すっぽん 北村(きたむら)   

2008年 10月 30日

こんにちは。dannaです。今回は最高の天然スッポン鍋を食べた話です。ああ、自分の写真を見るだけでもう一度食べたい欲求が。。。
a0091907_256714.jpg


今回伺ったのは滋賀県大津の側、膳所にある「北村(きたむら)」さんです。3ヶ月も前から計画しメンバーを集っていよいよ決行です。なにせこのお店は一日一組8名以上のみ、スッポンのためだけに滋賀県まで行っても良いという「食べ物大好き」をあつめなければいけませんでした。結果はなんと13名!の団体でわらわらとたどり着きました。
a0091907_2565867.jpg


これが天然スッポン!大きいです!スッポン料理は養殖物がほとんどでしかも1,2年モノ。こちらは天然で4,5年モノのみ。3回りくらい大きいんじゃないでしょうか。今回はこれが4匹分。
a0091907_2573334.jpg


古い民家の昔からの土間のような厨房でスッポンを捌きます。みるみるうちに色鮮やかな食材に。どうもうなスッポンと捌く行為の迫力に最初は圧倒されますが、やがて関心はその手際の良さに移ってゆきます。心臓や胆嚢はこの場で生のままいただきます。
a0091907_2584686.jpg


いよいよ食事開始。最初は生レバーを塩で合えたもの。一口目から悶絶。みんな揃って「日本酒ください」
a0091907_301796.jpg


捌きたてのお刺身。きれいな色ですね。
a0091907_304992.jpg


白子。この時期は小さいそうです。初めてです。魚のものよりねっとりしない。珍味美味。
a0091907_374853.jpg


足の肉。いろに違いがありますね。赤のほうが柔らかく前足、ピンクのほうが歯ごたえがあって後ろ足。前足のほうが良く動かすのに柔らかいんです。これがすごい。これが良いスッポンだからなのか、かつ天然でかつ捌きたてだからなのか。舌に張り付いてくるような食感。一切れ一切れは小さいのですが噛み締め噛み締め、純粋な肉の旨味をじっくり味わうことが出来ます。
a0091907_32150.jpg


さていよいよ鍋の開始です。男性でも一抱えもある巨大な丸なべ。透き通ったシンプルなスープです。
a0091907_33346.jpg


解体ショーからはじまって刺身で感動し、みなさんとってもテンションが上がった状態です。そうですよね。わざわざこのためだけに来たんですもんね。そしてこんなスッポン初めてですもんね。
というわけで続きます。
[PR]

by t0k0san | 2008-10-30 03:03 | グルメ 和食

<< すっぽんきたむら 2 リルでワイン会 >>