目黒の寿司屋 2009年5月中旬   

2009年 05月 16日

こんにちは。dannaです。また目黒までお寿司食べに行ってしまいました。。
今回は「あの」ワイン王子様とご一緒に。楽しんで頂けるでしょうか?大丈夫だと思うけど。

アンコウの卵とウドの冷やし汁。アンコウの「布」の中のやつですよね?初めての食感。
a0091907_164733.jpg


蝦蛄の出汁巻き玉子

初鰹、いさき(伊豆)
いつもは和辛子に淡路の玉ねぎと醤油なんですが今回は醤油が行者にんにく醤油に。揮発性の香りが効きます。イサキが熟成されたうま味がつよくて驚きました。いさき美味しかったです。
a0091907_182479.jpg


アワビ、蝦夷アワビと青森食べ比べ。
生アワビ特有の粘りがうれしい。塩もなしでぶつ切りで。食べた部位によるのかもしれませんが、青森のほうが歯切れもよくさわやかで、蝦夷アワビのほうが香り強く身にも粘りがあるよう。どっちを選ぶかといえば、、、、両方食べ比べて楽しむがやっぱり正解。
a0091907_193333.jpg


蒸しもの。たけのこと芝エビのたたきを春巻きの皮、さらに筍の皮で包んだもの
これは香りが素晴らしかった。親方の講釈待ちの時間になんど嗅ぎこんだことか。新鮮なタケノコと、生でもない完全に火が通ったわけでもないその中間の海老の香り。
a0091907_1101082.jpg


鬼サザエのかき揚げ、カレー塩
鬼サザエ、初めてです。火を通しても身が硬くならないのが特長だそうです。これは旨かったな。なんでしょうかこの貝としての味の濃さ深み。一度干すと出るような旨味。肝も旨くてちょっと感動しました。
a0091907_1104878.jpg


新作の創作料理。奄美の島バナナ、鮪赤身、日本鹿肉を包んで揚げたもの。鮪の魚醤とパルメジャーノで味付けされています。島バナナの酸味に触発された料理だそう。鮪の酸味、鹿肉の酸味を魚醤の風味とパルメジャーノの油分がまとめてます。一口目ももちろん旨いんだけれど、二口目にピンクペッパーを振ると格段に引き締まります。ペッパー必須。
a0091907_11256.jpg



パッッションフルーツのヌタ、今回は青柳と鳥貝、黄ニラ

シャコ貝、新ゴボウ、白ワインで煮込んだもの。身をいただいたらシャリを入れておじや風に頂きます。
a0091907_1124389.jpg



さてお酒も進んですっかり楽しくなってきたところで握りです!
稚鮎。食べた瞬間に鼻にすっと抜けるさわやかな香りが。。なかに川海苔が挟んであるのです。良質な茶葉のような香りです。
a0091907_1134095.jpg


豆鰺、赤酢、白酢
このくらいの時期から美味しくなる鯵。コハダではなく鯵の〆物でした。豆鯵一匹で一貫。鯵の身の柔らかさが良いんだと思います。赤酢、白酢二種類。私は赤酢派かな。
a0091907_114810.jpg


白魚、芝エビおぼろ。この時だけ赤酢のシャリになってました。どこまで美味しいもの食べさせたいんだろうか。
a0091907_1145614.jpg


鯛の白子。えぇえぇとっても美味しいです。
a0091907_1152887.jpg


カタクチイワシ、パッションフルーツ風。カタクチイワシの握りなんて、、しかもパッションフルーツって。この店じゃなかったらふざけてるのかと。ええ、でも旨いんです。
a0091907_1155473.jpg


金目漬け
a0091907_1162464.jpg


赤身漬け
a0091907_116531.jpg


あおやぎ
a0091907_1222715.jpg


ちあゆのあたま、干し揚げ。これがね、、すっごく美味しかったです。全体に揚がり具合がとっても軽やかで、しゃくっと消えてしまいそうなのに、、一度干してあるからか味も濃い、しかも香りも良い。もうお茶にしてたのに再度お酒を注文してしまいました(笑)
a0091907_1175296.jpg


・トロ
a0091907_1182035.jpg


・煮あなご
a0091907_1185720.jpg


・鰺の漬け
a0091907_1225110.jpg


また今回も食べてしまいました。。料理はもちろん、握りも「これは食べておくべきだ・・」というものばかりなんですよね。全然我慢できません。いやこれでも何貫かは食べずに帰ってきたんです。でももっと食べたいものあったのに。。ワイン王子様ももう一人の同行の方もとっても楽しんでいただけたようで嬉しかったです。この日は親方の講釈に加え、ご一緒したお二人から魚や料理についての話を聞くことも出来てさらにこの店のお寿司を楽しむことができました。誰と食べるかって本当に大事ですよね。
[PR]

by t0k0san | 2009-05-16 01:20 | グルメ 寿司

<< 「木彫りの里」井波 「川金鮎の... 氷見のお魚で食事会 >>