カテゴリ:グルメ 寿司( 24 )   

すし 豊倉   

2010年 09月 17日

こんにちは。dannaです。
軽くお鮨をつまんできました。ひさしぶりの「豊倉」はやっぱり美味しいです。
a0091907_13363027.jpg
今回は残念ながらiPhone3Gの写真です。本当はもっともっと美味しそうですよ。

「すし 豊倉」
052-955-3778
愛知県名古屋市中区錦3-17-1 第5錦ビル2階
「Google Mapへ」

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

「すし 豊倉」以前一度だけ記事にしたことがあります。結構前でした。その後も仕事でもプライベートでも何度も使わせていただいていますが、あいかわず予約でいっぱいの人気店です。

この日は別の飲み会に出ていたのですが、朝からの「今日はお鮨が食べたい」の気持ちを抑えることができずに(笑)飲みは早々に引き揚げて閉店間際の「豊倉」に滑り込みました。

カツオ
a0091907_13362167.jpg
大将自信のカツオ。見事でした。鮮度の良いカツオは香りが違いますね。

いわし
a0091907_1336248.jpg
これも美味しい。この日のヒカリモノではこれが一番良かったそう。

本ミル
a0091907_13362812.jpg
地の物です。

コハダ
a0091907_13363027.jpg
ちょっと大きめ。酢は控えめ。

カツオ握り
a0091907_1336326.jpg
この爽やかさはカツオの赤身ならでは。

アナゴ 塩
a0091907_1336357.jpg
ふっくっら。当然美味しいです。雪塩が合いますね。

卵焼き
a0091907_13362622.jpg
鮨屋の卵焼き。もちろんお店で焼いています。

大将にお任せでチャッチャッチャと頂きました。どれも美味しいところを選んで最小限で出して頂いた感じ。満足。やっぱり良いお店です。今回のように短時間でお鮨だけ、でも良いですし、お酒とつまみ中心でも、握り中心でもいかようにも対応していてください懐の深いお店です。安い!というわけではありませんが、お客さんも食べ慣れた方が多く勉強になります。この白木のカウンターに座るには本当は私はまだまだ若造だと思いますが、大将の前の店から通わせていただいているので良くしていただいています。そうかもう10年も大将のお鮨食べてるんだな。。
 予約は必須です。あと見晴らしのよい白木のカウンターですから本当はカメラは似合わないと思います。今回は閉店間際で撮らせていただきました。

「すし 豊倉」
052-955-3778
愛知県名古屋市中区錦3-17-1 第5錦ビル2階
「Google Mapへ」

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-09-17 02:36 | グルメ 寿司

まねき寿司 円頓寺   

2010年 05月 26日

こんにちは。dannaです。今日は気持ちよく気軽に食べられるお寿司屋さんを紹介してみます。紹介したら怒る人いるかな?
a0091907_238973.jpg

円頓寺通り五条橋西詰 創業明治六年 まねき寿司さんです。

「まねき寿司」
名古屋市西区那古野一丁目2番16号
052-551-3089 (小さいお店です。予約しましょう)
日曜祝日定休
「Google Mapへ」

応援よろしくお願いします。
a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

建屋は相当年季入っています。接待向きとは違いますし、デート向きかといわれるとそれもどうかな。。
a0091907_2355963.jpg
実はこのお店。一気に二回行ってしまいました。初回は昼、二回目はその夜。昼に行ったら気持ちよく食事ができたので夜は家族で行きました。お店はカウンターが4席にテーブル二つ、座敷がひとつ。ご夫婦がお二人でやってらっしゃいます。

お造り。マグロ、エビ、コハダ、スミイカ
a0091907_2361097.jpg

アジのなめろう
a0091907_2363081.jpg

アマダイ蒸し煮
a0091907_2364115.jpg


ここから握りです。
のれそれ
a0091907_2365313.jpg

モガレイ
a0091907_2371711.jpg

a0091907_2373428.jpg

春子
a0091907_2374430.jpg

コハダ
a0091907_237531.jpg

赤貝
a0091907_238973.jpg

煮蛤
a0091907_2382413.jpg

うに
a0091907_2383563.jpg

アナゴ
a0091907_2385154.jpg


小さなお店ですからすごく良いネタが豊富にそろっているかというとちょっと違います。
でも仕事振りのていねいな大将と気さくな女将さんがいて、長く通っている昔からの常連さんにも愛させれていて良いお寿司屋さんだと思いました。僕なら友人や家族と「今日はお寿司たべたいな」って時、これからも通うと思います。お酒のセレクトも好きな感じでしたし。

先日もう一度行きました。天然鮎の酢〆の握りが美味しかった。

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ

「まねき寿司」
名古屋市西区那古野一丁目2番16号
052-551-3089(小さいお店です。予約しましょう)
日曜祝日定休
「Google Mapへ」
[PR]

by t0k0san | 2010-05-26 23:08 | グルメ 寿司

赤坂見附 すし匠斉藤   

2010年 04月 15日

こんにちは。dannaです。
この日は東京、赤坂見附にいました。仕事がわりとおしてしまい遅めの夕食に。夜9時過ぎに男一人なら、やっぱりお鮨でしょう。この日は「すし匠 齋藤」さんに伺いました。

すし匠 齋藤
住所 港区赤坂4-2-2 鳳月堂本店ビル2F
電話 03-3505-6380
営業時間 6:00PM~夜12:00AM
「Google Mapへ」

a0091907_1683836.jpg
こちらは四谷の名店「すし匠」」のご出身だそうです。白木のカウンターで掘りごたつ式の店内は清潔感があってかつリラックスできます。やっぱり靴を脱ぐのがいいのだろうか。おかげでリラックスしすぎてお酒とおつまみが進んでしまいました。言い訳です。(笑)

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

<おつまみ>
春子の握り 最初のひとつは握りから。身が厚くてうまい
生シラス
海草 若布、天草
真鯛
つぶ貝
のれそれ
蛍烏賊
白エビ
カワハギの肝和え
アジの棒寿司
屋久島のカツオ タマネギおろしで
マグロ漬け

<握り>
桜鱒
青柳
サヨリ とても美味しかった。
煮海老
アンキモの握り

干瓢山葵巻き

桜鱒の桜〆め
a0091907_168507.jpg

青柳
a0091907_169480.jpg

アンキモ握り
a0091907_1610797.jpg


 リラックスできて楽しいお店でした。凝ったおつまみや、シンプルな旬の幸をテンポよく食べさせてくれます。目先がかわるようにいろいろと出てくるので気がついたら結構おつまみを食べてしまいました。お客さんはもちろんお鮨を楽しみに来ているんですが、「真剣勝負」というよりは気の合う相手と、お酒を飲みながらお話をしながら料理についてお話しながら楽しんでいる方々がほとんどでした。私は初めてで一人でしたが、周りの雰囲気につられていつの間にか両隣とお話しながら食事してました(笑)
 美味しく楽しく頂いてこのお値段なら満足。感じの良いお店でした。

すし匠 齋藤
住所 港区赤坂4-2-2 鳳月堂本店ビル2F
電話 03-3505-6380
営業時間 6:00PM~夜12:00AM
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-15 16:10 | グルメ 寿司

小田原 時よし鮨   

2010年 04月 04日

こんにちは。dannaです。
仕事で行った小田原で昼時に1時間空いてたのでお寿司。ネットで調べて評判の良かった「時よし鮨」へ
a0091907_15262673.jpg

小田原駅新幹線口から徒歩5分くらいにあるお店。見た目だけだとごく普通のお店。特別感はありません。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

でも入ってびっくり。平日の昼間なのにカウンター満席なんです。お酒飲んでる方もちらほら。「ランチ」を食べているのではなく基本全員「お好み握り」良いお客さんがついてますね。これはかなり期待してよいでしょう。
a0091907_15265482.jpg
カウンターが満席なので最初は一人でテーブルで。最初にでた蛍烏賊とイカのわた漬けがとっても美味しくてあわてて写真をとりました。
お店は大将、おかみさんの二人のみ。大将がカウンター9席を一人で握りますから多少時間がかかります。春なので貝が充実してましたが、貝の握りは注文入ってから捌いてましたもの。そりゃ時間はかかる。

おにかさご、湯引きの鯛
a0091907_15275016.jpg


カワハギ(肝抱き)

光り物4種。サバ、鰯、アジ、コハダ。
a0091907_15285249.jpg


アカイカ、赤身。

石垣貝炙り
a0091907_15292183.jpg

ホウボウ昆布〆
a0091907_15294960.jpg

青柳の炙り、オニカサゴ
a0091907_15301231.jpg

ホタルイカ
a0091907_1149573.jpg


30分一本勝負でちゃっちゃと頂きました。
光り物なんかは結構脂の乗ったものが多かった印象です。美味しかったのは白身と貝。東京銀座で食べるようなお寿司とは異なりますが、これはこれで美味しい。一度夜にゆっくり来てみたいです。次回はちゃんと予約しようと思います。

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-04 11:49 | グルメ 寿司

浜源    

2010年 03月 29日

こんにちは。dannaです。
やはりどう考えても「浜源」だと思います。
a0091907_17354390.jpg


a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

ひさしぶりに「浜源」さんへ。「浜源」さんはやはり夜です。できれば夜の早い時間に伺い、大将、若大将と相談しながら「お酒を飲みすぎず、騒ぎすぎず、お寿司を美味しく頂く」これが一番かと。

・おつまみ
白魚
星ガレイ

ミル貝 貝の美味しい季節になりました。
アワビ
蝦蛄
トリ貝
バチコ

・握り
星ガレイ
サヨリ
青柳
トリ貝
アジ

マグロのカマの部分
マグロ三品 血合いぎし、熟成中トロ、トロ霜降り二枚付け
ウニ二種盛軍艦
干瓢山葵

ふっくらと厚みのあるバチコ
a0091907_12354849.jpg

マグロ 血合いぎし
a0091907_1236689.jpg

マグロ 熟成中トロ
a0091907_12364029.jpg

マグロ 霜降りトロ二枚付け
a0091907_12362442.jpg

ウニ二種盛(坂手と紫うに?)
a0091907_12364724.jpg

干瓢山葵
a0091907_1237723.jpg


堪能しました。「美味しいお寿司を食べる」という意味では私達二人の意見ではやはり頭二つくらい抜き出ていると思います。もちろん行く方も行く曜日や時間帯をきちんと選ぶべきだと思いますが。
一時期急にお客様が増えたりして私達も行きづらかったりしましたが、ひさしぶりに行ってみると以前の落ち着きが取り戻されていて、むしろネタの質、種類ともに充実しさらに良いお店になっていると感じました。

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-03-29 12:36 | グルメ 寿司

再訪 寿司T   

2010年 03月 18日

こんにちは。dannaです。
先日やっと訪問した名古屋 池下の「寿司T」。縁ができればできたもので早速二度目の訪問となりました。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

たいら貝
a0091907_17402413.jpg

甘エビ
a0091907_17405083.jpg

てっぴ
a0091907_17525947.jpg

大間のまぐろ
a0091907_17413324.jpg

からすみ
a0091907_17453967.jpg

かわり寿司
a0091907_17422339.jpg

かわり巻き
a0091907_17423989.jpg

甘えエビの頭
a0091907_17431335.jpg

まぐろ漬けブツ
a0091907_1744524.jpg

カマス焼き物
a0091907_17442621.jpg

甘エビの卵
a0091907_17444474.jpg

最後の鴨
a0091907_17451398.jpg

鴨飯
a0091907_17462127.jpg


この日もお酒は持ち込みでいろいろ頂きました。みなさんありがとうございます。
a0091907_17532616.jpg

この酒いい!静岡志太泉のものなんですが名古屋の秋貞酒店のオリジナル朱[駒」。ブレンドで古酒で大変美味しかったです。
a0091907_17463721.jpg

はい、もうそれは
a0091907_1747191.jpg

本当にそれはそれは、ニーロンさんとこのchassagne montrachet 97とラフォンさんとこのMeursault charmes 91
a0091907_17484075.jpg

美味しいお酒を頂きました。TENUTA di TRINORO 97と99飲み比べ。97は最初のvintageだそう。
a0091907_17471625.jpg



a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-03-18 17:48 | グルメ 寿司

浜源   

2009年 09月 30日

こんばんは。
今回はお寿司屋さん。私が名古屋で一番気に行っている「浜源」さんです。
もうかれこれ6年ほど通っているでしょうか?
夫婦ともに大好きなお店です。



味やネタの良さは言うまでもなく、雰囲気も大好きなんです。
清潔さと程良い緊張感、丁寧な仕事・・すべてが良くてこの雰囲気になっているのだと思います。カウンターでお客様と職人が向かい合うお寿司屋さんのカウンターは仕事の仕方や中の清潔さが丸見えですし、生ものを素手で握る寿司という料理はそれらが整っていないと美味しくいただけないからです。


そういう意味でも、「浜源」は私の中で大人のお店。
いろいろ見聞きして経験した大人が落ち着けるお店のような気がします。
お客様もそういう方だから常連になっているのか、お店の雰囲気がそうさせるのか素敵な方ばかり
私たちも早くそうなれると良いのですが♪


私の「目標」は浜源で一人寿司が格好よく決まる女性になることなんです^^。
・・・いつのことになるのやら・・・^^;

さて肝心のお料理ですが、だいぶ前のことですので、写真のみでお楽しみください(笑)
みる貝、a0091907_10473556.jpg わたり蟹
a0091907_1048275.jpg

鮑の肝、鯛
a0091907_10484647.jpg a0091907_10491562.jpg

あずきます、鯵
a0091907_1050273.jpga0091907_1052978.jpg

とり貝、赤身
a0091907_10524820.jpga0091907_10533417.jpg

中トロ、煮えび
a0091907_1054566.jpga0091907_10544456.jpg

坂手のうに、あなご  私の大好きな「坂手のうに」 形はいびつで、色も悪いけど、
磯の香りが強くて、甘味も強いのに後味が上品で❤❤
東海地区が誇る、三重県坂手島のうにはミョウバンも当然使いません。
最近は東京のお寿司屋さんでもうやうやしく出てきますけど、「地元ですからっ。
普段から食べてますからっ。ふふんっ」と優越感に浸れます(笑)
地元の名産ですのに、意外と知られていないのが残念ですね。
a0091907_1055511.jpga0091907_10553154.jpg

こんな感じで今回もお腹いっぱいいただきました。
ぴかぴかのネタを見ていると、他のお客様のを握っているのを見ていると、目がきょろきょろ動いて「食べたーい」
と、つい食べ過ぎてしまいます。美味しく、楽しい証拠ですね♪
今回も友人と私たち4人で伺いましたが、とっても素敵な食事時間をすごせました♪

浜源 (はまげん)
愛知県名古屋市昭和区南分町1-28
TEL 052-853-1841

[PR]

by t0k0san | 2009-09-30 22:26 | グルメ 寿司

目黒の寿司屋 2009年5月中旬   

2009年 05月 16日

こんにちは。dannaです。また目黒までお寿司食べに行ってしまいました。。
今回は「あの」ワイン王子様とご一緒に。楽しんで頂けるでしょうか?大丈夫だと思うけど。

アンコウの卵とウドの冷やし汁。アンコウの「布」の中のやつですよね?初めての食感。
a0091907_164733.jpg


蝦蛄の出汁巻き玉子

初鰹、いさき(伊豆)
いつもは和辛子に淡路の玉ねぎと醤油なんですが今回は醤油が行者にんにく醤油に。揮発性の香りが効きます。イサキが熟成されたうま味がつよくて驚きました。いさき美味しかったです。
a0091907_182479.jpg


アワビ、蝦夷アワビと青森食べ比べ。
生アワビ特有の粘りがうれしい。塩もなしでぶつ切りで。食べた部位によるのかもしれませんが、青森のほうが歯切れもよくさわやかで、蝦夷アワビのほうが香り強く身にも粘りがあるよう。どっちを選ぶかといえば、、、、両方食べ比べて楽しむがやっぱり正解。
a0091907_193333.jpg


蒸しもの。たけのこと芝エビのたたきを春巻きの皮、さらに筍の皮で包んだもの
これは香りが素晴らしかった。親方の講釈待ちの時間になんど嗅ぎこんだことか。新鮮なタケノコと、生でもない完全に火が通ったわけでもないその中間の海老の香り。
a0091907_1101082.jpg


鬼サザエのかき揚げ、カレー塩
鬼サザエ、初めてです。火を通しても身が硬くならないのが特長だそうです。これは旨かったな。なんでしょうかこの貝としての味の濃さ深み。一度干すと出るような旨味。肝も旨くてちょっと感動しました。
a0091907_1104878.jpg


新作の創作料理。奄美の島バナナ、鮪赤身、日本鹿肉を包んで揚げたもの。鮪の魚醤とパルメジャーノで味付けされています。島バナナの酸味に触発された料理だそう。鮪の酸味、鹿肉の酸味を魚醤の風味とパルメジャーノの油分がまとめてます。一口目ももちろん旨いんだけれど、二口目にピンクペッパーを振ると格段に引き締まります。ペッパー必須。
a0091907_11256.jpg



パッッションフルーツのヌタ、今回は青柳と鳥貝、黄ニラ

シャコ貝、新ゴボウ、白ワインで煮込んだもの。身をいただいたらシャリを入れておじや風に頂きます。
a0091907_1124389.jpg



さてお酒も進んですっかり楽しくなってきたところで握りです!
稚鮎。食べた瞬間に鼻にすっと抜けるさわやかな香りが。。なかに川海苔が挟んであるのです。良質な茶葉のような香りです。
a0091907_1134095.jpg


豆鰺、赤酢、白酢
このくらいの時期から美味しくなる鯵。コハダではなく鯵の〆物でした。豆鯵一匹で一貫。鯵の身の柔らかさが良いんだと思います。赤酢、白酢二種類。私は赤酢派かな。
a0091907_114810.jpg


白魚、芝エビおぼろ。この時だけ赤酢のシャリになってました。どこまで美味しいもの食べさせたいんだろうか。
a0091907_1145614.jpg


鯛の白子。えぇえぇとっても美味しいです。
a0091907_1152887.jpg


カタクチイワシ、パッションフルーツ風。カタクチイワシの握りなんて、、しかもパッションフルーツって。この店じゃなかったらふざけてるのかと。ええ、でも旨いんです。
a0091907_1155473.jpg


金目漬け
a0091907_1162464.jpg


赤身漬け
a0091907_116531.jpg


あおやぎ
a0091907_1222715.jpg


ちあゆのあたま、干し揚げ。これがね、、すっごく美味しかったです。全体に揚がり具合がとっても軽やかで、しゃくっと消えてしまいそうなのに、、一度干してあるからか味も濃い、しかも香りも良い。もうお茶にしてたのに再度お酒を注文してしまいました(笑)
a0091907_1175296.jpg


・トロ
a0091907_1182035.jpg


・煮あなご
a0091907_1185720.jpg


・鰺の漬け
a0091907_1225110.jpg


また今回も食べてしまいました。。料理はもちろん、握りも「これは食べておくべきだ・・」というものばかりなんですよね。全然我慢できません。いやこれでも何貫かは食べずに帰ってきたんです。でももっと食べたいものあったのに。。ワイン王子様ももう一人の同行の方もとっても楽しんでいただけたようで嬉しかったです。この日は親方の講釈に加え、ご一緒したお二人から魚や料理についての話を聞くことも出来てさらにこの店のお寿司を楽しむことができました。誰と食べるかって本当に大事ですよね。
[PR]

by t0k0san | 2009-05-16 01:20 | グルメ 寿司

目黒の鮨屋   

2009年 04月 15日

年末にお店へ伺い、おせちもこちらでお願いして以来、大ファンの
「目黒の鮨屋」へ行ってきました^^。
前回は子供も一緒。今回は大人だけで集中していただきました☆


結果から申しますと・・・
すっごく楽しかった!!(笑)
めちゃくちゃテンションが上がって、普段ではありえない量をいただきました。
でも、お腹がいっぱいでもう入らない。なんて思わなかったんです。
どれだけ楽しく、はしゃいでいたかわかりますよね^^;


この日もカウンターは満席。 一斉に始まります。
まずは大将のいつものごあいさつ。 
「一品ごとに説明するから、さきにたべないでね。
           勝手なことすると勘定100倍にするよ」

を聞いて、スタートです(笑)


奄美はりせんぼん皮煮こごり 

三河しゃこ出汁巻き  蝦蛄の歯ごたえと、出汁、卵の柔らかさは食べるほど
お腹が空いちゃいます。
a0091907_11293856.jpg


鹿児島 初かつお  引き網漁のかつお、大将の説明では、一本釣りだと沖のもの
が多く、それは脂が多くて初ガツオの香りやほのかな苦みを感じにくいそうです。
何でも「脂が乗ってればいい」という物でもないですもんね♪
a0091907_11305711.jpg

粋な縞模様もいい! 初がつおにはたくさんの薬味は要らないと思うので、針茗荷
が添えてあるだけのこの鰹、うれしかった
a0091907_11312331.jpg

ポン酢、すりおろした玉ねぎ、からしで。 前回も書きましたが、玉ねぎの揮発性(?)
を感じる味と、一瞬ツキーンと抜けるからしが好相性なんです。
a0091907_11314658.jpg



お酒:明鏡止水 初しぼり


子持ちやりいか 年を超すとやりいかは子持ちになるんですって。こちらでは
それぞれ別のツメを使っているそう。 これにはやりいかだけを30年煮てきたツメ
醤油、酒のみでいっさい砂糖は使っていないもの。深みのある甘さでした。
a0091907_11312557.jpg


能登のあん肝  すっごくやわらか。くせのない味。「お酒が進んじゃうわぁ。」と食べて
いたら、「1切れ残しといてっ!」と大将。 
a0091907_11322083.jpg

残した「あん肝」を自分でつぶして作る「肝ぽんず」 
a0091907_11333993.jpg

さざ波鯛   この名前を初めて聞きました。ちょっと調べても分からないの☆
         烏賊かと思うような歯ごたえ、淡泊な白身の味。
a0091907_11325216.jpg

クエ  クエのお刺身本当に美味しい。 
白身の歯ごたえがしっかりあるのに熟成された味はなんて贅沢なんでしょう。
この日以来、私の「白身ランキング№1」に輝きました(笑)
a0091907_1134155.jpg

大将に勧められて、クエを肝ポン酢でいただきます。 う~ん。もったいないけど最高!
だけど、クエの味をよく知った人が食べる、贅沢な食べ方のような気がします。 
私はまだ「お醤油派」で^^;


お酒:鍋島 瓶発酵させたお酒。蓋を開ける時は要注意! お酒担当の奥様は15分
くらい蓋を押さえていました。


パッションフルーツの沼田(ぬた)a0091907_1141284.jpg

パッションフルーツの味噌は甘酸っぱく、舌がリフレッシュされます。
一緒に合わせたのは、ねぎ、赤貝ひも、 ほっき。ねぎのぬめり、貝ひもやほっき貝
のシャキシャキ、コリコリした歯ごたえも楽しい。


あんこう煮物
a0091907_11411286.jpg

私の好きなコラーゲン料理です♪ 皮、肝臓、腸、胃袋、骨、身すべて入っています。


えび醍醐煮
a0091907_11415644.jpg

さくらんぼ塩漬けを芯に、芝エビのすり身をサワークリームでまとめたもの。
優しい味ですが、さくらんぼと桜の葉の塩漬けがいい塩梅で味の核になっていて
美味しい!



フキノトウ味噌 通常はフキノトウを炒めて作るそうですが、こちらのは油ゼロ。
山菜の苦味が甘みのある味噌といい感じ。 
a0091907_11421795.jpg


島にんじん 奥様のご出身石垣島の島人参のソテー。
a0091907_11425147.jpg

たら白子が乗っています。上にかかっているソースはにんじんとたんかん、
赤酢、白ワインソース。 赤酢のしゃり(右下)は残ったソースをつけて食べます。



ここまでたっぷり、お酒もお料理もいただきましたが、調子は絶好調のまま
にぎりです。
今までも十分においしいのですが、やはり江戸前の握りはこの店の本領発揮!

こちらのお店では、カウンターの方には手から手への手渡しでにぎりを
くださいます。
口の中でほろっっと崩れる柔らかさに握っても、これなら口に入れるまで崩れないし
良いですね!
それに私、お鮨を出されてなかなか食べない人を見るとイライラしちゃうのです★
お鮨が死んでいっちゃうでしょ!?手渡しだとこんな気持ちにもならないし、
食べることに集中できました(笑)


めじな  熟成鯛のような旨味。おいし♪
a0091907_11434154.jpg



お酒:秋田ふくいずみ



あんこうa0091907_11443831.jpg

とっても新鮮な肝が手に入ったそうなので、本当に一瞬蒸しただけの生っぽい肝が
のっています。 肝のなめらかさがすごいっ。


吸い物 鮪節のお出汁に桜の花の塩漬け
a0091907_11451740.jpg




こはだ 白酢(米酢)、赤酢、柚子酢、ジンライム酢から好きな物を選べます。
a0091907_11454440.jpg

12月に食べた時はジンライム酢がお気に入りでしたので再び♪
今回は、その時よりこはだに脂がのっている時期でしたので、ジンライム酢より
白酢で酸味がしっかり効いている方が合うみたい♪


白魚おぼろ  白魚の下には、ほのかに甘いおぼろが。この甘味が白魚の
ほろ苦さと最高に合っていました。
a0091907_11465151.jpg


きんめ漬け   美味しくないわけがない! 今回の握りベスト3の一つです(笑)
a0091907_11472079.jpg


がすえび
a0091907_11473945.jpg



めじまぐろ漬け
a0091907_1148089.jpg


青森 石垣貝陸奥湾  石垣貝初めていただきました。トリ貝の裏の味に似た
微妙なぬめりけ。噛みしめると、トリ貝より濃厚な貝の味はミル貝のよう。
a0091907_11483233.jpg


青柳  たけのこの香り  
a0091907_11485346.jpg

竹の子の皮に包まれてかるく火を通したそうで、青柳の独特の甘い香りと香ばしい皮の
香りが最高。 香りを食すってこのことね


焼き竹の子にぎり 
a0091907_11492230.jpg


くえ半身あぶり   私がとっても「くえの刺身」を気に入っていたので炙りで握って
くださいました。しかも半身のみ。あぶって濃くなったうま味と刺身とは違う柔らかさ。
 う~~ん、素敵053.gifa0091907_11495175.jpg


やっぱりこの店大好きです。
絶対に美味しいものをいただける安心感と、思いがけないものが出るワクワク感
はどんどんテンションを上げてくれるので、いつも楽しく美味しくいただけるんです。
大将のお話も楽しいし♪  どうもごちそうさまでした。
できたら、毎月行きたいなぁ。

P.S 
それにしても、長い記事にお付き合いくださいましてありがとうございました^^。
気に入っているお店のことは適当に書きたくないので、時間がかかってしまいます。
正直・・・疲れました^^:
次の記事のUPが遅くても許してくださいね(笑)

以前の記事は
ここここここここ
[PR]

by t0k0san | 2009-04-15 15:03 | グルメ 寿司

鮨屋のT   

2009年 03月 30日

素敵なお店に行ってきました♪
こちらも名前をお教えできないの。  ←ごめんなさい(--;)

でも、名古屋では噂になるほどのお店ですからご存知の方も
いらっしゃるはずですね。
車道にあるお寿司屋さん「T」さんへ伺いました。


私は今回が初めて♪♪
もちろん噂ではいろいろ聞いていましたが、それがちょっと
変わった話なんです。

お酒は置いてなくて、好きな物を持ってきて飲むようになってるとか、
風変りな造りのお店だから着物でこないほうがいいよ、とかとか。


そんな変わった話を聞いた後に、必ず言われる一言が
でも、すごく美味しいからっ(力説)」(笑)


これは行きたくなるでしょう? 
行きたいと思って、思い続けて2年。やっと実現しました(^^)


では、頂いた順にご紹介しますね♪
まぐろ中落ちの鉄火巻き  a0091907_15391347.jpg

お酒を美味しく、たくさん(!)飲めるようにまずは手巻き。シャリは控えめな量なので、
マグロの熟成感、ほのかな脂の甘みを味わました♪

江戸前の鮨屋はお酒を飲むことをあまり歓迎しない感じ(鮨を味わうにはお酒は
控えめなのがいいのは重々承知ですが・・・)があるから、飲兵衛の私には
うれしい気遣い^^。
                 

トリ貝
a0091907_15393359.jpg

今、貝類美味しいですよねぇ。これも肉厚で、甘味が強く、トリ貝の裏側の舌触りが
最高です。


カワハギの握り
a0091907_1540236.jpg

歯ごたえの良いカワハギ、上にはカワハギの肝。


桜鯛の兜蒸し
a0091907_15411281.jpg

すごく大きい桜鯛。 この時期ならではですね、きれいな色。
ご一緒した眼科のお医者様の前でいただく、鯛のおめめ・・・。
なんだか変に緊張しちゃった(笑) でも、ありがたく美味しく頂戴しました^^


ミル貝の天ぷら
a0091907_15413229.jpg

これ! この美味しさは目から鱗的な驚きがありました。
考えれば、刺身の味の濃さからしても、あぶった物の味からしても天ぷらが
美味しくないわけがないのに、どういうわけか今まで食べたことがなかったです☆
思ってもみなかった!  不覚っ!!



あん肝

河豚のから揚げ  と、続きます。 (写真がなくてすみません)

鱧の浮き袋  くにくにした触感でした。
a0091907_1543888.jpg


河豚白子の吸い物 a0091907_15441763.jpg

ぜいたくですよね。白子のお吸い物。 こくがあるのにすっごく上品な味のしんじょを
いただいているかの様でした♪

お腹がいっぱいになってきましたが、まだまだ続きます。

鱧の棒寿司と太巻き
a0091907_15443660.jpg


初鰹
a0091907_15434076.jpg


鉄火巻き 

この順番にお鮨が続くんですが、ちょっと珍しいですよね。
なにか意図があるのかしら? 次回はぜひその辺も聞いてみたいです^^。


本鮪のヅケ
a0091907_1547867.jpg

私は赤身が大好き♪ 存在感がある大きさは、熟して少し柔らかになって
いる身に程よい歯ごたえを出すためなのでしょうか、美味しい鮪でした。
お酒も美味し♪

真鯛の昆布〆(にぎり)
a0091907_15473111.jpg


握りよりも他の物を多く頂いたせいなのか、お鮨屋さんというよりは、和食のお店
に来たような感じでした。

ほがらかなお人柄の大将からは小難しいことより、「これ美味しいから食べてよ」
という感じで、それをいただいた人が美味しい顔をしたり、喜んだり、驚いたり
するのを見るのを楽しんでいらっしゃるのが伝わってきましたし、そんな大将を中心に
美味しい物がこれでもか!と出てくるお店はとても気持ち良い空気が充満していました。


最近思うのは、自然と何度も通うお店は店主さんが醸し出す雰囲気、店内の空気が
気持ち良いところなんです。
「美味しいお料理」と、「気が置けない仲間」でももちろん楽しいですが、そこに店主さん
が作り出す気持ち良い雰囲気が加わると、楽しさは何倍にも膨れ上がりますよね。
そのお店にいたときだけでなく、家に帰ってからも、翌朝も、その先まで
「あの日は楽しかった♪」ということになりませんか?

この「T」さんは私にとってそんなお店になりそうです^^。
連れて行ってくださいましたロイマさん、ご一緒してくださいました皆様楽しい時を
ありがとうございました056.gif



~お酒のお話~
さて、お酒はこの日もたくさんいただきました(笑)
こんなに飲兵衛な私でも、日本酒とワインを一緒に飲むとひどい二日酔いに
なるのです★
そんなわけで日本酒中心でいただきました。
a0091907_1548562.jpg

・醸し人九平次 別誂
・蓬莱泉 吟
・獺祭 磨き2割3分
・Meursault VV'96 (Arnaud Ente)
・Beaune 1er Cru Clos du Roi'82 (Domaine Jean Boillot)
・Ch.Latour'86
[PR]

by t0k0san | 2009-03-30 15:38 | グルメ 寿司