カテゴリ:グルメ フレンチ カジュアル( 5 )   

CNF マルコンソール   

2012年 03月 16日

こんにちは。dannaです。きれいですよね。子羊です。思い出すだけで溜息が。。(笑)
a0091907_20183588.jpg

久しぶりに名古屋のお店です。何度も行ってるのに記事にしてなかったお店です。「マルコンソール」さんです。

CNF マルコンソール
052-253-5164
愛知県名古屋市中区新栄2-10-21 カーサ新栄1F


ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑

お店が出来てから結構になりますよね。いつもとっても楽しく食事ができるお店です。以前はランチもやってましたが、今は夜のみの営業。ここの料理はやっぱり夜!ワインと料理を楽しむお店ですからね。そしても料理をすることも大好きな私にはシェフが目の前で一品一品を仕上げてくのが見られるのがまたたまらない!(あんまり見るからやりづらいかも(笑))


この日は友人と集まって訪問。ワインは持ち込んだものが多いです。
乾杯はクリスタル 2002!ボトルの写真はないけど本物のクリスタル。
a0091907_20182413.jpg

クミンのブーランジェリ-とラム、クリームチーズ。アミューズの一品目はクミンの香りが胃を刺激してくれます。
a0091907_20182585.jpg

二品目のアミューズはトマトジュレとグースファットオイル。トマトの種のジュースのとこかな。透き通っているけどトマトのエキスがぎゅっとしてるとこ。グースファットオイルはすごくアッサリ。
a0091907_20182696.jpg


白ワインはシャブリから。ウィリアムフェーブル ブーグロ 2004。美味いシャブリってすごいのね。。
a0091907_2018272.jpg


シェフがシャブリにあわせてくれたのは、三河のラングスティーヌ、セロリと紅玉、フェンネルの香り
a0091907_20182881.jpg
見事なランゴスティーヌです。

パン。ここのパン好きです。いつも火傷しそうになる(笑)
a0091907_20182812.jpg

ランゴスティーヌのフラン ジュードトリュフ。
a0091907_20182969.jpg

さきほどのランゴスティーヌの頭と殻で作った濃厚なフラン。甲殻類の旨味が凝縮してるのに食べ口は重くない。これもシャブリともよく合います。
a0091907_20183051.jpg


ここでワインを変えてL guigal Condrieu 2007 酸とミネラルがいいですね。
a0091907_20183158.jpg

サフラン、ホワイトアスパラに ほうずき 焦がしポワロ葱
a0091907_13282296.jpg

愛媛の八幡のハタ プランタニエールの酸 これがたまりませんでした。ハタの力強い食感に春野菜。酸味のしっかり利いたソース。これはシャンパンヴィネガーを使ってるそうですが、コンドリューとの組み合わせが良かった。
a0091907_20183290.jpg


ここでワインはchambolle-musigny domaine comte georges de Vogue 2001
a0091907_20183381.jpg


そしてランドのピジョン 有機野菜三種 蕪、赤軸ほうれん草、牛蒡
a0091907_20183425.jpg
鳩美味しい、しっとりしていて血の肉の香り。

ボルドーに変えてCouvent des Jacobins Grand cru Classe 1990 St Emilion Grand cru
a0091907_20183532.jpg


子羊のロースの塩釜。根パセリのプロナード 赤ワインと黒胡椒ソース
a0091907_20183588.jpg
肉のメイン二つ目は子羊。フィレのようなロース。これも美しくて絶妙。

ピラミッド、シャロレなどチーズをいただいて満足満足
a0091907_20183639.jpg


っと普段ならここで終わるんですがマルコンソールさんはここからデセールが3つも来るんですよね。別に3つ全部食べなくてもいいし、普段なら食べないんですが「マルコンソールはデセール3つ食べてこそ完結」と勝手に決めてるので毎回食べますよ?

甘いデセールにあわせるのは甘いワイン。Chateau Coutet 1976
a0091907_20183749.jpg


ここから3皿。

アーモンドのコンソメジュレ アーモンドのミルク
a0091907_20203130.jpg


カカオのガナール、チョコのソルベ、マダガスカルバニラビーンズ
a0091907_20203391.jpg


蕪のクリームキャラメル、トリュフ
a0091907_20203331.jpg

蕪のプリン??が美味い。面白い!

この日もとっても楽しかったです。シェフありがとうございました。
ビストロのような料理も好きなのですが、ひとつの皿の上でも複数の食材がそれぞれの調理法で手をかけてあるのがわかる、そしてそこにソースの存在感が加わって、ハーブや香辛料が香りでも変化をつけてくれる、そんな料理がやっぱり食べたい。そんなときにマルコンソールはとてもいい選択肢だと思います。いくら料理や食事が好きでも男一人や二人でもフレンチのレストランには行きづらいしね。
一人カウンターでこんなに手の込んだフレンチが食べられる店って他にないんじゃないかな?


CNF マルコンソール
052-253-5164
愛知県名古屋市中区新栄2-10-21 カーサ新栄1F




いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン
[PR]

by t0k0san | 2012-03-16 20:16 | グルメ フレンチ カジュアル

ローリングロッキンゴシック    

2010年 04月 15日

こんにちは。dannaです。
深夜に凝った食事が出来る錦の「ローリングロッキンゴチック」。入りづら~いビルの奥の方にあります。とっても「夜」モードのお店です。この日もたしか1時をまわってたような。。

ローリング&ロッキンゴシック
ROLLING & ROCK'IN GOCIC
中区錦3-13-5 中央マンションビル1F奥
052-971-3098
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

豚のリエット
a0091907_16441440.jpg
一口で良いといったのに、このボリューム(笑)。ワインを何杯飲めばよいのか。

イベリコ豚の耳のパン粉焼き
a0091907_1645080.jpg
イベリコで、豚耳で、パン粉焼きだと言われれば食べてみるでしょう。ゼラチンコリコリの食感がたまりません。

この日はグラスワインも一杯千円くらいで7種類くらいあったでしょうか。料理にあわせて出していただけます。これを全部一人でやってるんですから。すごい。しかも毎朝朝5時まで。

先日3周年を迎えたそうです。夜に凝ったものが食べたくなっちゃういけない人たちのためにこれからも頑張ってほしいもの。お店にもうひとりいるとどんどん注文しやすんだけどね。

このお店が「食べログ」に出てて驚きました(笑)

ローリング&ロッキンゴシック
ROLLING & ROCK'IN GOCIC
中区錦3-13-5 中央マンションビル1F奥
052-971-3098
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-15 16:44 | グルメ フレンチ カジュアル

ローリング&ロッキンゴシック 錦のワインビストロ   

2009年 12月 22日

こんにちは。dannaです。一応このブログは「グルメブログ」なんですが、最近ちっとも名古屋の料理店を紹介してません。。ただの食事日記と化してますが。。。良いのか。
今日は久しぶりに名古屋のお店のご紹介。
それはこちら、「ローリング&ロッキンゴシック(R&RG)」さんです。
お店の外観はこんな感じ
a0091907_23571839.jpg

名前と外観からどんな店だかさっぱりわからないこのお店。場所は錦の中央マンションビル1F奥と普通はまず通りかからない場所に。実は、深夜でも凝った料理がいただける美味しいお店なんです。
内装はこんな感じ。店名通りゴシックな感じでカウンターのみ。主に東京のレストラン経験を積んだオーナーがちょっと独特の雰囲気(笑)で一人でやってらっしゃいます。
a0091907_23574973.jpg

メニューは最後に載せてますが、「よくあるビストロ風」の料理とは完全に一線を画してます。なんてったって私が最初に惹かれて訪問したメニューは「熊のブルギニオン」ですから。この日も迷いに迷って相談して二品に絞り込みました。ボリュームもすごいので。

カスレ(エイヒレ)のムニエル
どんときたカスレは男の手のひらより大きいサイズ。濃厚なバターソースで軟骨をむしゃりぼりり。この「カスレを食べた満足感」はなかなか味わえる店がないのでは。
a0091907_2358192.jpg


ウリボウのソーセージ
これも立派なサイズ。一頭買いしたウリボウの端っこの肉で作ったソーセージ。内臓類は入っていなくてほぼ肉の塊のソーセージでした。肉だけということで変化に乏しいかと思いましたが、こちらは生ソーセージから焼いているからか肉汁たっぷりでワインが進みました。
a0091907_23584030.jpg


ワインは各地から。グラスワインは10種類以上あるようです。料理にあわせてお任せしてます。
a0091907_23593522.jpg

a0091907_2359790.jpg

最後にメニュー!一人でこれはすごいでしょ?このメニュー見て小躍りしそうな人、私たくさん知ってます(笑)しかも朝5時くらいまで毎日開いてます。みなさんまたご一緒しましょうね。
a0091907_23595376.jpg

ここで集合。ここで反省会なんてどうでしょう?(笑)

このお店のことを知ったのはちょっと前の「料理通信」。その後何度も来てますが場所も場所だし、人によって好き嫌いありそうで紹介してませんでした。でも今度は「dancyu」にも出てしまうそうなのでブログでもご紹介。全国誌で紹介されてるのに地元名古屋の人が知らないお店ってのも変だしね。

名古屋に貴重な「夜を楽しめる店」だと僕は思います。
あ、あとトイレは必見。

ローリング&ロッキンゴシック
ROLLING & ROCK'IN GOCIC
中区錦3-13-5 中央マンションビル1F奥
052-971-3098
[PR]

by t0k0san | 2009-12-22 23:59 | グルメ フレンチ カジュアル

三ツ谷   

2009年 10月 14日

詳しくはありませんが、ワインが大好きな私たち
ありがたいことに、友人、知人が主催した「ワイン会」に呼んでいただいて
美味しいワインを飲ませて頂いております♪

今回もその一つ。
かなり前の話になってしまいますが、「三ツ谷」さんでの持ち寄りワイン会の写真です。

アミューズa0091907_1058436.jpg  野菜と魚介のテリーヌ
a0091907_10592012.jpg

ウニのオーブン焼き 粒感のしっかり残っているウニは口に入れた時の甘さが一段と際立って最高♪でした。a0091907_11009.jpg スープ なんのスープか忘れちゃいました(^^ゞ 中には冷製のフォアグラがゴロゴロ
入っています。
a0091907_1103531.jpg

 付け合わせのジャガイモが美味しい。 スライスしたジャガイモ、トリュフが交互に重なってミルフィーユ状になっています。 これだけでもワインが美味しい♪♪
a0091907_111611.jpga0091907_1113749.jpg

そして、ビックリするほどトリュフの入った リゾット。 お腹が一杯で入りませんと言っていたにもかかわらず人の分を横取りしてやめられなくなる美味しさでした。
a0091907_112140.jpg

さて、今回のワインです。素敵なワインばかりでした♪
こういう会をする時は主催者様が中心になって、事前に各自持ちこむワインを連絡し合うのですが、今回は皆様が揃えてくださったのか「93の会」っぽくなりました。

泡 93ドンペリニョン・エノテーク

白1 93ベルジェ,ピリュニー=モンラッシェ1級スーピュイ

白2 93ジャド,ピリュニー=モンラッシェ1級クロ=ド=ラ=ガレンヌ

白3 93エティエンヌ=ソゼ,ピリュニー=モンラッシェ1級ガレンヌ

白4 93ルフレーブ,ピリュニー=モンラッシェ1級クラヴァイヨン

白5 93コント=ラフォン,ムルソー

赤1 97デュジャック

甘口 2003スピネッタ,オーロ(パッシート)

a0091907_1121911.jpg

a0091907_1123624.jpg

a0091907_113248.jpg

このような会に参加するたび、ワインを勉強しようかなと思うのですが・・まぁ、近いうちに私かdannaさんどちらかを強制的(?)に勉強できる所へ入れてしまおうかと思っています(笑)
ワイン仲間の皆様、我が夫婦が詳しくなるまでしばらくお待ちくださいね^^

この会でもご一緒くださいました皆様、主催者様ありがとうございました。
またよろしくお願いします♪
[PR]

by t0k0san | 2009-10-14 07:07 | グルメ フレンチ カジュアル

gri-gri (グリグリ)   

2009年 04月 28日

ごぶさたしております。
4月のバタバタしたスケジュールを無心でこなしているうちに、もうGWですね。
皆様はもうご予定は立てましたか?

我が家ではなんと、かなりの大型連休をいただけたのにもかかわらず、予定なし!
これはいけない!!と、思っているのですが・・・。
どうしよっかなぁ~。

名古屋から日帰り、もしくは1泊で子連れで楽しむ良いアイデアがありましたら
ぜひ、教えてくださいませ。


さてさて、今回は初めてのお店に行ってきました。
池下の「gri-gri(グリグリ)」さんです。

私的には「dancyu」並みに好きな、あるグルメ雑誌の関係者さん
ご推薦のお店で、連れて行っていただきました♪♪

まずは泡をいただきながら、メニューを見る
この時間が大好き^^。
こちらのお店、夜のメニューは2コースから選べます。

Menu Degustation(10種の小皿)
Menu Lage(5皿) アミューズ、前菜、スープ、メイン、デザート

Degustationは小皿とあるくらいですから、タパスサイズが並ぶかと思いきや、
10品目のなかに、アミューズ、冷菜、温菜、パスタ、スープ、ポワソン、ヴィアンド、
チーズ、プレデセール、デセールと、本格的なコースが組まれているのです。

しかも!
全然、小皿じゃない。 あ、いい意味で、です。 しっかり味わえるけど、途中でお腹が
一杯にならない量といえば伝わりますか?
フルコースのフレンチでチーズもデセールも美味しく食べるのって女性は
難しいでしょ? 途中でお腹が苦しくなっちゃうし☆

でも、このお店なら大丈夫! 
このメニュー構成素敵すぎますemoticon-0152-heart.gif
お店の方は大変でしょうに大丈夫?と聞きたいくらい^^。
せいぜい知人に紹介したり、自分が行くことしかできませんが、そんな形で
協力させていただきたいです。



さて、いつもながら、前置きが長くなりました。
いただいたお料理です。

アミューズ  
一口サイズのテリーヌにラルド、串に刺さったりんご飴のように見えるのは
カラメリゼされたトマト。
表面の飴のカリッとした歯触り、噛み進むとプチュっとつぶれるトマトの触感の違い
カラメリゼの甘み、トマトの酸味と一粒でいろいろ楽しい。
a0091907_1271360.jpg




お料理名を忘れました。二つ目のアミューズ。
 中にはしめサバとグレープフルーツ。玉ねぎのエアーと一緒に。 
一口目は酸味と玉ねぎの香りを強く感じて、バラバラな印象ですが
食べ進むと、グレープフルーツが主張してきて、全体をまとめてきます。
口に入れるごとに印象の変わる面白いお料理。
a0091907_1275559.jpg




「ハマチのマリネとマッシュルームのカネロニ
   パセリオイルとパルミジャーノのコポー添え」
a0091907_128146.jpg

お皿が置かれた瞬間に「トリュフ」の香り。 でも時期がずれているから「?」と
思います☆
違うんです。鮮度の良いマッシュルームはこんな香りがするんですね。
もちろん、ハマチの脂もマッシュルームによく合います。
付け合わせのアスパラ、エンドウと空豆も瑞々しくて美味しい。


「そばの香るクレームブリュレ、薄く削ったフォアグラのテリーヌと生姜のエアーと共に」a0091907_1283170.jpg

香ばしさ、甘さ、コクを生姜の風味が軽やかにまとめていて美味しい。
個人的な好みを言えば、量を半分に抑えたほうが、濃厚な味に舌が飽きることなく
食中、食後共により印象的なお皿になると思います。
a0091907_12851100.jpg



「ベーコンとペコリーノチーズのリゾット
     ベーコンのクルスティアン、黄ピーマンのクーリとマリネ」

a0091907_1291154.jpg




「いかのコンソメとイカスミのボンボン、お米とイカスミのチップ」
a0091907_1292653.jpg

フォアグラ、チーズリゾットと続いた後に、いかの味が前面にでたコンソメは
目先も変わるし、味の強さでも負けていない、考えられたメニュー構成♪
a0091907_1294299.jpg

中央の黒い塊はイカスミのボンボン。 ブータンノワールのような舌ざわり。
お米のチップスのアクセントも良い。


「三重県産スズキのロティー、三河産あさりのジュ
       バニラとライム、バジルの香り」
a0091907_1210094.jpg

和食を食べる機会が多い私は洋食での魚料理に実は、あまり期待していません。
(大変失礼なことを言っていますね。スミマセン★ でも、市場に上がったいい物は
和食店優先で行くそうですから☆)
が!こちらのは美味しかった。 またソースもあさりのスープにバニラ風味、ライム
バジルと香りの4重奏♪  バニラの甘い風味、ライムの酸味が加わることでベトナム
風エスニカルなソースでした。


「鴨肉のロースト」a0091907_12102068.jpg

7皿目のヴィアンドは2種類から選択。
この日は、「鴨」か「ラム」。 もちろん両方食べられるように別々に頼んで、シェア。
(お行儀悪いのはわかっているけど、やめられません(笑) 

好みとしてはもっと熟しているものや、血の味が強いものが好きなんですが、
どちらも良い焼き加減で、焼き色も美しいロゼ。
そして美味しく、食べやすい味でした。
「ラムのグリル」
a0091907_1211267.jpg



「山羊乳のレアチーズケーキ、ローズマリーと蜂蜜の不思議な球」a0091907_12104156.jpg

チーズのポジションにレアチーズケーキとは! またまた変わり種。
甘さはかなり抑え目で、ケーキにすることで山羊独特の匂いを、個性は残して、でも、
蜂蜜の優しい甘味も加わって食べやすくなっていました。 
そして、ヴィアンドに合わせて飲んだ、グラスに残っているワインにもよく合うの!  
これは嬉しいですよね♪ 
きっとここのシェフは、食べるのが大好きな方なんだわ♪と感じる一品。


「ハイビスカスの氷と赤唐辛子でマリネしたイチゴの泡」
a0091907_12111956.jpg

イチゴ風味の甘い香りがする、ビールのような(?)泡を食べていると想像してください。
それに細かい氷がシャリシャリと刺激します。 数口食べると、喉の奥からチリチリと
わずかにトウガラシが効いてきます。
お腹にもたれず、舌をリフレッシュさせて、目でも楽しい、プレデセールならではの
面白いアイデア満載です。


「焦したホワイトチョコレートのムース、DAUROとの組み合わせ」
a0091907_1211384.jpg

ホワイトチョコレートのやわらかなムースの上に、スペイン産のオリーブオイル
「DAURO」がかかっています。「DAURO」とはスペイン・リオハ屈指のワイナリー
「ロダ Roda」が作っているオリーブオイルで、オイル1ℓを絞るのに通常の倍量
オリーブを使うそうで、オリーブの青みあるオイルの味と、ホワイトチョコレートの
ミルキーな甘さがいい感じ。


プティフールa0091907_12115965.jpg

この日にいただいたワイン。
a0091907_12122494.jpg

こちらのワインはフランスの物を中心にあり、ソムリエールの奥様はけして高かろう
よかろう、で選ばず、シェフのお料理に合う物を、客の好みに合わせて選んでくださる
姿勢に感動しました♪
そしてそのおかげでお料理、ワインともに楽しめました。
ありがとうございました。


エルブジ系の驚き満載のお料理は、ぜひ、くいしんぼ仲間さんと行くのをおすすめし
たいです。
見た目で驚き、食べて納得し、味わって楽しんで、話題に尽きることないとても楽しい
dinnerになると思います^^。
私もぜひ近いうちに再訪しようと思っています。 シェフの引き出しにはどんな仕掛けが
あるのでしょうか? またびっくりさせてもらいたいなぁ。
通い詰めたいと思える、良いお店でした。


「gri-gri (グリグリ)」
名古屋市千種区池下1-6-6 ナビオ池下1F
052-753-0065
[PR]

by t0k0san | 2009-04-28 18:40 | グルメ フレンチ カジュアル