「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

ふじ原   

2007年 05月 25日

このブログには良く名前がでてきます、「ふじ原」さんに久しぶりに
行ってきました。

実は、今日までの3日間主人が大阪に行っていて、昨日の夜は「ふじ原」
さんが16年間修行された大阪のお店「作一 本店」へ食事へ行ったそうです。
その話と、私のご機嫌とり(主人だけ美味しいものを食べに行ったので・・)
を兼ねて、今日は「ふじ原」さんに連れて行ってもらいました。

最近では、なかなか当日予約ができなくなってしまった「ふじ原」さん、
本日も美味しいもの勢ぞろいです。
お勧めの魚を聞きながら、豊富なメニューを見ながら、大阪のお店の話を
しながら。の満点気分で頂いたお料理です。

お刺身の盛り合わせ (鯛、太刀魚、さば、車えび、うに)どれもぴかぴかでしたが
特にうには海水づけですので、みょうばんを使っていないため変な苦味やにおい
がなく何もつけなくても甘みが上品で絶品でした。太刀魚も脂の乗りが最高。
a0091907_232602.jpg

ぐじ(甘鯛)とじゅんさいの吸い物 ぐじから取ったおだしが濃く、身も旨みが
きちんと残っていて、さらにじゅんさいの歯ごたえがさわやかで美味しかった。
a0091907_23263466.jpg

はまぐりのいしる焼き 九十九里産の大きなはまぐりを焼いて少量のいしるをかけた物
季節のものは最高に美味しいですね。
a0091907_23271860.jpg

太刀魚の焼き物 刺身でも食べられる太刀魚を一夜干しにし、焼いたもの。軽く干して
あることで旨みが増して、脂の乗った美味しい焼き物でした。
a0091907_23275535.jpg

天然うなぎの白焼き さっぱりとした、うなぎ本来の味。
a0091907_23283484.jpg

淡竹(はちく)の土佐煮 
a0091907_2329148.jpg

加茂なすと茗荷のさっと煮 どちらの野菜もさっと一煮たち。なのに美味しい。さわやか
なお味です。
a0091907_23293520.jpg

くじらの刺身 (身、胃袋、うね)臭みもなく、甘い身と魚ではない脂の感じがくじら独特。
思わず、おろかなまでの捕鯨反対運動と食文化について語りたくなるお味です。
a0091907_2330453.jpg

とうもろこしの天ぷら。 あまくて、素朴な味。
a0091907_23303726.jpg

少しお腹に余裕があったのとお酒がまだ残っていたので、つまみを出してもらいました。
げんげの干物。あのゼラチン質のかたまり、げんげがこんなに奥深い味になるなんて!
かみ締めるほどに旨みが増していきました。
a0091907_23311749.jpg

チーズのみそ漬け
a0091907_2332090.jpg


ふじ原
名古屋市東区泉1-1-4-23 ホワイトメイツ2階203
052-959-5153 

[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-25 23:32 | グルメ 和食

美味しい魚でお料理   

2007年 05月 20日

「刈谷ハイウエイオアシス」ってご存知ですか?
最近ところどころで見かける観覧車などがある高速道路の
サービスエリアですが、刈谷・・には1階に市場のような
売り場があり、近くの農家で取れた野菜や新鮮な魚がお値打ち
に売っているんです。
品揃えもなかなか豊富で、やさいだったら、フレンチの付け合せに
できそうなミニ野菜から、金時草などの変わった野菜まであり、魚
は養殖ですが、デパートで買ったら7,8千円くらいしそうな真鯛が
3000円で売っていて、もちろんうろこを引いたり、わたをだしたりなど
の下処理もしてくれます。ただし、野菜も魚も品揃えが安定しているわけ
ではありませんので、「今日はコレをつくろう」などと決めてお買い物に行く
のには向いていません

この日は野菜が金時草、スナックエンドウ、ミニかぶ、トマトと揃い
魚も黒鯛、真鯛、ほうぼう、いわし、ミル貝などいろいろな種類が、一箱いくら
という感じで、とても安く手に入りました。
こんな日は夫婦そろって、買い物心、お料理心に火がつきます。3人家族では
食べきれない量を買って、帰り道友達に電話をかけ、夕食にご招待しました。
(相手の都合も考えず、いつも勝手に決めて誘っています。すみません。)

そんな我が家のメニューです。
トマトとスナックエンドウ、自家製鳥ハムのサラダ
a0091907_1745822.jpg

ミル貝の鉄板焼き 師崎でおぼえた食べ方です。新鮮なミルが手に入った時は肝を
鉄板で軽くあぶっていただくと、甘みが増して最高です。もちろん身をあぶっても
美味しいです
a0091907_1755152.jpg

坊ちゃんかぼちゃのバター蒸し 丸のままラップに来るんでレンジで蒸しただけ。
ホクホク感と、しっとりした感じ、甘みが一体になっていくらでも食べられます。
a0091907_176321.jpg

ほうぼうのパエリア スープはほうぼうの骨や頭でとりました。新鮮な
ほうぼうをどっさり使ったので、旨みが凝縮しサフランの風味と良く合いました。
a0091907_1771767.jpg

余談です。家の主人の趣味のお料理好きが高じて魚をこんなにきれいにさばける
ようになりました。魚をおろすのは主人担当です。
a0091907_1774788.jpg

[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-20 14:48 | レシピ

篠島 真砂 悠々庵の食事   

2007年 05月 06日

篠島でいただいた海の幸。
どれもこれも美味しく、普通お刺身の盛り合わせって舌が飽きてきて
そんなにいただけないものだけど、ひとつひとつあざやかな味と甘み
に完食できるほど。
また、海草が素晴らしく美味しくて、わかめやめかぶはもちろん、刺身
のツマであるてんぐさまで美味しく、思わず宿の人に「てんぐさ、美味しい
ですねー。」っというと、「島の人は海で拾ってきます」と返されました。
まさに自然の恵みですね。

そんなわけで、この日いただいた夕食はです。
ワタリガニ しっかり食べてしまうと後が食べられなくなりそうなため、食べやすい
ところのみいただく、という贅沢な食べ方をしてしまった。
a0091907_0544853.jpg

前菜 煮えび、シャコ、てっさサラダ、のりの佃煮など
a0091907_0551217.jpg

お刺身の盛り合わせ 平貝の表面があぶってあったり、鮑やその肝、鯛、伊勢海老
など盛りだくさんの中にも味に変化があるのでぺろっと完食。
a0091907_0554195.jpg

たこの丸湯で ただ豪快にゆでてあるだけ。それが美味しい。柔らかいのに
ぶりっとした歯ごたえがあって、磯のかおりのする豪快な味。
a0091907_0561635.jpg

わかめとめかぶのしゃぶしゃぶ お湯にくぐらせると鮮やかな緑に変わり、梅肉の
ポン酢でいただきました。
a0091907_0564459.jpg

さざえのエスカルゴ風香草バター焼き いきなり毛色が違いますが、かえって
舌に新鮮で美味しくいただきました。
a0091907_0572119.jpg

しらすのかき揚げ
a0091907_0575156.jpg

写真にはないですが、サザエの後に煮魚がでました。でもそれは、さばの煮つけで、
美味しいけどここまでそろった後にいただくには平凡すぎました。そこが残念。
 かき揚げのあとはお茶漬けとデザート(パンナコッタ、プリン、ケーキなど3,4種
の盛り合わせ)がでてきました。
そして翌朝、お刺身の盛り合わせにでた伊勢海老の頭のお味噌汁。
朝からしみじみ美味しかった。
a0091907_0582799.jpg

篠島でとれる魚はやっぱり美味しい。島の人も良い。景色も良い。
こんなに近いのに世間に汚れていない感じ?でした。
ただ、こんなに美味しい魚がとれるのに、市場が一般に開かれていないのが
残念。新鮮な魚介を買えるお店もみつからず。
うーん。篠島。それでいいのかしら?そこが良いのかしら??
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-06 00:46 | グルメ 和食

篠島に行ってきました。   

2007年 05月 05日

いまだにGWねたを引きずっております。
GW後半。急に思い立って以前から興味があった、篠島に行ってきました。
目的はもちろん海の幸。
この時期のしらす、桜鯛。きゃーっです。
特に篠島の鯛は「御弊鯛(おんべだい)」といって、毎年伊勢神宮にご奉納
される鯛。楽しみです。

早速お宿をさがし、今回は「真砂 悠々庵」さんに泊まりました。
ここは、もともと小料理屋のような居酒屋を経営されていて、そこのご主人が
新しく民宿をたてられたようで、しかもご主人は以前イタリアン料理のシェフで
いらしたというちょっと変り種。外観やお部屋、お風呂も新しく気持ちの良い
造りになっていました。

篠島には師崎港からフェリーで10分足らず。
師崎には何度か来ていますが、ここから先は始めて。
まだ2歳前の娘を連れて旅行をするには近い割りにフェリーが旅行気分
を盛り上げてくれて、なかなか便利で良い感じです。
a0091907_1543465.jpg

お宿
a0091907_155252.jpg

島の高台からの景色
a0091907_1555249.jpg

あまりのなにもなさにびっくりしましたが、お散歩して、海辺に行って、温泉に入って。
たまにはこんな風にゆっくりするのもいいですね。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-05 01:30 | 旅行

京都で食べ歩き    

2007年 05月 03日

京都2日目、朝から雨模様でしたのでアーケードのある錦市場へ。
ここは、佃煮、漬物、とうふ屋さんなど京都の食べ物屋さんがずらりと
ならんでいます。
たいていどのお店も試食ができますので、まさに食べ歩きエリアです。
そんな、錦市場で出会ったものは、

魚屋さんの串  マグロのカルパッチョ、えびのカクテルなどが串に刺さって
           売っていました。
a0091907_2054294.jpg

チョコレートコロッケ 甘みの控えめなチョコレートをコロッケに。そのままの味です。
a0091907_20545632.jpg

京野菜のお店で見つけた、「狼桃」(同じ名前でトマトジュースがあるそうですが、
それとは別のものだそうです) トマトですが、フルーツトマトの比にならない
ほど甘くて、と、いうより、まったく違った味。食用のほおずきの様な味でした。
お値段はびっくりするほど高く、1パック¥880- 思い切って買ってみましたが
これは試してみないとわからない味でした。
a0091907_2055338.jpg

その後雨も上がり、祇園へ。花見小路を歩いたところにあるカフェで一休みの
後、八坂神社前のさば寿司の老舗「いづ重」へ。
今回はじめて甘鯛の「ぐじ寿司」をいただきました。本来柔らかな甘鯛の身が
締まって甘鯛の味が良く分かり、酢飯の味と昆布締めにされた魚の味で、
お醤油はかえって邪魔になるほどに繊細なお味。
お値段は高いけど食べてみる価値はある美味しさでした。
ぐじ寿司 ¥4,000-(1本)
a0091907_20561187.jpg


a0091907_20563060.jpg

同じく、いづ重の「上箱寿司」¥2100- こちらもしっかりお味の付いた酢飯
と上に乗っている具のバランスがいいです。a0091907_2057593.jpg

京都には、さば寿司など押し寿司の有名店が多いですよね。簡単に挙げると
「いづ重」の他には「花折」「いづう」などでしょうか?
さば寿司はハーフサイズもありますので食べ比べも面白いかも。結構酢飯の味
が違うので楽しめると思います。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-03 20:49 | shopping

華暦 (エクシブ京都)   

2007年 05月 02日

エクシブ京都初日の夕食は、ホテル内にある日本料理の店
「華暦」です。ここは離れになっていて広々と落ち着いた造りです。
a0091907_10577.jpg


ホテル内のレストランとしては結構上のランクに入るんじゃ
ないかと思えるきちんとしたお味の美味しい日本料理をいただき
ました。印象的ではないけどまとまった美味しさでした。
ただ、日本料理の花形、椀物がいまいちすっきりしていないのは残念。
お値段は夕食の会席12000円、15000円、17000円とあり、今回は
12000円のコースをいただきました。

前菜 山吹胡麻豆腐 鱧落とし、新順才、根芋ゼリー寄せ等
a0091907_0382473.jpg

御吸物 丸吸い(すっぽんの御吸物) 丸の真蒸、水無月豆乳豆腐
a0091907_0412388.jpg

御造り1 鯛、中トロ、巻きえび、姫鮑(アジサイの花が入った氷柱の上に
      盛られています) 
a0091907_0483318.jpg

御造り2 馬刺し、水茄子
a0091907_050737.jpg

温物 加茂なす、鶉団子
a0091907_0514226.jpg

焼き物 鮎三昧(鮎の塩焼き、a0091907_0532179.jpg

     鮎蓼寿司、鮎素麺琥珀寄席
a0091907_0575295.jpg

油物 インカの目覚め黄身揚げ、新緑揚げ、無花果、グリーンアスパラ、
    キスモロコシ揚げa0091907_058428.jpg

食後の水菓子 黒糖プリン、メロンゼリー
a0091907_0592066.jpg


その後にコーヒーと和三盆がでてきました。和食にコーヒーが意外に良く、
勧められるままに和三盆を口に含んでコーヒーを飲むとまた違った美味しさ
のコーヒーになりました。一緒に飲んだ家族からの評判も良くて、早速真似
をしようと思います。良いお土産ができました。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-02 00:31 | グルメ 和食

エクシブ京都八瀬離宮   

2007年 05月 01日

会員制ホテル「エクシブ」が京都にも出来ました。
オーナーは早目から予約ができるみたいで主人が昨年から
予約をしていてくれて、GWに泊まることが出来ました。

場所は、市内から少し離れた山の麓。ですが、車があれば
四条河原町まで30分でいけるし、ホテルの横には叡山電鉄
の八瀬駅もあるのでエクシブにしては交通の便が割りと良い
ところにあります。

京都というイメージから和風建築を想像していたのですが
近代美術館のようなエントランスにちょっと戸惑いました。
ロビーやラウンジ、エレベーターホールなども他のエクシブに
比べると小造りでしたが、京都では土地が少ないし、仕方がない
のかな?でも、エクシブ初のきちんとしたバーがあって、雰囲気
や対応もさすがにきちんとしてうれしいですね。

お部屋
a0091907_19163375.jpg

お部屋の浴室 
a0091907_1917223.jpg


そんなわけで、しばらく京都でいただいたものをブログにUPします。
よろしくお付き合いくださいませ。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-05-01 19:02 | 旅行