「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ワイン( 2 )   

京都日帰り旅行2   

2009年 04月 09日

桜、桜、桜もう満開をすぎてそろそろ散り始めてきましたね。

自分の家の庭じゃなければ(掃除が大変だから(笑))、散り際の桜はとっても綺麗。
どれだけでも眺めていられます。


3月の早咲きの頃から「そめいよしの」の今頃まで、話題に上ってしまう「桜」
普段自覚されていない方も、自分の中の「日本人」を見つけてしまうでしょうね^^。


さて、前回の記事「ささ木」さんの後は、もちろん「京の夜」も楽しんでまいりました。
「ささ木」を出た時点で、終電まで1時間半。
意地汚く楽しもうとしています(笑)


お次のお店に向かう途中にも「桜並木
水辺の桜はさらに綺麗emoticon-0155-flower.gifa0091907_16204579.jpg

お店の前の桜も立派です。
a0091907_16212033.jpg

この日はこちらのお店におじゃまいたしました♪
a0091907_16214770.jpg

鶉亭」さん。 ワインバー(?)です。
素敵! 京都には仕事柄何度も通っていますが、京都の夜は大人になってからのが
断然楽しい!!  3☆歳。大人の仲間入りをさせていただいております^^。

a0091907_1622103.jpg

見て見て! 窓を全開にして、夜桜を楽しみました
(2つ前の写真をごらんください。その2階の窓からの風景です。)
a0091907_1625337.jpg

雰囲気にのまれたのでしょうか、いい大人が揃ってはしゃいでおります。
着物を着ていた私が、祇園を卒業したママさん役でした(笑)

それから、こちらのお店ワインの品ぞろえがすっごい!
そして納得の(よりお値打ち感のある)お値段だったのにも嬉しい驚き。
京都での食事の後はこのお店に決めようかしら♪♪
[PR]

by t0k0san | 2009-04-09 16:25 | ワイン

'68の会   

2009年 01月 20日

すっごい会に仲間入りしてきました!

と、いいましてもその会は1か月以上前のお話で、ご一緒させていただいた
方々にかえって怒られちゃいそうですが^^;

その会はずばり「'68の会」
68年が生まれ年の主催者さまが、バースデービンテージを
楽しみましょうと開かれた会。

主催者さまとの面識もなかったのですが、最近仲良くしていただいている
素敵なおじさまからお誘いいただいて参加させていただきました。
着いてびっくり、開ける予定のワインを聞いてびっくりemoticon-0104-surprised.gif
そうそうたるメンバーです。

すごいでしょ?
1) 1976 Philipponnat Reserve Speciale
2) 1988 Domaine de Chevalier Blanc
3) 1968 Vosne Romanee (Doudet Naudin)
4) 1968 Echezeaux (Doudet Naudin)
5) 1968 Ch.Gguaud Larose
6) 1968 Ch.Latour
7) 1968 Ch.Lafite Rothchild
8) 1968 Ch.La Mission Haut Brion
9) 1968 Ch.Petrus
10) 1968 Ch.Cheval Blanc
11) 1968 Ch.Mouton Rothschild
12) 1968 Penfolds Grange Hermitage

まずは乾杯♪ 
a0091907_012878.jpg


a0091907_0145353.jpg

 
このワイン会半ばに早くも登場です!
1968 Ch.Latour と、1968 Ch.Lafite Rothchild
a0091907_0154739.jpg

左がCh.Latour 、右が Ch.Lafite Rothchild
a0091907_016125.jpg

こんな贅沢な飲み比べを経験してしまいました♪♪
そしてまだまだ続きます^^。

Ch.La Mission Haut Brion
a0091907_0232536.jpg

Ch.Petrus まだ早いねという意見がありましたが、メルローをこよなく愛している
私はこのペトリュスにメロメロになりましたemoticon-0152-heart.gif
a0091907_027458.jpg

a0091907_0283583.jpg

すっごい体験をさせていただきました。
一生分のお正月を迎えてしまったみたい☆
それにね、後日我が家でセラーの中のお気に入りワインを飲んだところ
今までは十分に美味しいと思っていたものに、大きなクエスチョンがついちゃった
んです。
ま、まさか、お口が肥えちゃったのかしら?!
そんなことになっても、こんなワインはそうそう飲めないですけどね^^;
でも思い出しただけで幸せになれる体験でした。
おじさま、そしてノムリエさま、ありがとうございました♪
[PR]

by t0k0san | 2009-01-20 08:00 | ワイン