きときと 釣谷鮮魚店   

2008年 03月 31日

こんにちは。dannaです。
最近バタバタでブログの更新も滞りがちですが、多数の方に見に来て頂いているようでありがとうございます。今日も残念ながら二週間ほどまえのちょっと鮮度の落ちる話です。

今回は伏見にある「きときと」さんに行ってきました。「きときと」とはご存知富山の方言で「新鮮」を意味する言葉。良い音ですよね「きときと」。こちらは「富山新湊漁港の釣谷鮮魚店より毎日直送!」だそうです。こんな近所にそんな店があったなんて。
ランチに一度訪問してから夜に行ってきました。

寒ブリ刺。食べ比べ三種盛り。今年はもう終わりの寒ブリです。さすが専門。脂がたっぷり、でもそれ以上にさっっぱりとしたブリ刺です。
a0091907_21255679.jpg

ブリ刺背中。なんでしょう。シマ鰺くらい?それも失礼な表現でしょうか。ぎゅっとしまった部分です。
a0091907_21262295.jpg

ブリ刺中トロ。バランスの良い部位。
a0091907_21264247.jpg

ブリ刺大トロ。これがうまい!ブリの香りって新鮮だとしないんですよね。煮付けなどから感じる独特の香りがまったくない木目の細かい脂と身の旨味が一体となる味。大トロなら断然マグロよりブリだと思います。(ごく新鮮なブリ限定です)
a0091907_212741.jpg

シマエビ。甲に縞があるからシマエビ。本日はガスエビが欠品。コウガスエビが入ることもあるそうです。富山いったことある人、よだれが出ますよね?もちろんこのシマエビも旨かった。

a0091907_2127367.jpg

生ホタルイカのしゃぶしゃぶ。
これもこの季節だけの絶品。名古屋と北陸ってとっても近いのに、なぜか北陸のものがあまり出回っていない印象です。不思議。私のまわりだけでしょうか
a0091907_2128537.jpg

生ホタルイカアップです。鮮度が良いからまだ光ってる!というのは冗談です。演出だそうです。
a0091907_21282935.jpg

かるくしゃぶ、しゃぶの二回で十分。お肉では味わえない全身を食べる喜び。皮も身も内臓も足も旨いです。
a0091907_21285778.jpg

朝掘り筍の天ぷら。産地を忘れてしまいました。おいしく食べましたが衣はもうちょっとさくっと軽いものが好みでした。
a0091907_21314235.jpg

北陸といえば。ノドグロの塩焼き。大きなノドグロです。半身ですが満足満足。
なんでこんなに複雑な味や香りを一身のなかにもっている魚なんでしょうか?よく見かける小ぶりのものとは違う熟成された複雑なお味でした。
a0091907_21323456.jpg


ふぐの子。最後に酒のアテです。しっかり漬けられて塩味の強い一品。
糠漬けにされて毒気の抜けたふぐの子は日本酒好きにはたまりません。
a0091907_213309.jpg


この日もしっかりと頂いてしまいました。それにしても名古屋の真ん中伏見にこんなお店があったとは。もっと早く知ってればこの冬何度も行ったかもしれません。もちろん現地で食べるものに比べれば割高ですが、高い!と感じる鮮度ではありませんでした。むしろ満足。
居酒屋風のつくりですが座敷の個室が多く清潔なお店で、私たちのような子供連れも歓迎していただいてとても楽しく時間が過ごせました。

あとは、日本酒の値段がちょっと、、割高かな?安くて旨い純米酒でも一種類あればそれで良いんですが。

このお店に伺ったのは3月15日前後です。今の仕入れは変わっていると思います。ブリは厳しいでしょうか?ホタルイカはまだ大丈夫かな?季節の変わり目ですから一度問い合わせてから行かれてもいいかもしれませんね。

きときと 釣谷鮮魚店
住所 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-4-7 島ビル2F
電話 052-220-3788
定休日 日曜日
[PR]

by T0K0SAN | 2008-03-31 21:33 | グルメ 和食

<< アウトバック ステーキハウス DINING六区 >>