「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:グルメ イタリアン( 24 )   

ガッルーラで食事会   

2010年 11月 22日

こんにちは。dannaです。ひさしぶりのガッルーラ。今回は貸切で食事会です。
a0091907_14488.jpg
メインの馬肉は抜群の火入れとトリュフでむせ返る香り。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

クッチーナ イタリアーナ ガッルーラ
愛知県名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー 2F
052-833-5855 (予約ルールを守りましょう)
「Google Mapへ」

魚の形のプレートでカルパッチョ風
a0091907_1405892.jpg

カワハギはボッタルガと肝と二種類。河豚はエシャロットのソースで。
a0091907_1411188.jpg

タマネギのフォッカチャ。食べ過ぎちゃいけないけどつい手が伸びます。
a0091907_1412196.jpg

アカザエビの炭火焼 生ハムがサラダ仕立てになってます。その下にはナベゴールドという柑橘が隠れています。
a0091907_14136100.jpg

フォアグラの瞬間燻製とマンゴー、鴨肉
a0091907_1414935.jpg
ガッルーラのスペシャリテ。なんど食べても美味しい。この日はバルザックの貴腐ワインと合わせてさらにたまらないことに。

鱧のソテー。三色のソース
a0091907_142420.jpg
ソースはトマトと白(アンチョビ)とサルサヴェルデ

ミル貝と松茸のキタッラ
a0091907_1422129.jpg
地物のミル貝の磯の旨味の濃いこと。松茸に勝ってました(笑)

栗、カステルマーニョのリゾット
a0091907_1424953.jpg
カステルマーニョはピエモンテの希少なチーズだそう。
なかから島豚が現れます!
a0091907_1425958.jpg


熊本の馬肉のハラミ。ピエブルー、ジロール、トリュフ
a0091907_14324100.jpg
真っ赤な状態の火入れはガッルーラならでは。馬肉でハラミでこんなにむせ返るような香り。獣臭とは違うんだけど馬刺しでは味わえない馬肉のクセがこの料理の美味しさに。塩加減も最高です。添えられているキノコはピエブルーにジロールにトリュフ

復活したガッルーラはドルチェが少ない?印象でしたがこの日はそんなことなく選び甲斐がありました。厨房のメンバーが復帰したからかな。
a0091907_1444730.jpg

柿のパルフェ
a0091907_144305.jpg


この日はワイン関係の集まりだったのでお願いして持ち込みでやらせていただきました。
a0091907_1453232.jpg
Bruno Paillard LE MESNIL 1989&90 マグナム

a0091907_146433.jpg

Chateau Coute Barsac 1989
Mathilde et Yves Gangloff Condrieu 2006

a0091907_1461712.jpg

Vosne Romanee Roblot-Marchand 2007マグナム
Chateau Pichon-Longueville-Comtesse De Lalande 1975 マグナム
Barolo  Aldo Conterno 1994 マグナム

みなさん、気持ちよく飲みました。ありがとうございました。みなさんと知り合えてよかった!!
a0091907_145671.jpg


しめのグラッパは世界一のグラッパ職人のロマーノレヴィによるもの。
a0091907_1463296.jpg
ラベルもすべて手描きなんですって。もっと飲みたかった。。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ

クッチーナ イタリアーナ ガッルーラ
愛知県名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー 2F
052-833-5855 (予約ルールを守りましょう)
「Google Mapへ」
[PR]

by t0k0san | 2010-11-22 01:46 | グルメ イタリアン

Dodici Maggio!!   

2010年 08月 05日

こんにちは。dannaです。
さて今回は、八事から我が家のちかくに移転してきた名店「ドディチマッジョ」へ!
a0091907_9442595.jpg
ドディチマッジョといえば今村シェフによる名古屋のイタリアンの草分けかつ名店。その長く愛されてきた八事のお店を東区泉に移し、大きくスタイルを変えての挑戦と聞いてとっても楽しみにしていました。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

Dodici Maggio(ドディチ・マッジョ)
052-951-0550
名古屋市東区泉1-22-7IZUMI1ビル 1F
「Google Mapへ」

ピノキオがお迎え
a0091907_9442837.jpg

テーブルの様子。今回は子供連れでしたので個室でお願いしました。
a0091907_9443185.jpg
天井も高くて全体的に開放的でカジュアルな内装ですが、個室は照明を落としてあってちょっと落ち着いた雰囲気です。
a0091907_9513378.jpg


定番のアミューズ。オリーブには挽肉が詰まっています。やっぱり美味しい。
a0091907_944345.jpg


さて、一皿目は冷製のカルボナーラ。
a0091907_944394.jpg
添えられているイベリコベジョータの生ハムの塩とのバランスがとてもよくて嬉しい一皿目。冷製だから軽いのですがちゃんといろんな味覚や食感を刺激してくれてこれからの食事の準備ができあがります。

自家製のパン。これも美味しい。子供がたくさんいただきました。
a0091907_9443765.jpg


魚の前菜。松阪の蛤のエスガルゴ風、鰯のお鮨、うなぎと里芋
a0091907_9444283.jpg
先日桑名の蛤の記事を書きましたが、松阪の蛤の評価も上がってきているそうです。桑名よりも深い砂の中にいるのだとか。鰯のお鮨は本当に米酢でしめたお鮨。美味しいです。このお店では毎日市場にいって新鮮な魚介を仕入れてほとんどその日の内に使い切ってしまうんだそうです。私達には嬉しいけどものすごく仕込みがたいへんそう(笑)

iPadのワインメニュー!?と思ったら違いました。iPad発売になるころにOpenでしたものね。
a0091907_9445484.jpg

生産国、産地、価格帯などからワインを選ぶことができます。私達はお店の人と相談して決めちゃいましたが。ゆっくり自分で選びたい人やグループには面白いかも。全体的に良心的な価格だと思いました。しかも良いワインほどお得な価格設定(内緒)
a0091907_9445877.jpg


肉の前菜。手羽先のコンフィのサラダ仕立て。
a0091907_945134.jpg
名古屋らしく(笑)手羽先のコンフィだそうです。ほろほろとろとろでとっても美味しい。まねしよう(笑)。サラダはグリーンやトマトの他に、マンゴー、梨、巨峰に黒イチヂクとフルーツがたくさん。手羽先のコラーゲンの感じとフルーツの甘さが美味しいサラダでした。白っぽいキューブ状のものは白レバーのパテ。さすがに美味しくてぐっと高級な味。「手羽先のコンフィ、サラダ」というと軽い皿のようですが、いろいろ楽しさが詰まってバランスのよい前菜でした。

ワタリガニのリングイネ。
a0091907_9451571.jpg
さすがに美味しいパスタ。ワタリガニの身と味噌の濃厚さが詰まってます。少し水分が多めなのが夏向きで良い感じ。添えられているのは三つ葉です。器もステキでした。

和牛のサガリのロースト。
a0091907_9451973.jpg
サガリというと横隔膜ですね。内臓だけど肉より食べ応えのある部分。スティックブロッコリと坊ちゃんカボチャと一緒に。この上の乗っているのが「オクラの花」なんですって。ネットリとして美味しいです。新しい味。

だいぶ満腹になっていますがこれからドルチェ。時間がかかるので前もって選んであります。

マスカルポーネチーズのスフレ、とエスプレッソのジェラード。熱々ふわふわです嬉しい。
a0091907_9452960.jpg

夏のティラミス。これもグラニテがシャリシャリして濃厚なチーズを軽くしてくれています。美味しい。
a0091907_9453190.jpg

チェリーボンバー
a0091907_945343.jpg

温かいチョコレートケーキにナイフを入れるとチェリーソースが流れてきます。
a0091907_951966.jpg
普段甘いものにはあまり興味がないのにしっかりいただきました。夏なのにちゃんと手の込んだ(しかも温かい)ドルチェを頂いていると、やっぱりここまでがコースでメインからドルチェで食事のピークが来るようになっているんだな、とあらためて。

とても楽しい食事でした。スタッフの方は若い方が多くまだまだ不慣れなところもあるようですが、お店のカジュアルな雰囲気とは違い、みなさん丁寧で気持ちよく対応していただきました。

そしてすごいのがこのコースで真ん中の5,000円なんです。このブログではあまり値段のことには触れないのですが、これはやっぱりすごいなと。高価な食材を贅沢に、という料理ではなく、新鮮で旬の食材を腕と手間をかけて美味しく楽しめるコースにして、しかもしっかりとドルチェまで頂いてこの値段ならとっても良いと思います。

こんなお店が近所にできてうれしいな。あとはもうちょっと予約がとりやすいとありがたいけど。。
また行きたくて近いのにすぐに行けない店が増えました(笑涙)

Dodici Maggio(ドディチ・マッジョ)
052-951-0550
名古屋市東区泉1-22-7IZUMI1ビル 1F
「Google Mapへ」

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-08-05 09:46 | グルメ イタリアン

Gallura(ガッルーラ) 復活!   

2010年 05月 11日

こんにちは。dannaです。

ガッルーラ復活しましたね!
a0091907_23594692.jpg
八事に居を移し復活。すでに予約が全然取れなくなっているガッルーラやっと伺うことができました。あー楽しみです。

クッチーナ イタリアーナ ガッルーラ
愛知県名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー 2F
052-833-5855 (予約ルールを守りましょう)
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

生うにのカッペリーニとホタルイカのソテー、インカのひとみのペースト
a0091907_00547.jpg
Perrier Jouet Belle Epoque rose 2002
Miani Tocai Friulano 2005
Miani Tocai Friulano 2003

石鯛のカルパッチョと蕪、竹塩添え、赤座エビの焼霜。ガスパッチョ、バジルソース
a0091907_005620.jpg
赤座海老二重三重に旨かったです。Trebbiano D'abruzzo Valentini(2001)

軽くいぶしたフォアグラとマンゴー、岐阜の栃蜜。
a0091907_0187.jpg
ガッルーラといえばこちら。今回は完全バージョンということでいつもと違う岐阜の栃蜜。ここに「L'Extravagant de Doisy-Daene 2002」 。これ以上は必要なしということで今回は鴨の胸肉はなし。L'Extravagant de Doisy-Daene de barsac 2002

鱧。鱧の骨とアサリのスープ。春菊の柔らかいところ。
a0091907_021527.jpg
非常に美味しい鱧でした。味は濃いのに身は軽いんです。春菊が面白いですね。Chevalier Montrachet Domaine LEFLAIVE1997

ワタリガニのパスタ。キタッラ。
a0091907_022655.jpg
濃厚な渡りガニのパスタ。わたも効いてます。Santa Chiara Umbria Bianco 2006

サウスダウン子羊炭火焼きと焼いたとうもろこし(ゴールドラッシュ)
a0091907_023950.jpg
素晴しい焼具合。ベビーの羊だと思います。この子羊の香りが強くなる前もまたよいです。部位によって味も異なりますが、ばら肉の外側がかりっと焼けているのがたまりません。
Chateau Latour 1991
GAYA 1970

普通はここまでですが皆さん食べたいものがあるので更に追加(笑)

牛肉テールと牛蒡のウンブリケッリ。皆さん絶賛のパスタ。
a0091907_025029.jpg


そしてアーリオオーリオ
a0091907_031571.jpg


パンナコッタとパッションフルーツ
a0091907_033437.jpg


この日頂いたワイン
a0091907_034457.jpg


トレードマークの鶏
a0091907_055095.jpg


Perrier Jouet Belle Epoque rose 2002
Miani Tocai Friulano 2005
Miani Tocai Friulano 2003
Trebbiano D'abruzzo Valentini(2001)
L'Extravagant de Doisy-Daene de barsac 2002
Chevalier Montrachet Domaine LEFLAIVE1997
Santa Chiara Umbria Bianco 2006
Chateau Latour 1991
GAYA 1970

とても楽しい食事でした。主催者の方が一品ずつ事前にワインのあわせを考えていてくださったこともあってガッルーラワールドを堪能いたしました。あーまた行きたいが、予約取れないんだろうな。予約取れてる方誘ってください(笑)


さすがに予約のとれないお店。この日のディナー中も電話が鳴り続けていました。ランチ、ディナーの忙しい営業時間中の電話は避けるのが当然のマナーだと思ってましたが、残念ながら気にされない方がたくさんいらっしゃるようです。

このブログを見て予約の電話をされる方がいて、ご迷惑をかけると困りますので「予約ルール」を書いておきます。

「予約ルール」 2010/5/1 時点。
・2ヶ月先まで予約で満席なので、2010年5月から予約ルール変更されました
1、予約希望日の2か月前の同日、14時~16時までが予約可能日時ですつまり5月11日には7月11日の予約が可能です。
2、この時間帯の電話以外では予約を受付けてません。

クッチーナ イタリアーナ ガッルーラ
愛知県名古屋市昭和区山里町70-2 山手アベニュー 2F
052-833-5855 (予約ルールを守りましょう)
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-05-11 18:03 | グルメ イタリアン

ガッルーラ   

2010年 04月 19日

おかえりなさい!!ガッルーラが池下のお店をたたんで早1年。
その間も何度も話題に上るほど愛されていたお店が、名古屋に帰ってきました。


皆様、こんにちは。
すっかりdannaさんのブログと化している「ローズマリーブログ」ですが、久しぶりにTOKOSANネタです。どうぞお付き合いくださいませ♪


さてさて、行ってきましたよ♪
ガッルーラ  前のお店より家からは遠くなってしまいましたが、やっぱり美味しいなぁ。

これぞガッルーラ!!というお料理と、沖縄を経て変化した(のかな?)お料理をご紹介しますね。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

加藤農園 極めフルーツトマトとさよりのカッペリーニ  
a0091907_1622315.jpg

モガレイのカルパッチョ 沖縄産海藻「スーナ」 カラスミ大根 ディルソース レモン風味a0091907_169224.jpg

自家製フレッシュフォアグラのスモークとマンゴー 蜂蜜ソース カモの胸肉
a0091907_16253456.jpg

ここまでのお料理で「なつかし~!」って思った方、かなりいらっしゃるんじゃないでしょうか?(笑)2皿目のカルパッチョはモガレイのむっちりした身とスーナの「シャキ、コリッ」とした面白い食感、カラスミのねっとりと、大根のサクサクが口の中を刺激して楽しいお皿でした。

白ミル貝のソテー フランス産ホワイトアスパラ ピサンリ添え
a0091907_1624535.jpg

ミル貝美味しい。濃い磯の香りと甘み、アスパラの甘みも、ピサンリの苦みもいい 個性の強い食材なのにバランス良くまとまっていて素敵。


あさりのリゾット
a0091907_1633835.jpg

あさりの出汁が濃厚です。それに生青のりとオリーブオイルをたっぷり。 あさりとのりが強く海の味を出していて、それに青臭い風味の強いオリーブオイルを合わせるのはさすが! くせとくせが合わさってまとまっているのって感動が2倍になりません?(混ざっているのはよくあるけど・・--;)


バジルのニョッキ フレッシュトマトのソースa0091907_163576.jpg

優しい味のニョッキ。 ほっとする美味しさです。

ウンブリケッリ 春ごぼうと牛テールラグーのソースa0091907_1626455.jpg
 
このラグーソース好きでした。お年頃なのか^^;最近は野菜の旨味に癒される私。 牛の旨味はもちろん、じわじわと野菜の優しい旨味がして美味しかった♪

熊本産 馬肉のロースト たてがみ、山菜と共に
a0091907_164231.jpg

美味しいローストでした。 実は、誤解を恐れずに言いますが、イタリアンのメイン料理(特に肉)で感心したことないんですよ。「ガッツリしてます。 グリルで焼きました。」って感じが多くて★ところが! この馬肉は本当に美味しかった。 しっとりしてて、旨みが広がって、洗練された味でした。

この「洗練」された感じは今回のコース料理を通して感じられました。 たとえば個性的な物同士を一つのお皿に並べても、お皿としてまとまっている感じがしたんです。新生「ガッルーラ」はこのスタイルなのかしら? だとしたら、前以上に好きになりそうです♪

ところが、予約が大変なんです。もともとマメじゃない私には、次の機会はいつ訪れるのでしょう?
当分ないかな・・・emoticon-0106-crying.gif

デザート
バジルのジェラート、トマトのムース、オリーブオイルのソルベ(中央奥)a0091907_1644439.jpg

ピスタチオのクレームブリュレa0091907_165980.jpg

7,8種類から選べたデザート。もちろん、仲間内で分け合いました^^。 中でも好きだった2種です。


この日のワインは、ソムリエの原さんに一皿ごとに合わせて選んでもらいました。
2004 Spumante Greco Metodo Classico Brut(DUBL)
2007 Capichera
2005 Gran aGran(Venezia Giulia)
Franciacorta Brut Saten Millesimato(Vezzoli Giuseppe)
2007 Sogno Di Rivolta(Fattoria La Rivolta)
2006 Sogno Di Bacco(Trinchero)
2003 Sagrantino di Montefalco
1996 Barbaresco
a0091907_1653465.jpg
a0091907_166211.jpg


a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-19 17:27 | グルメ イタリアン

アロマフレスカで週末のランチ   

2010年 04月 08日

こんにちは。dannaです。
 今回は久しぶりにTOKOSANと週末にゆっくりランチをしたときの話。先月ですね。メニューが古い(笑)。夫婦でこんなブログをやっていますが、実は二人そろって外食、二人だけで外食という機会があまりない私達。それはお互いに仕事で別に出かけていたり、友人達と一緒だったり、もちろん子供連れだったりするからなので当然なんですが、一番落ち着いて食事が出来るのはやはり二人で料理の感想を話しあったりながら。昔は毎日そうでしたけれど。しかもその後何軒も飲み歩いたりもしてましたね(笑)
 この日はランチでもちょっと落ち着いて食事が出来るお店ということで栄のアロマフレスカへ行きました。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

TOKOSANは何度も来ているようですが、実は私は初めてなんです。複雑で込み入った間取りになっているのですね。部屋ごとに印象が違っていて私は結構好きな感じです。
a0091907_16492442.jpg

この日はおとなしくランチのコース。肉を追加しようか魚を二品にしようかといろいろ考えたのですが、夜のことも考えてランチコースで

鰆のコンフィ 燻製風味と文旦と田芹のサラダ
a0091907_16461310.jpg

桜肉のタリアータ 香菜とピサンリのサラダ
a0091907_16464452.jpg


カラスミと蛍烏賊と菜の花のスパゲッティ
a0091907_1647996.jpg

ラグーのパッパルデッレ
a0091907_16473014.jpg


オマール海老のロースト
a0091907_1648688.jpg

カサゴの海藻蒸し焼き アサリのスープ仕立て
a0091907_16482763.jpg
これ、白身魚に複雑な旨味と香りがプラスされて美味しいですよね。うちでもよく真似してます。

デザート
a0091907_164972.jpg


スパゲッティがちょっと柔らかい?と思った以外はどのお料理もきちんとおいしくて季節も感じられてゆったりと食事ができました。ランチの終わりがけだったからか、料理とワインのサービスのタイミングがずれがちだったのが少し残念でした。ランチから何杯もワインを飲む方はあまり多くないのかもしれませんね。


a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-08 16:49 | グルメ イタリアン

「Issare shu」と「Bingo」のコラボパーティ♪   

2009年 06月 01日

こんにちは、TOKOSANです。
と、dannaさん風に始めてみました(笑) 
ながらくご無沙汰しておりました。 こんなにUPが遅いブログでも見てくださる方々
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします^^。 


ブログをお休みしていても相変わらず美味しいお店を求めてうろうろしておりましたが、
そんな中、素敵なパーティに行ってまいりました♪


お店は「Issare syu」。 お料理は、イザーレの水口シェフと「Bingo」の小林シェフ
とのコラボ。 ワインは「Cristal」を筆頭にお料理に合わせたものが数種類♪
だからこそ女性のドレスコードは「Cristal」の金色のエチケットにちなんで、
サムシングゴールド。

と、いろいろな楽しみが勢ぞろい。
美味しい物好きとしても、ワイン好きとしても、パーティ好きな女子としても、emoticon-0152-heart.gif
企画です♪
ドレスコードが決められたパーティってどうしてこう、女子力(じょしりょく)を刺激される
のでしょうか??


会場には「ゴールド」を身につけた、きらびやかな女性が大勢いらっしゃいます。
着飾った女性を見るのも大好きなのよね~♪


さてさて、主催者さまである、ワインのプリンスのご挨拶とともにクリスタルで乾杯☆
泡が細かくて、それがずっと持続していて素敵。 味も大好き。
この泡が長く持続するものが良い物の証しなんですって♪
フランス女性が男性と夜を共にする時に、翌朝ボトルに残ったシャンパンの泡を見て
自分への愛情の度合いを測る。というお話を思い出しちゃいました


メニューはこちら。
a0091907_2156096.jpg


「そば粉のブリニ フランス産フレッシュキャビアをたっぷりと」
a0091907_21561847.jpg

ブリニにはジャガイモが入っていて、ふんわり柔らか。見た目との違いが好き。
最初から、シェフの「裏切り(いい意味の)」を楽しんでしまうと、もう術中にはまった
ようなもの。この一品で、この先がさらに楽しみになりました。


「グリンピースのスープ」
a0091907_21563896.jpg

一気に飲んでね。と言われるままに一口で流し込むと、温かいスープが徐々に
冷たく温度が変わっていくんです!キンキンに冷やしたスープの上から出す直前
に温かいスープをそっと注ぐのでしょうね。 面白い♪ 素敵なアイデアです。


「三河湾のアナゴのフリット カレー風味」
a0091907_21565519.jpg

かりかりのアナゴと、食欲をそそる香り。それを泡で流し込むと、、、美味しい!!
いろいろな香りが広がって消えていく感じが良いです。


「一色町・加藤農園のフルーツトマトの冷製カッペリーニ」a0091907_21571074.jpg

甘味と優しい酸味が美味しいカッペリーニ。40人分を一度に仕上げる腕に感心。
フォークも冷たく冷やしてあってうれしいです。


「パルメザンチーズのリゾット リタリア産サマートリュフの装い」
a0091907_21573325.jpg

トリュフの香りとパルメザンの香りが合わさる大好きな香りに満足。
この時に合わせたのが [Brunello di Montalchino'01/Case-Basse]



「2人のシェフ自慢のサラダ」
a0091907_21574922.jpg

打って変わって、サラダ。リゾットの後にサラダ?とメニューを見て思いましたが、
「あり!」でした(笑) ただお口直し的なものだけではなく、さまざまな味を楽しむことが
できました。
なにしろ、これだけの種類の野菜。
a0091907_2201734.jpg



「プーリア州の極太麺スパゲットーニ カルチョッフィとからすみのアーリオ・オーリオ」
a0091907_21581141.jpg

火を通しすぎていない「からすみ」はねっとりとした舌触りで、極太麺のむっちりした
歯ごたえと抜群の相性。 
少しでも「からすみ」がぱさついたらこの美味しさはないだろうと思うと、40人規模の
パーティでだせるのがすごい。


「金華豚のソーセージと松坂牛いちぼ肉の炭火焼 2色のマスタード添え」
a0091907_21583078.jpg

ソーセージはブリブリの歯ごたえを残したあらびき。いちぼ肉はきめの細やかな赤身。
合わせたPegasos'05 /Case-Basse(カーゼ・バッセ)も美味しい。


「静岡産クラウンメロンを使ったソーダ バニラジェラートと共に」
a0091907_2158547.jpg

メロンソーダのようで楽しいデザートだったそうです。(私は頂かなかったので★)
本日のワイン
a0091907_2159991.jpg

a0091907_21593399.jpg



こちらはプリンスが一足お先に、この日の為に取り寄せてくださった’06のラターシュ。
なんと、「チャリティ ブラインドテスト」 で使われたものでした。
ぜんぜん当たりませんでしたけどね★
a0091907_2203482.jpg




とても楽しく、美味しいパーティでした。
ワインとの出会い、シェフとの出会い、同席させていただいた素敵な方々との出会い
どれも最高です。
ぎりぎりに(無理やり)入れていただいたパーティでしたが、プリンスありがとうございました。
また、ご一緒できますことを心待ちにしています♪
[PR]

by t0k0san | 2009-06-01 23:25 | グルメ イタリアン

雀の庵     

2008年 08月 27日

今回は遠出ランチのお話です。
場所は、郡上八幡。 この時期はおなじみの徹夜踊りが行われていますね。

もちろん私たちも徹夜とまでは行きませんが、踊ってきました♪
と、その前に腹ごしらえをしなくては。
せっかく郡上に来ていますので、話題のイタリアンレストラン「雀の庵」さん
へ伺いました。


こちらも、もともと民家として使われていた建物をレストランにしています。
お庭が素敵☆
a0091907_1855850.jpg



コースは2種類の中から選べます。基本的に大まかなメニューが決まっており、
メインが2種類から選択できるようになっていて、あとは、追加料金で、前菜、パスタ
メインを変更できるようになっていました。

それは、いいのですが、メニュー変更の説明ばかり力を入れていて、肝心な
基本のコースの食材説明がなかったのはどうなの??って思っちゃいました。
ロングドライブで(運転手を務めましたので)気が立っていたのでしょうか?



さてさて、グラスシャンパンをいただいて、乾杯♪ 久しぶりの女3人旅です。
こちらが基本の「前菜3種の盛り合わせ
a0091907_18552994.jpg

私は、前菜を変更して、せっかくですので「天然鮎のフリット」をお願いしました。
天然物をフリットで?!贅沢というか、もったいないというか、ってお品をセレクト。
でも、そこの川で取れるんですよね~(^^)
さすがに美味しい!! 鮎ってもっと淡い味わいだと思うのに、揚げても身の味が
しっかりあるの♪ すてき☆
a0091907_18554540.jpg


このあと、パスタが入ります。基本コースのパスタは「葉ナンバンのスパゲティ」
「葉ナンバン」は、唐辛子の葉のことだそうで、トマトベースになすと、葉ナンバンの
ソースでした。  辛味をなすが吸い込んでいて、煮崩れさせたナスがトマトと一体
になって全体にからんでいるパスタ。

からい!けど・・美味しい! でもからい! を繰り返す、癖になる美味しい味(^^)



メインは、基本のコースのお肉料理。「地鶏のソテー」 カリカリの皮が美味しい。
いい焼き加減。 ソースはバルサミコ。
a0091907_1856024.jpg

こちらは、基本のお魚料理。「スズキのソテー モズクソース」 スズキの下には、
太いモズクが敷かれ、酸味の利いたソースが絡んでいました。 モズクソースって
感じではなかったですけど・・☆
a0091907_18562092.jpg


デザート
a0091907_18565873.jpg

デザートから女性は長居しちゃうんですよね。(良くないのは分かってるんです(--;)
窓を開けると、涼しい風が入ってきて、空気が澄んでいるのを感じました。
このお庭を眺めながらだと、余計にリラックスしてしまいます♪
この時間は名古屋では味わえない気持ちよさです♪

さて、女性3人の厳しい(?)評価は・・
美味しそうなお料理メニューも多いけど、追加メニューのほうに力が入っている
感じがしたので、追加料金が結構な金額だったのと、サービス料がランチでも
かかることから結局コスパはあまり良くないかも。でした。
もう一つ、グラスワインを頼むと、グラスにワインを注いで持ってきてくださるの
にびっくりしました★
ワインの名前は言われるけど、エチケットをみて思い出すものもあるし・・・。
私は、テーブルでサーブされる方が好みです★★


でも、全体的にはいい感じです。
こちらは雰囲気が素敵、お料理は地の物を使ったメニューでさすがに美味しい食材
を使ってらっしゃいました。パスタも鮎も美味しくて、満足しました。

さて、食事が終わり徹夜踊りが始まるまで、お散歩です。 
強い日差しの中に吹く風は、肌にひんやり心地よいです。町内を流れる水の音にも
癒されます。

散歩の途中、不思議な食品サンプル(?)もみつけました。
郡上はなぜか「食品サンプル」の町でもあるんですよね。
ゴジラのフライ
a0091907_1902270.jpg



日が落ちると、お祭りムードが高まります。
a0091907_18581943.jpg


徹夜踊り開始。夜の8時から翌朝5時まで、踊りっぱなし!
そして、何より驚いたのが、地方さんによる生三味線生唄だったこと。
大規模なお祭りのある地域に生まれたかったなぁと、こういうのを見ると
うらやましく思うんです(^^)
a0091907_1911141.jpg



リストランテ 雀の庵 郡上
岐阜県郡上市八幡町島谷474-1
0575-67-2355
[PR]

by T0K0SAN | 2008-08-27 16:59 | グルメ イタリアン

ローマ三丁目    

2008年 01月 19日

dannaさんからの「ローマ3丁目」情報です(^^)
またローマ三丁目。新年明けの土曜日。
いつも混んでる印象ですがこの日はすっと入れました。

疲れてたわりに食欲はあったのでしっかりと。でも携帯のカメラなのでいまいち。
もっともっと美味しそうですよ。

レバーパテ
a0091907_21335551.jpg

シンプルだけと意外にまろやか系の仕上がりです。いつも食べてるな。でもうまい。

ゴマサバの瞬間燻製のグリル
a0091907_21242066.jpg

下に引いてあるマッシュポテトがクリーミーでサバの脂と薫香とよくあいます。
一方付け合せの焼き野菜(写ってないけど)はしっかり歯応えがあって炭火の香りもよくてフォークがすすむ一品。酒もすすみます。

猪のグリル
a0091907_21244775.jpg

猪の背肉も炭火焼で。後半は遠火でホイルに包んでました。豪快なんですが、見てるといろいろ楽しい料理です。今年は猪をたくさん食べてるな。
このスパイスなんだっけ?と思いながら食べてたら、五香粉(ウーシャンフェン)だって。最近なんだかお気に入りだそうです。

本日のメニュー(半分)写りぼけぼけですね。
a0091907_21254419.jpg

この日も、牛のクチビルの赤ワイン煮とか、トリッパのカツレツとか、好きそうなものばっかりでした。

私がローマ三丁目に行くときは「最近行ったうまい店」とか「最近食べたかわった料理」とかそんな話ばかりを「ほっしゃん」と情報交換しながら食べ飲みし続けます。でも料理の話をする人ってほとんどいないそうな。そんなもの?

楽しく頂きました。今年もまたちょこちょこと通うことになりそうです。

「ローマ3丁目」住所】愛知県名古屋市中区錦3丁目19-21
【電話】052-951-6062
※ビルの名前はわかりませんが1Fが「赤ひげ薬局」の
ビルの2Fになります。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-01-19 11:46 | グルメ イタリアン

アロマフレスカ 名古屋 再訪♪   

2007年 12月 05日

偶然が重なり、久しぶりに「アロマフレスカ」へ行ってきました。
アロマフレスカ、2度目のランチです。

「アロマフレスカ 名古屋」のランチメニューに新しいコースができていました☆
以前伺ったときは、OPENしてすぐでしたので、2タイプのコース料理と
前菜にパスタ、デザートのクイックランチでした。

今回は、新しいメニュー、
 「菜園風野菜コース ¥3,800-」をいただいてきました☆

文字通り、野菜たっぷり。
女性や、外食ばかりで野菜不足のかた必見ですよ(^^)

まずはフェンネルの冷製スープ ハーブの効きすぎる味は苦手なので心配でした
が、フェンネルのお味がしっかりあるのにきつすぎることはなく、とても美味しいスープ
このスープって、よそではいただけない味だと思います。
a0091907_1432042.jpg

野菜のバーニャカウダ お昼だからか、にんにくがたくさん入ったソースではなく、アン
チョビがしっかり効いてるソースの味。
野菜は全部で14,5種類。どれも新鮮で、甘みや辛味がしっかりある野菜だから
アンチョビの塩気が野菜の味を引き立ててちょうど良いです☆
a0091907_1435235.jpg

写真はありませんが、パスタは「いろいろ野菜のペンネ」 いわゆる野菜をくたくた
に煮て絡めたパスタですが、よくある、チーズの入ったその味ではなく唐辛子
を効かせてありました。これだけ野菜が続くとチーズだと味がぼけるし、飽きるかも?
だから唐辛子だったのかしら?そして、それが正解!バーニャカウダでたくさんの
野菜を食べているのに、これは舌に新しい一品に仕上がっていました。

そして、メインは「野菜のグリル」 この日は、白菜、レンコン、金時の3種。
それぞれが、違ったココットに入ってでてきます。 それぞれの野菜にあわせて
オリーブオイル、バター、ラードと油を使い分け、味付けはシンプルにして
味の違いを楽しんでもらえるようにしてあるそうです☆ そういうこだわり大好き(^^)
そして、そのこだわりは「さすが!」と思えるお味になっていました♪
a0091907_1441823.jpg

a0091907_1444547.jpg

デザートは2種類から選択できました。(残念ながら野菜とは無関係なデザート
でした(^^) でも、美味しいデザートで満足。

野菜のコース。飽きさせずに、変化をつけて、でもそこそこの料金をいただくのに
ふさわしい満足いく料理をつくるって、とても難しいとは思うのですが見事でした(^^)
やっぱり、良いお店です☆ こんどこそ、夜に伺いたいです!!

PS.前回のアロマフレスカの記事では、白い部屋に通され、そこで使われていた
お皿についても書いたのですが、今回は茶色をベースにした落ち着いたお部屋に
通されました。そこは窓(外)に向かって、並んでいるカップルシートのような席が
4,5席あるため、一人でお食事にいらした方も落ち着ける良い席でした。
a0091907_23224813.jpg

そして、白の部屋では食器に「コペンハーゲン」の「ブルーパルメッテ」等を使って
いましたが、こちらは「ブラックパルメッテ」でした。
お部屋によって違うタイプのお皿を使っているんですって。 
さすが~☆☆ そういうこだわり大好き!(^^)


Aroma-fresca 名古屋 (アロマフレスカ) 
名古屋市中区栄三丁目16番1号 本館10階
052-264-3688 

[PR]

by T0K0SAN | 2007-12-05 23:16 | グルメ イタリアン

Selvaggio セルヴァッジョ 夜に再訪   

2007年 11月 27日

ご近所のセルヴァッジョ(セルバッジョ)にまたまた行ってきました。
と、いっても今度は夜。久しぶりに会う友人との食事です。

セルヴァッジョさんは子供を連れて行くわがままを許して
下さるため、お昼に子供と一緒に伺っていたのですが、
やっぱり、夜のお食事は大人だけがいい!落ち着きます(^^)

スパークリングでの乾杯もそこそこに、久しぶりだというのにお互い
メニューに没頭しています☆

セルヴァッジョの夜はアラカルトのみですし、一皿のポーションも大きい
ので、女性二人で、前菜2品、パスタ1品、メイン1品で十分満足でき
ます。

さんざん悩んで、お店の方にお勧めを聞いて参考にし、えらんだ
本日のお料理です。

まずは、冷たい前菜「瞬間燻製したフォアグラ イチジク添え」
これは「ガッルーラ」のお味。フォアグラの脂くささがなく、濃厚な味と
ねっとりとまとわりつく舌触りが最高に美味しいです。
a0091907_12181880.jpg

そして、温かい前菜「ギアラの煮込み」ガーリックが効いたトマトソース
がギアラの食感と良く合います。 内臓好きな私にはたまらない一品☆
a0091907_12184985.jpg

パスタは「しいたけとからすみのパスタ」 オイルベースにからすみの塩気
としいたけのクニッとした歯ざわりが楽しい。 ただ、からすみはどーーしても
ワインに合わないんですよね★ と、いうわけでこのときばかりはお水が良いです。
a0091907_12191970.jpg

メインは「野うずらのグリル ぶどうソース」 これはお肉の旨味がたっぷりで、
最高の熟成度合いでした。大当たりです(^^) ぶどうのさわやかな甘みと酸味
のあるソースもとてもよく合っていて美味です!
a0091907_12195644.jpg

以前お昼にうかがったときに夜のメニューを見せていただいたのですが、
夜メニューで食べてみたい料理が(とくに前菜)ランチメニューの前菜の盛り合わせ
に入っているため、「ここのランチはお得すぎるんじゃないかしら?」
と、思っていたのですが、いやいや夜、とくにメイン料理を食べてみてください
セルヴァッジョさんの本領発揮!!という感じですよ(^^)
堪能いたしました♪

Cucina Italiana Selvaggio  (セルヴァッジョ/セルバッジョ)
名古屋市東区泉2-25-23泉グランドビル1F
TEL:052-935-2781

営業時間:
11:30~14:00
17:30~22:00(最終入店)
定休日:月曜日
[PR]

by T0K0SAN | 2007-11-27 12:47 | グルメ イタリアン