「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:グルメ 寿司( 24 )   

吉田寿しでかつお丼   

2012年 06月 07日

こんにちは。dannaです。初夏の定番「吉田寿しのかつお丼」
a0091907_1385052.jpg

季節の上りかつおを薬味でさっぱりといただきます。やっぱりかつお大好きだ。5月中旬の話です。


「吉田寿し」
052-231-5056
名古屋市中区丸の内一丁目11-22
「Google Mapへ」



ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑



 先日ある食べログの記事を見て、吉田寿しの大女将とはもう会えないことを知りました。たしかにお見かけしてませんでしたが、たまにお昼に行くばかりなので特に気にもしていませんでした。雰囲気のある素敵な方でしたね。夜奥のお座敷でお会いしたかった。


 ひさしぶりの「吉田寿し」さんは、以前よりも清潔感が増したように感じました。「かつお丼」を注文するとザッザと大根をおろす音がして変わらぬ「かつお丼」が出てきました。いつものように美味しくいただきました。季節があってそれを感じる料理があって、それを出してくれるお店が続いているっていいですね。



「吉田寿し」
052-231-5056
名古屋市中区丸の内一丁目11-22
「Google Mapへ」




いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン
[PR]

by t0k0san | 2012-06-07 13:08 | グルメ 寿司

小田原 天史朗鮨   

2012年 03月 26日

こんにちは。dannaです。ときどき行く小田原。今日は新幹線の駅からすぐの天史朗鮨へ。
a0091907_8264826.jpg



ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑


この日はまだ早い時間。夕方一番で入らせていただきました。まだちょっと仕込み中。


めかぶを温かくいただきます。
a0091907_8265382.jpg

こち、ひらめ、ほうぼう、ひらすずき、しめさば、マグロ。マグロ以外は地物だそうです。
a0091907_8265710.jpg
白身をこれだけ食べ比べられるのはうれしいですね。鯒がとくに甘くて美味しかった。

赤なまこはその場で調理してくれました。「固めがいいですか?やわらかいの?」掃除しただけの丸ごとの赤なまこをさっと湯にいれてほんの数秒。表面だけ温かい茹でたて赤なまこ。
a0091907_8265862.jpg


金目鯛 地物。これは塩があうんですって。 
a0091907_8265965.jpg

鰤。鰤も地物だそうです。
a0091907_827060.jpg

うるめいわし、鯵
a0091907_8271100.jpg

太刀魚炙り
a0091907_82722.jpg

しめ鯖はらす炙り
a0091907_827241.jpg


脂が強いものが続きましたが、どれも地物でその日の朝に獲れたもの。そこにこだわっていてとっても気軽に食べられるのは嬉しい限り。小田原駅まで5分かからない立地もいいですね。

大将はタバコを吸われるので気になる方は、そもそも行かないほうが良いでしょう。分かってていって後で文句をネットに書くとかやめましょうね。

大将と奥さんとで常連さんむけにのんびり営業されているようですが、「お釣りはピン札」でした。こういうの嬉しくなっちゃいます。また行きます。





いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン
[PR]

by t0k0san | 2012-03-26 08:25 | グルメ 寿司

鮨処 成田   

2012年 01月 30日

こんにちは。dannaです。名古屋で最近通ってる鮨屋さんが二軒あります。そのうち一軒をご紹介。
a0091907_15543292.jpg
二軒どちらも食べログさんたちが集まってないしブロガーさんたちが写真撮りまくってたりしなくてうれしいかぎり。っと完全に自分を完全に棚に上げて言ってみます。だってやらせが報道されるずっとまえから食べログ大っ嫌いなんですよね。とくに名古屋の食べログって気持ち悪い♪すごく偏った人たちが偏ったお店を評価して吊り上げてたりしますよね。そのくせ昔からあるきちんと美味しい店が全然紹介されてなかったり。「使えない、というより有害」だと思います♪やらせや一部のレビューが突出しないくらいレビューの総数が増えて(ログとしての性質がよくなって)、レビュアー同士の交流やらコメントもできなくなるとすこしはまともになるんじゃないでしょか。
書き出すといくらでも出てきてしまうのでやめときます。まぁ「大っ嫌い♪」ということで。

さて本題です。今回は「鮨処 成田」さんのお話です。老舗です。

鮨処 成田
052-932-5665
愛知県名古屋市中区東桜2丁目19-9明治第11ビル1F(CBC斜め前)
「Google Map」


ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑

「鮨処 成田」は栄の広小路沿いという一等地なのになぜかひっそりとあります。
a0091907_1554225.jpg
今池で創業し今の場所に移転してもう25年。今年で40年になる老舗です。現在は二代目が店主をされています。先代は早い時間にはいらっしゃっておつまみをささっとだして帰っちゃったりします。この先代の雰囲気がいいんです。かっこいい。

お店はカウンターのみで10席くらいかな?とっても清潔で椅子は高すぎず、座ったときの景色がいいな、と感じます。

二代目は東京のとっても有名なお鮨屋で修行してみえたそうですが、まあ書かなくてもいいか。

こちらのお店はつまみが充実、というよりも握りが中心のお店でしょうか。それでも僕は飲むんですけどね。お酒はたぶん一種類のみ。
a0091907_15542469.jpg

平目昆布しめ
a0091907_1554252.jpg

蛸。ここの蛸はいつも美味しい。
a0091907_1554263.jpg

鯖。軽い〆。いいですね。
a0091907_15543052.jpg

赤身。今回は富山のマグロ。
a0091907_15543292.jpg

イカ。赤貝。イカの細かい細工が食感をよくしてくれます。
a0091907_15543260.jpg

あなごを炙ってつまみで。
a0091907_15543343.jpg

アナゴの蒸し鮨。これは昔からのこのお店の定番なんですって。甘くて熱々。気をつけないと火傷します(笑)
a0091907_15543462.jpg


握りましょう。

平目
a0091907_15543589.jpg

コハダ
a0091907_15543716.jpg

イカ。イカは薄切りで二枚付けになってますね。
a0091907_15543817.jpg

マグロ漬け
a0091907_15543993.jpg

海老。きれい。きれいなお鮨は美味しい。
a0091907_15544076.jpg

アナゴ。
a0091907_15544159.jpg

アナゴ塩と詰めで。
a0091907_15544216.jpg



この日も美味しかった。何度か通っているうちにこのお店のお鮨と好みが合ってきた気がします。シャリは甘めですし、塗られる煮切りもちょっと旨味が強く感じます。でもこれはこれでいい。おつまみに蒸しアワビを酢味噌でいただいたり、熱々の穴子蒸し鮨がでてきたりと他のお店ではあまりないスタイルも、この地で40年やってきたなかで店主とお客さんたちが作り上げてきたものなんだろうなと。
 二代目は東京で修行して見えたし、私と同世代。昔からの常連さんもいて新しいお客さんもいて、これから徐々に変化していくのかもしれませんね。


この日は私たちしかいない時間に店主に許可をとって写真を撮らせていただいてブログ掲載も承知していただきました。




いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン

[PR]

by t0k0san | 2012-01-30 15:41 | グルメ 寿司

寿司Tで誕生会   

2011年 11月 30日

こんにちは。dannaです。この何かを供養しているかのようなワインボトルの山。一度見たら忘れない車道の寿司Tへ行ってきました。
a0091907_1739286.jpg


ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑

この日は友人の誕生会。私はほぼ一年ぶりの寿司Tでした。みなさんそれぞれにお祝いのお酒を持ち寄って乾杯!

まずは泡にあわせて牡蠣からスタート
a0091907_1739338.jpg


カワハギは肝と芽ネギを巻いていただきます。
a0091907_1739476.jpg


鉄火巻き。「飲みすぎる前にお腹に食事をいれましょう」
a0091907_1739577.jpg


テッピ。皮、身皮にとうとうみ。
a0091907_1739691.jpg


ブリと蕪。蕪寿司でおなじみの組み合わせ。氷見のブリですって。美味し。
a0091907_1739647.jpg


カツオは紀州和歌山。
a0091907_1739107.jpg


テッサ
a0091907_17391115.jpg


河豚の白子のフライ
a0091907_17391235.jpg


まだちょっと季節的に早いから小さめですがとろっと美味しい。
a0091907_17391399.jpg


河豚の唐揚。骨周り、関節まわりがねっとりとたまらない。
a0091907_17391488.jpg


いくらと海苔のごはん
a0091907_17391640.jpg


足らずにアナゴ!
a0091907_1739179.jpg


寿司Tはどれもシンプルで献立だけみると同じものがでてきそうな店はいくらでもあるんですが、やはりこのスタイルにこだわり続けているだけあっていつも良いものを食べさせてもらってます。たまにくるとやっぱり美味しいなあ。そして相変わらずの料理とお店や設備のギャップがすごい(笑) もし名古屋にミシェランが来てもここの設備では難しいだろうなぁ。。。

この日のワイン、泡から日本、アメリカ、フランス、イタリアと幅広くそろいました。
a0091907_17391811.jpg

なかなか良いコースでワインがいただけましたよ。持ち寄りなのにすごい。日本のワインいいですね。
a0091907_17392177.jpg


ご一緒したのは人生の先輩方。みなさん、よく食べる飲む(笑)ほぼ最年少の私よりどれほど元気なことか。仕事も目いっぱいして、趣味も全開、好きなものを良く食べて良く飲んでよく笑う。若さと元気の秘訣かもしれません。



いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン

[PR]

by t0k0san | 2011-11-30 17:36 | グルメ 寿司

「鮨の間」 松山   

2011年 10月 17日

こんにちは。dannaです。週に一度の更新もままならず、このままでは月刊のごとくに。しかも今回のお話も数ヶ月以上前のネタでしかも愛媛、松山。みなさんこんなブログに毎日ご訪問いただきありがとうございます。

a0091907_15501085.jpg
今回は松山の「鮨の間」さんの話です。松山城の近くというか大街道のあたりというかとにかく繁華街の一角にあります。空港も近くていいよ。

「鮨の間」
089-932-6101
愛媛県松山市二番町1-5-18 アヴェニール神戸館 1F

「Google Mapへ」

ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑ぜひクリックおねがいします↑

こちらが「鮨の間」さんの入り口。すっきりした入り口ですが、入ってるビルはごっちゃりしてますので注意
a0091907_15494397.jpg

「鮨の間」って面白い名前ですよね。「鮨を楽しむ空間」という意味かと思ってたら、大将が「野間さん」っておっしゃるのでした。安心しました。
a0091907_15494676.jpg


実は入るまでちょっと不安だったんです。この食事の前に松山で和食系を三食食べてたんですが、全部ハズレ。期待との落差に心萎えてましたが空港に行く前に「最後の食い意地をふり絞って」行ったのがこのお店。良かったまた来たいようなお店に出会えて。

記憶はあやしいのでざっと。

自家製アン肝 ふんわり軽いアン肝
a0091907_15494720.jpg

とうもろこしのすりながし とうもろこしの美味しいような季節でした(笑)
a0091907_1549489.jpg

あこう 美味しいですよね。名古屋だとアズキマスって呼びますね。
a0091907_15494979.jpg

たしか シマアジ
a0091907_15495099.jpg


a0091907_15495181.jpg

アマテガレイ
a0091907_15495257.jpg

先ほどのアン肝をポン酢に
a0091907_15495251.jpg

崩してアン肝ポン酢に
a0091907_15495383.jpg

このカレイの軽くまとわりつくような感じが美味しかったと記憶
a0091907_15495523.jpg

剣先イカの子供 「ヒイカ」ですね。丁寧に薄皮も取ってあって巻いて食べると美味しい。
a0091907_15495693.jpg

赤貝も良かった。
a0091907_15495738.jpg

アオヤギは炙り
a0091907_1549582.jpg

ウニは塩蒸し
a0091907_15495934.jpg

岬アジ(はなあじ)!やっと食べられた!「岬アジ」美味しいです。
a0091907_155004.jpg


飛行機の時間が迫ってるのにつまみすぎ。魚不満がたまってたので(笑)

握り
あこう混布〆、あまてがれい
a0091907_1550181.jpg

にえび、よこわの燻製
a0091907_1550294.jpg

鰆炙り、あなご
a0091907_1550345.jpg

こはだ
a0091907_1550446.jpg

岬さば(はなさば)!昆布載せと昆布なしを食べ比べ!脂はのってるんだけど軽くて美味しい。
a0091907_1550516.jpg

玉子
a0091907_1550648.jpg

あわび
a0091907_1550713.jpg

はまぐり
a0091907_1550851.jpg


美味しかったのをお代わり!!食べすぎ(笑)
あこう、アマテガレイ。最初の二つ。やっぱり美味しい。
a0091907_1550940.jpg

岬さばももう二貫!これは美味しいね!
a0091907_15501085.jpg
岬さば(はなさば)は関アジ、関さばで有名な関の対岸の四国側の三崎港で揚がる瀬付きの鯖のことなんだそうです。詳しくはこちら。

時間が経ってしまったので詳しく憶えていませんが、次回松山に行くことがあったらまた行きたいお店です。
まで新しいお店ですが、若く気持ちいい大将と明るい女将さんがいてきっとこれからもっといい店になるんだろな。何年後かに行ってみるのも面白いかも。


「鮨の間」
089-932-6101
愛媛県松山市二番町1-5-18 アヴェニール神戸館 1F

「Google Mapへ」


いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑ぜひクリックおねがいします↑


ハナサケニッポン

[PR]

by t0k0san | 2011-10-17 15:25 | グルメ 寿司

目黒のお寿司屋 いずみ   

2011年 05月 04日

こんにちは。dannaです。
あいかわらず東京の飲食店はたいへんのようです。銀座だって真っ暗。僕はできるだけなじみのお店に顔出すようにしてます。ブログに書いたりはしてませんが。。
a0091907_12392317.jpg
a0091907_12395746.jpg

ハナサケニッポン

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
↑。ぜひクリックおねがいします↑

今回は僕の大好きな目黒のお寿司「いずみ」に行ってきました。いままでお店の名前を伏せてきたあのお店ですが公開しますね。失われゆく鮨をもとめてのあのお店。いつも満席のあの「いずみ」でも毎日満席というわけには行かないようです。「いずみ」では築地をほとんど通さず日本各地の漁師さんから直接食材を送ってもらっています。当然三陸の漁師さんからの食材はいまは入りません。親方は三陸からの食材が入らない代わりに三陸にできるだけ美味しいものを送って恩返ししようとすでに何千食もの卵焼きや焼き魚を届けたそうです。先日も巨大な大鍋でアンコウ鍋を届けたそうで、やっぱりあったかいものがとっても喜ばれるんだそうです。親方えらいな。少しでも応援になるといいな、と思うので店名を公開しました。親方すばらしい方です。でも基本「勝手なことすると感情的になって勘定10倍だよ!」のお店ですから行ってみようというかたはちゃんとその気で行ってくださいね。すごく美味しいけど。

さあ、ここからはだだだっと流します。まじめに書いたら何時間かかるかわからない(笑)

アラ(クエ)の煮こごり
a0091907_12374718.jpg

春の卵焼き、三河の蝦蛄いり
a0091907_1237514.jpg

タコの桜煮。桜の葉と花で煮てあります。
a0091907_12375698.jpg

刺身 伊豆のひらまさとアジ こちらは新タマネギのすりおろしと土佐醤油、和芥子でいただきます。
a0091907_1238034.jpg

a0091907_1238590.jpg


蕗味噌
a0091907_1238989.jpg

桜鯛とさくらんぼと海老の蒸しもの
a0091907_12381267.jpg

パッションフルーツ味噌のヌタ ミル貝、青柳 黄ニラ
a0091907_12381462.jpg

能登のアン肝。被災地に送ったアンコウからのお裾分け。まるで空気を含んでいるように軽い。
a0091907_12381867.jpg

一切れ食べたら、一切れは醤油に溶かしてアン肝醤油に。
a0091907_1238235.jpg

そこにヒラスズキを絡めて食べる!
a0091907_12382835.jpg

ヤリイカ
a0091907_12383213.jpg


鯛の子漬け
a0091907_12383512.jpg

まぐろとかつおの酒盗食べ比べ
a0091907_12383847.jpg

痛風3兄弟(プリン体アラモード) 卵黄味噌漬け、ボラの卵味噌漬け、カラスミ、時鮭卵の味噌漬け
a0091907_12384225.jpg


さてここから握り

さより
a0091907_12384668.jpg

アラ
a0091907_1238492.jpg

鰹漬け
a0091907_12385920.jpg

こはだ白酢〆
a0091907_1239464.jpg

白魚
a0091907_1239773.jpg

みる貝 肝のせ
a0091907_12391197.jpg

こはだ赤酢
a0091907_12391456.jpg

鮪節(シビブシ)の吸い物
a0091907_123919100.jpg

鮪漬け
a0091907_12392317.jpg

鳥貝
a0091907_12392626.jpg

桜鯛
a0091907_12393045.jpg

キンメ漬け
a0091907_12393482.jpg

烏賊
a0091907_12393785.jpg

海老卵漬け
a0091907_12394158.jpg

鯛白子
a0091907_12394411.jpg

青柳
a0091907_12394816.jpg

キンメ漬け炙り
a0091907_12395277.jpg

煮蛤
a0091907_12395746.jpg

煮穴子
a0091907_1240056.jpg

鮪すき身巻き
a0091907_1240390.jpg

キンメ漬け おかわり
a0091907_1240720.jpg


今回もものすごく美味しかった。普通のお寿司屋さんとは違うお寿司です。銀座の白木カウンターのお寿司屋さんを想像していくと違うので注意してくださいね。行ってがっかりしてはつまらないので。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
↑。くりっとクリックおねがいします↑



[PR]

by t0k0san | 2011-05-04 22:17 | グルメ 寿司

小田原 時よし鮨   

2011年 01月 25日

こんにちは。dannaです。
a0091907_11504479.jpg

仕事で湘南方面へ。普段は新横浜経由なんですがこの日は新幹線で小田原経由で。帰りものんびり帰るか、ということで小田原へ。うなぎ、鮨で迷いながら駅から近いお寿司へ。小田原 「時よし鮨」へ二度目の訪問です。前回は2010年の4月みたい。7ヶ月ぶりの訪問です。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
時よし鮨
0465-35-3565
神奈川県小田原市城山1-3-16
「Google Mapへ」

前回はお昼に慌しく伺いましたが今回は夜。お酒飲めるぞ
a0091907_11504214.jpg
場所は小田原駅の新幹線口から徒歩五分くらいです。列車の時間ぎりぎりまで食べてられるのも魅力です。

a0091907_11504479.jpg
最初はアン肝から。ネタは相模湾にこだわっているそうですが、残念ながらこのアン肝は常磐のもの。相模湾もアンコウ取れるんですが小さいんだそうです。ちょっと固めながら美味しいアン肝。

光物が多いのもこのお店の特徴。鯖は脂乗りすぎず鯵は鮮度よく。蛸は硬めに茹でてあります。
a0091907_11504663.jpg


ビール、ぬる燗ときたのでもう少しおつまみをゲソを茹でてもらいました。
a0091907_11504782.jpg


さて握りへ。まずはお任せで
a0091907_11504896.jpg
白身。右からホウボウ、鯛の湯引き、平目の昆布〆。白身もなかなか。ホウボウの香りが良かった。平目も旨味たっぷりでいい平目を上手に昆布〆にした印象。

カワハギ
a0091907_1150493.jpg
カワハギの身の裏には叩いた肝がたっぷりと入っています。「崩れないように気をつけて」

光物。イワシとコハダ。
a0091907_11505049.jpg
くさみのない美味しい光物。いつも充実してます。

イカ
a0091907_11505119.jpg


貝三種。右から赤貝、北寄貝あぶり、石垣貝あぶり。
a0091907_11505245.jpg
前回も書きましたがこちらのお店では貝は注文が入ってから捌くんです。貝を剥いて、ワタをとって、形整えて、炙って握られて出てくる。自分のための捌きたての貝の握り、いいですよね。美味しい。

本鮪 赤身漬け
a0091907_11505339.jpg


赤身のお代わりと穴子。
a0091907_1150555.jpg


美味しかった~。写真を見ていただければわかりますがいわゆる銀座の江戸前みたいなのとは違いますが、地のものに拘ってご夫婦で何十年も(おそらく)やってみえたお寿司屋さん。白身や光物はネタ大ぶりで美味しいです。遠征してゆくお店かというと違うかもしれませんが小田原にきたら次も僕はこのお店に来ると思います。二度目で前回よりもリラックスして食べることができました。ありがとうございました。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ


時よし鮨
0465-35-3565
神奈川県小田原市城山1-3-16
「Google Mapへ」




[PR]

by t0k0san | 2011-01-25 11:49 | グルメ 寿司

吉田寿し 中区丸の内   

2010年 10月 28日

こんにちは。dannaです。
今日は中区丸の内の「吉田寿し」さんでかつお丼をいただいた話。
a0091907_13322291.jpg


人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

「吉田寿し」
052-231-5056
名古屋市中区丸の内一丁目11-22
「Google Mapへ」

中区の丸の内一丁目は不思議な地域。「中区」ではあるけど商業地的ではなく、「丸の内」ではあるけど官公庁的でもない、橋を超えれば西区の那古野、四間道なので古くからの町並みがすっぽりと残ってますが、ブラジル領事館があるからか、ブラジル雑貨やレストランが多くて道で世間話しているのはブラジル系の方が多い。わざわざ来るところではないかもしれませんがちょっと散策してみるには面白いところ。

今回はまさに昔からの雰囲気を残している「吉田寿し」さんでお昼をいただきました。
a0091907_13321165.jpg
吉田寿しの建物は明治に移築されてきたものだそう。戦後は料亭吉田として営業され、(この奥に立派なお庭と建屋があります)写真に写っている寿司屋を併設され現在にいたっているそうです。

 実は以前に夜このあたりで飲み歩いていて、寄らせていただいたこともあるんです。そのときにやさしい感じのお寿司をいただいて、立派な奥座敷やお庭も見せていただいて、なにより大女将のシャンとしてでも遊びもある様子にすっかり魅了されたのでした。そうだ、あの稲荷寿司また食べに行かなくては。そのときお店で聞いたのが「かつお丼」。戦後まもなくからずっと続けてる旬のメニューなんだそう。今回はまさに戻りカツオの旬ということで「かつお丼」を食べに寄らせていただきました。

入り口の雰囲気。よいでしょ?
a0091907_13321431.jpg


この奥には立派なお庭と料亭としての建屋がありますよ。奥座敷の利用は事前にコース料理を予約する必要があるそうです。(お店のHP)一度ちゃんと伺わなきゃ。
a0091907_13321830.jpg
ご迷惑ではない時間にお願いすれば見せていただけると思います。

こちらが「かつお丼」 (実物はもっと美味しそうです。写真が悪い)
a0091907_13322089.jpg
丼と名がついてますが小さな寿司桶で出てきます。戻りカツオ(産地は聞いたけど失念)ですが、大きすぎない小ぶりなサイズ。脂がのりすぎてなくてちょうどよいです。薬味は大根おろしに生姜とミョウガと白胡麻。ミョウガと生姜が効いていてさっぱりといただけるかつお丼です。夜なら脂ののったステーキのような鰹のタタキもよいですが、鰹の赤身をさっぱりと楽しみたいならこういうのがよいですよね。ご馳走様でした。

ここだけ時間がゆっくりと流れているような食事でした。

「吉田寿司」
052-231-5056
名古屋市中区丸の内一丁目11-22
「Google Mapへ」

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-10-28 13:33 | グルメ 寿司

続き 目黒のお寿司 2010年10月   

2010年 10月 21日

こんにちは。dannaです。目黒のお寿司屋さんの続きです。やっと握りへ。
a0091907_18263294.jpg
反則気味の松茸大トロ炙り握り

以前の記事
最初、 次、 次? 次の次?

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

さてさてやっと握ります。おまかせです。一度親方が握る寿司も食べてみたかった。このお店では握りは直接手に渡されます。置いたら崩れてしまいそうな柔らかな握りが多いし、それにこうすると自然にシャリじゃなくてネタから舌に載るんですよ。必然的にすぐ食べることになるしね。

甘鯛。軽く〆めたもの
a0091907_1825299.jpg

クエ昆布締め
a0091907_18253431.jpg

コハダ 白酢
a0091907_18253796.jpg

コハダ 赤酢
a0091907_18254277.jpg

コハダ 黍酢
a0091907_18254796.jpg
黍酢美味しい。

秋南京 すり流し。田事椀。奄美のもずくに赤飯が入ってます。
a0091907_1825526.jpg


キタムラサキウニ
a0091907_18255771.jpg

白髭ウニ
a0091907_1826230.jpg
ウニは南北の産地で食べ比べ。ウニって北のイメージがありますが南の方も美味しいですよね。この白髭は奄美のウニ。別の日にいただいた長崎五島のウニも美味しかった

イカ。なにイカだっけ?
a0091907_1826626.jpg


キンメ漬け
a0091907_18261129.jpg
これもたまらない。

松前のマグロ漬け。和芥子で。
a0091907_18261544.jpg
これは美味しい。

車海老の黄身朧漬け
a0091907_18262075.jpg


松茸大トロ炙り。松茸は気仙沼のもの。
a0091907_18262635.jpg
悶絶します。

太刀魚炙り
a0091907_18263729.jpg


伊勢海老は軽く火が入ってます。
a0091907_18301229.jpg


煮蛤
a0091907_18303134.jpg
蛤だけを炊き続けてきたツメ。

アナゴ
a0091907_18305222.jpg


今回もものすごく楽しくてありえないほど食べました。飲みすぎ長っ尻もなんのその。ここだけは別。
賛否両論あるお店なんでしょうが、お料理の内容も、親方の姿勢も、お店の雰囲気も大好きです。

このお店のことを書いた本がこちら →「失われゆく鮨をもとめて」

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-10-21 10:31 | グルメ 寿司

目黒のお寿司。2010年10月   

2010年 10月 20日

こんにちは。dannaです。僕の大好きな目黒のお寿司屋さん。ちょっとご無沙汰でしたがひさしぶりに行けました。やっぱり楽しいよ。この店大好きだ。
a0091907_18234270.jpg
このお酒はたまたまお店に来ていた明鏡止水の社長と杜氏さんからいただいた秘蔵酒。ラベルのないお酒でした。

以前の記事
最初、 次、 次? 次の次?もっと行ってるけど毎回ばかみたいにテンションあがってますね(笑)

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

先日届いたばかりのクエの皮の煮凝り
a0091907_18232550.jpg


芝海老入りの玉子焼き。添えてあるのは赤山椒。
a0091907_18233016.jpg
初めてですが風味は複雑豊かで刺激は控えめ、美味しい山椒でした。

はしりの能登の真鯖 気仙沼のカツオ。
a0091907_18233298.jpg
いつもの行者にんにく醤油に和芥子、たまねぎの摩り下ろしでいただきます。カツオもよいけどこの鯖がひたすらにたまらない味です。

新蓮根の揚げ出し、大原女仕立て。
a0091907_18233764.jpg
新作だそうです。新蓮根を薪に見立てているそうです。中には海老と白身のすり身。蓮根を齧って出汁をずるるっと飲むと口の中で完成。うまい。

天狗ナスの焼浸し
a0091907_18234468.jpg
三河ではおなじみの天狗ナスが出てきました。上にかかっているのは奄美の白髭ウニを醤油漬けにしたもの。カツオ出汁に焼きナスの出汁が合わさって美味しくいただきました。

まこもだけのカレー塩添え
a0091907_18234977.jpg
親方はカレー塩が好きなんです。僕も好きです。マコモダケは石垣島から送ってもらったものだそう。

鮎の茶炊き浸し
a0091907_18235357.jpg
こちらの定番。たっぷりのお茶で煮た鮎に糸海苔が乗っています。お茶の味がする鮎。鮎の味がするお茶。どちらも美味しいのです。

この日は酒がすすんで
珍味三種
a0091907_1824074.jpg

いさきの卵巣
a0091907_1824479.jpg

鯛の卵巣
a0091907_1824945.jpg

カツオの酒盗
a0091907_18241470.jpg


魚卵の盛り合わせ。
a0091907_1824189.jpg
キンキに時鮭、鯔。卵黄の味噌漬けと一緒につまみます。

お寿司屋さんの話なのにまだお寿司で出てきませんな(笑)続きます。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-10-20 12:24 | グルメ 寿司