「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

ローマ三丁目   

2007年 09月 30日

「ローマ三丁目」という変わった名前のお店をご紹介します。
内緒にしたいほど好きなお店です。

一応ジャンルわけをすると、イタリアンになるのでしょうか?
気取ったところはまるでなく、好きなワインを雑にがぶがぶ飲んで、
ワインにあう、美味しい料理をがつがつ食べるお店です(^^)
こういうお店大好き。名古屋には珍しいお店です。

このお店は、錦の入り口近辺にあるビルの2Fにあります。
入り口は看板があってもわかりにくいのですが、いつも美味しいものが好きそうな
お客様でにぎわっています。

カウンター8席ぐらいとテーブル4,5席程度の小さなお店の中で、
本当に小さな厨房なのに(しかもオープンキッチン)、炭火で豚足や豚の顔、
ミノやハツなどの内臓系まで焼いて、においと煙を充満させています。
a0091907_22502284.jpg


その反面?鹿のカルパッチョやエスカルゴ、ピーマンのムースやホワイトアスパラガス
などを使った、豪快なだけじゃない気の利いたメニューもあるんです。
かなりの数のメニューがあり、どれを食べても美味しく、しかもそれを一人で料理する
店長さん。ちょっと?変わった方ですがすごい!!

本日のお勧めメニュー(これで半分。そしてその他にスタンダードメニューもあります☆)
a0091907_22573547.jpg

この方が店長の「ほっしゃん」 星つきレストランからビストロまでこの人の持っている
美味しい店情報はすごいです。情報が早くて、お勧めされる店は確実に美味しい!
a0091907_2301123.jpg

レバーペースト
a0091907_235524.jpg

赤ピーマンのムース
a0091907_2364418.jpg

エスカルゴ
a0091907_2381198.jpg

コテキーノ
a0091907_2391717.jpg

どのお料理もシンプルで素材の味が前面に出ています。それに絡まるように下味
でつけられたハーブやガーリック、スパイスの味がいきていて大好きなお味。
お酒が飲めない方も美味しいと思いますが、ワインが好きな方はなおさら気に入って
いただけるお店です。

余談。
先日、主人がうかがった日に「dancyu」の取材が偶然あったそうです。
載ったら絶対に混んじゃうから、その前にもう一度行っておこうっと(^^)

「ローマ3丁目」
住所】愛知県名古屋市中区錦3丁目19-21
【電話】052-951-6062
※ビルの名前はわかりませんが1Fが「赤ひげ薬局」の
ビルの2Fになります。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-30 22:35 | グルメ イタリアン

烏骨鶏(ウコッケイ)スープ   

2007年 09月 29日

こんにちは dannaです。
先日、ふじ原さんご家族を招いて我が家で食事会をしました。
前回妻が書いたように主に鹿のアキレス腱(鹿筋、ロチン)を食べる会だったのですが、
さすがにそれではお腹が満ちないので烏骨鶏(ウコッケイ)のスープをつくることにしました。

烏骨鶏(ウコッケイ)の参鶏湯(サムゲタン)はソウルで食べたことがありますし、
もも肉の炭火焼も食べたことがあります。でも自分で買うのは初めてです。
今回は大阪の食材店からネットで購入。スープにするので当然丸です。
結構手頃で意外でした。

a0091907_091279.jpg

烏骨鶏丸ごと。内臓は抜いてありますが、顔まで付いてます。
とさかもクチバシも全部真っ黒です。

a0091907_0102914.jpg

まずは丸ごと茹でます。熱湯に投入して再沸騰まで。
皮にお湯をかけて捌きやすくします。

a0091907_0115069.jpg

捌いたところ。足です。
爪の先まで黒い。グロいなぁ。でもこれが旨いんです。知ってる。
同様に全身捌きます。今回入れなかったのは頭と腹の軟骨のみです。
あとは全身入ってます。

a0091907_0125572.jpg

これは一緒に煮込んだ材料。薬膳系のもの
棗、党参(庶民用人参)、当帰、淮山(わいさんー干した山芋)
この他にネギ、生姜など。

薬膳の材料と、捌いた烏骨鶏全身を水、酒とともに
器に入れ、器ごと三時間くらい蒸し上げます。

a0091907_014048.jpg

できあがり!(スープには塩、しょうゆで味付け)

見た目にはきれいじゃないし、烏骨鶏のおいしさを知らない人は
写真を見てもまったく食欲わかないでしょう。
でも烏骨鶏のうまさを知っている人はたまらないんじゃないかと思います。
本当に5分蒸すだけで最高のスープの予感の香りがします。

そしてやっぱり旨い!
しっかり蒸しあげて。ほろりと身が崩れるほどに調理してあるので
大きめの一羽があっという間に骨の山にかわります。
もちろん主役はスープなのですが、そのスープも土鍋二杯分をあっという間に完食。
みんなしてクチビルがテラテラに光ってます。

そしてなんと!女性は注目!
鹿筋(ロチン)のせいか、烏骨鶏(ウコッケイ)のせいか、
翌日以降、ものすごくお肌がピチピチプルプルスベスベです。
エステ10回分くらいの効果がありそうなほど。(笑)
おいしく楽しく食べて、しかもお肌に効く。また近いうちに作ってしまいそうです。

ちなみにこの日食べた他のもの

a0091907_751247.jpg

酔っ払い蟹。1ヶ月もの。身が溶けてました。
でも旨味はたっぷり。ちゅうちゅう吸います

a0091907_7572135.jpg

スズキと野菜の炒め物。鶏出汁とスダチでさっぱりと。

a0091907_7575573.jpg

四川風麻婆。我が家の定番です。花椒たっぷり


たくさん作って、たくさん食べて、たくさん飲みました。
それなりに美味しく出来たみたいです。お客さんにも喜んでもらって
安心しました。緊張したけれど。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-29 00:02 | レシピ

鹿筋(ロチン)を料理してみました。   

2007年 09月 26日

このブログを続けて早いもので、今回が100件めの記事になりました。
飽き性で、まめなところがまったく無い私がよくここまで続きました。
これも皆様と、ブログを通じて交流できるようになったからだと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いします(^^)

さて、記念すべき100回目は主人がいつも以上に頑張ってお料理した
お話です。

去年出張先の上海で買ってきた食材、「鹿筋」、鹿のアキレス腱です。
調理法どころか、食べたことも無いので、まずは調べることからスタート
です。

これが「鹿筋」ロチンです。
a0091907_13381253.jpg

3日前からカンスイで戻します。カンスイでロチンを煮立たせないように沸かし、冷ます。
そのカンスイを半分捨てて水をかわりにいれてまた沸かして、冷ます。を繰り返します。
戻すまでに時間がかかり、二日酔いでも夜中にこれを繰り返した主人は立派!!(^^)
a0091907_13443232.jpg

何度か繰り返し、だいぶ戻ってきました
a0091907_13454270.jpg

完全に戻した状態
a0091907_13472618.jpg

これを前日からとっておいた「鶏がらスープ」で料理します。このスープはもみじ(鶏足)
や手羽先が入ったコラーゲンたっぷりスープです。
まずはブロッコリーの芯を添えた、塩味のもの。あっさりしたスープは前菜にピッタリ。
薄味でも臭みはなく、ロチンそのものの歯ざわりが楽しめました。
a0091907_1350099.jpg

干ししいたけと丸揚げしたにんにくを入れて煮込んだ、しょうゆ味のもの。対照的に
旨味たっぷりのスープ。それをロチンがよく吸っていて美味しい。さすがに時間をかけて
戻しただけのことはあります。
a0091907_13513650.jpg


口に入れたときは「牛筋」のような感じですが、もっと太くてざっくりとした歯ざわりと
ねっとりした感じは別物。牛筋の味の絡まりかたが「しみ込む」としたら、ロチンは「吸い込む」
感じで、わずかな違いで、ロチンのほうがスープをより感じるのですが・・・。
伝わりますでしょうか?

また、なんとこの日のゲストはあの、「ふじ原」さんの大将とご家族。大将からも「うまいね」
と、お褒めの言葉をいただいちゃいました。主人の頑張りも報われたかしら?だいぶ緊張
したようですけど(^^)

この日は「ロチン」だけではお腹が満たないので、「ウコッケイ」のお料理もしました。
そちらのお料理もほめていただいたのですが、その話は次回。
またみてくださいね☆
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-26 13:38 | レシピ

DINING 六区   

2007年 09月 24日

我が家の周辺、東区がどんどん変わってきています。
新しいレストランが増え、もうすぐ「ハリーウインストン」もOPEN
します。
どうやらこのあたりは、インテリアSHOP中心の落ち着いたエリア
になりそう。そうなると、こじゃれたCAFEやレストランが増えそうで
うれしいですね。

さて、そんな中4ヶ月前にOPENした「DINNING 六区」さんへ
おじゃましました。

以前主人がみつけ、さっそく今回私が一人で偵察に(^^)行ってきました。

テーブル席とカウンター席に別れ、力み過ぎなくてもよい、リラックス
できる内装に好感が持てます。
a0091907_13185258.jpg


メニューを見た感じでは、「カジュアルフレンチとワインのお店」
こういうのはこの辺りにはなかったスタイルなので、早くも
1ポイント先取です。

まずは、最近はまっているシェリーを飲みながら、メニューを熟読。
a0091907_12505146.jpg

そうしている間にお口取りの盛り合わせが2段のプレートにでてきて
6~7種類の中から3種類選ばせてくれます。

前菜にマッシュルームに鶉のムースを詰めたものをいただいて、
その後は手長エビのサラダ仕立て、黒トリュフ添え

どちらのお料理も素材の味がしっかりしていて、シンプルな味付けが
ピッタリです。
エビのサラダに合わせた白ワインはどんなものがいいのかという話
から、マネージャーさんと話がはずみ写真を撮り忘れました。(^^;)

つづいて、イベリコ豚のコンフィ カシスソース(だったと思います)
グラスでいただくブルゴーニュにあわせて、メニューに載っていないもの
をつくっていただきました。a0091907_1345144.jpg

a0091907_1333024.jpg

村名以下のワインでしかも、グラス売りできるワインのポテンシャルが
こんなに高いのは意外。特にブルゴーニュのグラスワインは薄くて
すっぱいだけのワインをだされることが多いのに、すごいです!
ブルゴーニュの中でも力強いお味。ソムリエの資格をもたれている
シェフが、「鴨以外でこのワインに合わせたお料理を」というオーダーに
作ってくれたのが上の写真のお料理です。

このシェフとマネージャーさんは以前錦のワインバー・レストラン
「シェバリエ」さんと「ビンテージ1970」さんで働かれていたそうです。
納得☆

気分がいいと、なぜか食後酒をいただいてしまう・・。
もちろんこの日も。
a0091907_1317388.jpg

今回はアラカルトでいただきましたが、9時までに入るとピンチョスみたいな
小皿料理が、15種類くらいの中から6種類選べて、パンも付き、¥3,800-
という、うそみたいにお値打ちなSETもありました。

このワインとお料理の味でこの値段はかなりお得だと思えます。
きっと混むお店になるだろうから、近いうちにまた行かなくちゃ。
ワイン好きな方ご一緒しませんか?

DINING 六区
名古屋市東区泉1-20-6 エミール泉1F
TEL:052-951-6939
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-24 12:42 | グルメ その他

鶏肉のトマト煮   

2007年 09月 21日

いつもいつも外食しているわけではなく(あたりまえですが(^^))
とくに今週はお家ご飯が続きます。

はずかしながら、我が家の普段の夕食です。

鶏肉のトマト煮
a0091907_12502548.jpg

1、塩コショウした、鶏肉を焼き白ワイン2カップで15分煮る。
2、トマトのホール缶をつぶしながら加えて、下ゆでした大豆を入れる。バジル、オレガノ、
ローリエと一緒に10分煮る。
3、最後にソースがもったりするまで煮詰めて、塩コショウで味を調えて、できあがり。

秋刀魚ロール
a0091907_1255596.jpg

a0091907_12552961.jpg

※3枚におろした秋刀魚を塩、こしょう、にんにく、オレガノ、ディルで軽くマリネ。
 くるくる巻いて、端を楊子でとめてオーブンに入れる。それだけ☆

a0091907_1342815.jpg

簡単、短時間お料理にはお値打ち、デイリーワイン。「ANSELMI」
少し甘めで、癖のある味ですが、きつめに冷やして飲むとちょうど良い味に♪

このグラス。リーデル社の「Oシリーズ」は本格的ワイングラスの足がないシリーズ。
雑に洗っても、手を滑らせてグラスを割ることも無く重宝してます。
ワインも水のように、ぐびぐび飲んじゃいますけど・・★

以上。雑な我が家の食事でした☆
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-21 12:56 | レシピ

鴨の焼肉   

2007年 09月 19日

3連休明けの昨日、私のブログを見てくださった方がすごく多くて
びっくりしました☆
でも、とてもうれしい(^^)皆様これからもよろしくお願いします。

さて、今日は家で鴨の焼肉をした話です。

以前sakaeさんのブログをみて、「バルバリー種の鴨」を養殖
販売しているお店「美山バルバリー」へ行ってきたのですが、そのとき
購入した胸肉をこの日にいただきました。

冷凍肉を半解凍して、5ミリくらいの厚さにスライスします。いい色♪
a0091907_10141671.jpg

a0091907_10144643.jpg

この日はシンプルにいただきたい気分でしたので、あえてソースは用意せず。
塩にこだわります。
「藻塩焼き製法」でつくられた「海人の藻塩」
a0091907_10271630.jpg

そして、すだちポン酢としおポン酢にゆずこしょうを用意します。
a0091907_10283458.jpg

焼いているところ
a0091907_10291961.jpg

a0091907_1029514.jpg

鴨の脂身からジュウジュウ脂が出て、その脂で野菜を焼きます。

う~ん☆ おいしい(^^)
ビールもすすみます。 鴨、最高!
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-19 10:05 | お家グルメ

Cucina Italiana Selvaggio (セルヴァッジョ)   

2007年 09月 18日

昨日に引き続き、イタリアンランチ第2弾です。

我が家の近く、徒歩圏内に偶然、素敵なイタリアンレストランを
見つけました。

これは、もう一度仕切りなおしのチャンス?!きっと神様の
思し召しだわ。とかなんとか無理やりこじつけて、迷わず
ドアを開けていました。

店内は、コの字の2面が全面窓で明るく、オープンキッチンなのもあり
開放的で気持ちがいい。
グラスはイタッラのものだし、手触りの良い木地の椅子(名前思い出せ
ません)も素敵、そして気持ちの良いサービス。

「すき!!好きな感じ。きっと美味しい」とテンションがあがります(^^)
そんな幸先よく、始まったお食事です。この日もメイン付きのコース¥2,800-
をいただきました。

前菜 自家製パテ、水牛のモッツァレラとトマトのサラダ、ホタテの香草焼き
a0091907_8412468.jpg

フレッシュポルチーニのタリアッテレ:ポルチーニの香りが最高です。
a0091907_843974.jpg

ウチワエビのパスタ:旨味が凝縮したソースがよく絡んで美味しい。
a0091907_844510.jpg

パンも美味しい!自家製酵母のパン
a0091907_8445643.jpg

うろこを立てたアマダイ、島オクラのフリット添え アサリのスープ仕立て
a0091907_8503163.jpg
衣がついていることでアサリのスープを吸って食べやすく美味しい。
いいアイデアだと思いました。

デザートは2種類から選択
リコッタチーズとナッツのタルトとピスタチオのアイス
a0091907_852935.jpg

カタラーナ
a0091907_8525133.jpg

どのお料理も丁寧に作られていて、美味しく頂きました。
全体に少し塩が強かったのでそのように伝えたら、丁寧に対処していただけました。

パスタコース(¥1,800-)も前菜は3種盛りあわせですが、メインコースと3種類とも
内容を変えてあるのがすばらしいです。
メインはシェフがその日のいいものを仕入れてくるので1種類のみ。この日はアマダイ。
選択の楽しみは無いかもしれませんが、その分まちがいの無いものがいただけて
それも楽しいかもしれません。(この日いただいた感じでは、きっと美味しいものが
でてくるでしょう)

いいお店みつけた。また伺いたいです。

余談
子供用カトラリー。あまりにもかわいらしいので写真を撮りました。
アレッシイのもの。
a0091907_974517.jpg

Cucina Italiana Selvaggio
名古屋市東区泉2-25-23泉グランドビル1F
TEL:052-935-2781
営業時間:
11:30~14:00
17:30~22:00
定休日:月曜日
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-18 08:37 | グルメ イタリアン

悶々ホルモン  KOJI苑   

2007年 09月 16日

こんにちはdannaです。
このタイトルは私が好きな某雑誌の連載のタイトルです。お分かりになりますか?

毎週この連載を読んで刺激されているのですが、先日、会合が早くおわりKOJI苑のちかくにいたのでこれ幸いと寄りました。
KOJI苑さんは飛騨牛の内臓系を得意とする焼肉屋さんです。
焼肉にはめずらしくカウンター主体で、ワインやシェリーも豊富。いつもは楽しそうなカウンターを尻目に二階のテーブル席で家族で食べてました。
今回は初のカウンター席。男一人でもくもくと内臓を焼き、酒を飲みます。
これはこれでとても楽しい。
残念ながら携帯の写真なので肉の質はあまり伝わらないかも。。実物はどれもジュエル(連載からのパクリ)ですよ!

今回頂いたのは、

a0091907_0393327.jpg
レバ刺。臭みはなくて旨味がしっかり。舌にまとわりつきます。
ゴマ油はなくても十分。

a0091907_040936.jpg

ミノ。厚く太い短冊状。ピカピカです。
ときどき薄切りのものもありますが、あれは好きになれません。
かといって口いっぱいにほうばるのでは噛むばかりでうまくない。
ここのはかなり良いです。

a0091907_0451142.jpg
まるちょう。こちらは味噌ダレで。小腸を裏返したもの。
たっぷりの脂が逃げ場を失って中に詰まってます。弾けて暴れます(笑)
となりでごはんを食べてるのがうらやましくなる味。でもごはんは食べません。
飲むから。

a0091907_0411583.jpg
ミノとまるちょうをやいているところ。

a0091907_0415345.jpg
ハツモト。ハツの仲間と思いきや、大動脈でした。
それにしてもきれいな薄いピンク。こりこりしてかつ程よい弾力。
一味をふって頂きます。

a0091907_0422444.jpg
ギアラ。第4の胃だそうです。
大将の説明によると、ホルモンの脂にミノの触感!
それは食べるでしょう(笑) 当然うまい!
さらに皮のような伸びる感触もあります。複雑怪奇。

a0091907_042583.jpg
ハツモトとギアラを焼いているところ。

このほかにも何か食べたような。。
きゅうりをちょっと食べただけでひたすら内蔵系を焼きました。
ごはんやスープなどは一切なし。文明人としてギリギリです。

こちらはこのほかにもテッポウ(直腸)や、フワ(肺)、当然ハラミやセンマイなども
あります。刺身が充実しているのも良いですね。
2,3人でいったらワインが何本空くことか。

翌日のことをなにも考えずにいけるとき、誰かご一緒しませんか?

焼肉ホルモンKOJI苑
愛知県名古屋市東区東桜1-14-5
電話 052-973-9176
営業時間
月・水~土 18:00~01:00(L.O.24:20) 
日・祝   18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 火曜日
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-16 00:29 | グルメ その他

一楽鮓   

2007年 09月 13日

今回は、「一楽鮓」さんについてです。

主人が結婚前から通っていたお店で、ずいぶん長くお付き合い
をさせていただいてます。

「一楽」さんは金山、市民会館の近くにあります。
エントランスから素敵。江戸前風なつくりではありませんが
かえって敷居が高すぎなくていいかも?

「名古屋市都市景観賞」受賞の建物です。
a0091907_852076.jpg


この日はランチにうかがいました。
ランチはとてもお値打ちに、「本日のランチ」¥800から いろいろあります。
ちらしは¥1,000-くらいだし、ちらし寿司に小鉢やお刺身が付いた「ちらし重」
も¥1,500(?)くらいからあります。

今回いただいたのは、「上ちらし」です。
a0091907_8564191.jpg

酢飯が少しあまめなのも、ちらし寿司にはよく合います。ここのちらし寿司美味しくて
おすすめです。

サービス(?)の小鉢:野菜の炊き合わせ
a0091907_8584962.jpg


建物はおしゃれな造りなのに、気さくな大将と美人の女将さんがつくりだす
雰囲気は下町のソレで、お客様も年齢層ばらばら。でも皆さんのかもしだす
アットホームな感じは、気楽で楽しめます。

私たち30代、本人は大人のつもりでもまだまだ。という年齢にはぴったりだと
思います。
「きちんとしたお寿司を、きちんとしたお店で。でも敷居が高すぎるのは苦手。」
という欲求を満たしてくれます。

今の私たち家族にとって、第2の実家のような素敵なお店なのです。

一楽鮓
名古屋市中区伊勢山2-7-20
電話 052-321-5288
営業時間
17:00~22:00 L.O21時30。
11:30~14:00 L.O13時30
定休日 火曜日定休日及び第一月曜日
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-13 09:21 | グルメ 和食

いただきもの!スズキの香草焼きと鯛のなんだこれ?   

2007年 09月 12日

こんにちは。dannaです。

めでたく第二子が誕生し、自宅中心の生活を満喫しています。
お祝いいただいた皆さん本当にありがとうございました。

今回はいただいた魚で料理です。月に何度も日間賀島に釣りに行かれるという方から
おいしそうな鯛とスズキ(せいごですね)をいただきました。ありがたいことです。

ゆっくり料理するほど時間はないので簡単な料理にしました。
昨夜和食(日本酒)だったので今日はイタリアン風(ワイン)。
お酒好きなので飲みたいもので料理を決めます。

a0091907_0443556.jpg

下処理をした魚。2日くらい経ってますがよい熟れ具合でしょうか?
ちなみにこのスズキ(せいご)おなかの中に立派なエビが4匹もはいってました。
グルメな魚です。味も期待できそうです。

a0091907_0451386.jpg

ベランダから収穫したハーブも使います。セイジ、オレガノ、ローズマリー
いつでも手に入るので重宝します。

◎スズキの香草焼き

a0091907_0455580.jpg
しっかり塩した魚のお腹に、にんにくと共に軽く火をいれたハーブたちを詰めます。
あとは小麦粉振ってじっくり焼きます。魚がわりとサイズがあるので油をかけながら。

a0091907_0463221.jpg
できあがり!じゃがいものバジルソース和えを添えます。

a0091907_0471125.jpg
身もほっこり。ほんのり甘い香りがします。かなりおいしいスズキだと思います。
個人的な感想ですがランチで出てくるレベルではない印象。
至らないのは私の腕だけです。刺身でいけたか?

◎鯛のなんだこれ?
これはなんと呼べばいいのでしょう(笑)
料理に詳しい方教えてください。
外で食べたものをイメージして適当に作ります。

a0091907_050421.jpg
しっかり塩した鯛をにんにくとオリーブオイルで焼きます。
鍋の開いたスペースで野菜も炒めます。今回はトマト、ナス、パプリカ、玉ねぎ。

さらにケッパー、アンチョビ、白ワインをたっぷり加え煮詰めます。
いつもは常備してあるはずのオリーブがないので今回はなし。
魚と野菜の味が良く出たスープに最後に水とセイジを加えて一煮込み。
スープとよく混ざったら出来上がり!

a0091907_0505140.jpg
鯛も野菜もスープもうまい!

どちらも鍋ひとつの料理なので同時に作れておいしくいただきました。
平日の家庭料理としては合格点でしょうか。ワインはMAISON LOUIS LATOUR の
"Duet"2003  お安いですが気楽な夜にぴったり。料理ともよく合いました。

魚が良いと簡単な料理でもおいしいですね。
[PR]

by T0K0SAN | 2007-09-12 00:36 | レシピ