「ほっ」と。キャンペーン

Heritage エリタージュ 前編 inハウステンボス   

2008年 07月 28日

さて、ハウステンボス行きを決定付けたレストラン「エリタージュ」でディナー
のお話です。


「エリタージュ」の現シェフ佐々木康二料理長は「ボキューズ・ドール2009」の
日本代表に決定しているんです。

 ※ボキューズ・ドールとは、1987年にフレンチの巨匠・ポール・ボキューズ氏に
よって創設された国際料理コンクール、いわばフランス料理のオリンピックです。

まさに、日本のフランス料理界の新星として期待されるシェフなのです。



また、佐々木氏のであり、先のエリタージュ総料理長であった上柿元 勝氏
日本フランス料理会の重鎮で、アラン・シャペル氏の下で長く修行され、シャペル氏
から絶大な信頼を受けた数少ない日本人シェフ。
今回佐々木氏が優勝した「ボキューズドール アジア」には上柿元氏の勧めで参加
されたそうです。


ねっ?!こんなお話を聞いたら「エリタージュ」目的としてもハウステンボスに行きたく
なりませんか?

説明が長くなりました。いよいよ「エリタージュ」へ♪
レストランの予約時間10分前に宿泊するホテルのロビーにお迎えが来ます。

お迎えの車  ここから「レストラン」という特別なステージが始まるようで素敵(^^)
a0091907_12303016.jpg


こちらが「迎賓館」 右の白亜の建物です。このメインダイニングが「エリタージュ」
迎賓館は全室スイートルームですが、宿泊も出来ます☆
a0091907_12321479.jpg

「迎賓館」の玄関についた私たちは、そのフロアのソファ席に案内されます。
a0091907_12324375.jpg

こちらでアペリティフ。 壁に飾られた絵画や調度品、窓からの景色も良い。
ちょっと残念なのはソファ。そろそろ張り直しが必要なのではないでしょうか??
でも、そんな残念はこの雰囲気の良さで帳消しになりますが・・(^^)
a0091907_12452627.jpg

アミューズと共に♪  コースは予約時に決めてあったので、この日のメニューを
聞きながら、ソムリエさんとワインの相談。 
a0091907_12454371.jpg

初めてのレストランでは料理の感じも分かりませんので、好みを伝え、お皿ごとに
ワインをソムリエさんに選んでいただくことにしました。


さてワインも決まり、席の用意もできたようです。階段を下りて下のフロアへ。
a0091907_12462148.jpg

こちらがダイニング。
a0091907_12464526.jpg

そして改めて、本日のメニュー
a0091907_124794.jpg

 
さてさて(^^)ここから前菜が始まります。 それはまた次回。写真的にも美味しい物
ばかりです♪ ぜひごらんくださいね。




追記
アペリティフをいただいていた席の飾り棚に、こちらのレストランで天皇、皇后両陛下
が食事をされたときのメニューがありました。 

「天皇陛下 御夕食メニュー」
a0091907_13555467.jpg

「皇后陛下 御夕食メニュー」
a0091907_13562982.jpg

[PR]

by T0K0SAN | 2008-07-28 12:10 | グルメ フレンチ

<< Heritage「エリタージュ... ハウステンボス >>