光にかざしてみちゃった☆
a0091907_2242114.jpg

このワインはヒューゲル社創立240年記念のワインで、販売用ではない(
一粒ずつ選りすぐったぶどうの粒を使ったワイン。デュプス氏によると’21年の
「イケム」に匹敵するワインだとか!!
 
すごいの飲んじゃった~☆ おかわりください!←いやしいですか?でも皆するでしょ?

アヴァンデセール 「チョコレートのムース
a0091907_22423364.jpg

「ペーシェ ”エーベルラン”」a0091907_224362.jpg

こちらはリルの定番。桃のコンポートにシャンパンのサバイヨンソースをたっぷり
かけたもの。 ここまできてこのボリュウムはデザート熱の無い私にはちょっと無理。
と、一見思いますが、あっさりとしていて美味しくいただけちゃいました。
a0091907_22434766.jpg

デセールにもワインはチーズと同じ。
GEWURZTRAMINER Selection de Grains Noble”S”’89」 言うことなしの
おいしさ、組み合わせです☆

今回のワイン会、デュプス氏のお話を聞きながらというのはもちろんのこと、
これだけの種類のアルザスワインを一度に比べていただくのはめったに無い機会
ですし、それに参加できて良い経験が出来ました♪
最近はアルザスの白がお気に入りだっただけに、ますますファンに053.gif
早速ネットでアルザスワインを大量買いしそうです。あー、楽しかった(^^)



L'AUBERGE DE L'ILL (オーベルジュ・ド・リル)
名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア42階
電話052-527-8880
[PR]

by T0K0SAN | 2008-02-28 22:43 | グルメ フレンチ

<< ひな祭り会 オーベルジュ・ド・リルのワイン... >>