「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

氷見の海の幸で初節句   

2008年 05月 23日

こんにちは。dannaです。
TOKOSANのGW旅行にもあったように、氷見港でお願いしてきたきときと!の魚が届きました。今回はそれをつかってうちの長男の初節句です。今回はTOKOSANが頑張りました。

兜を出して
a0091907_6155446.jpg

菖蒲も飾り準備OK、あとは料理です。
a0091907_6173272.jpg

こちらが氷見から届いた魚達。
天然鯛、甲イカ、ノドグロ(大きい!)、白海老、富山名物ヒラメの昆布〆、蛍烏賊沖漬け。どれもピカピカきときとです。気仙沼もいいけど氷見もいい!
a0091907_618110.jpg

「お造り」 
ちょっとは盛るのに慣れてきたでしょうか。刺身包丁が欲しいです。
マグロ、鯛、鯛松皮造り、ヒラメ昆布〆、白海老、甲イカ
a0091907_618569.jpg

「鯛のかぶと蒸し」
お目出度い初節句なのでお頭を。昆布と酒で蒸しただけですが、締まった身がたくさんついていて美味しい頭でした。
a0091907_6193390.jpg

「おひたし」
春菊とシメジのおひたし。くちをさっぱりと。
a0091907_6201524.jpg

「鯛の桜蒸し」
椀ものを兼ねてます。自宅では初めて作ってみましたが良い出来でした。長男も一口。
a0091907_626044.jpg

「やきもの」
煮たタケノコを焼いたものを木の芽ソースで。魚は大目鱒塩焼きが再登場です。
a0091907_6214097.jpg

「手まり寿司」
マグロ漬け、ヒラメ昆布〆、イカ、玉子、ボタン海老。ちょっと手間ですが彩りよく出来ました。子供も喜ぶしテーブルが華やかになりますよね。
a0091907_6215791.jpg


あとは、氷見で買った「カマス節」で出汁をとったお味噌汁も頂いて、小規模ながらも楽しく美味しく長男の初節句を祝うことができました。


こちらはおまけ、富山の鱒寿司。これは鱒の腹の部分だけしか使ってないんだそうです。名物だけどこれはやっぱり美味しいですね。
a0091907_6223657.jpg

[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-23 06:22 | レシピ

大目鱒を食べる! 気仙沼海の幸の会   

2008年 05月 22日

こんにちは。dannaです。
今更ながらGWよりさらに前の話です。

以前我が家で初カツオの会をしました。そのときのカツオも見事なもので、小ぶりながらも脂が均質で木目細かく、かつさっぱりとした味わいは「これこそが本来の近海もの初カツオ!」の味わいでした。いままで食べてきたものとは別物で、目からウロコの体験をしたものでした。

さてさて、そのときにカツオを送っていただいた気仙沼の網元さんにお願いし、今回は「旬のサクラマス(桜鱒)を食べる会」を開く予定でしたが、、いつも予定より人数が増えがちな我が家の食事会ゆえ多めにお願いしたところ、なんと総量約10Kg!の海の幸が届きました。すごい!

大きい!サクラマス3.5kg、黒ソイ1.8kg、あいなめ1kg
a0091907_0362298.jpg

ピカピカのホタテも10枚!これは殻だけですが。。
a0091907_037592.jpg

メジマグロ3.5kg。本マグロの幼魚です。でも立派なマグロ。
a0091907_0374896.jpg

メジとは言え、脂もしっかりのっています。ちょうどよい中トロくらいです。
a0091907_0382161.jpg

主役のサクラマス!前回のサクラマスより青みがかっているな、、と思っていたら、大目鱒(オオメマス)というちょっと違うものだそうです。それにしても立派。比較にiPODを置いてみましたが(笑)ちょうど生後8ヶ月の長男と同じくらいの大きさでした。しかもこの大目鱒、じつは鮭児と同じものだそうです。北海道で水揚げすると鮭児、三陸で水揚げすると大目鱒と呼ぶんだそうです。
知らなかったとんだ高級魚です。そして知らないまま食べてしまいました(笑)
a0091907_039497.jpg


さすがにこれだけあると調理するだけでたいへんですが、せっかくの良い食材ですから調理も簡単に楽しく行きましょう。それでは「気仙沼の海の幸の会」開会です

まずは「お造り」。見栄えは悪いが味は絶品。
マグロ(赤身、中トロ)、黒ソイ、アイナメ。食べ放題です。後半は鍋を出してシャブシャブに。マグロも良かったですが、驚きは黒ソイ。お腹一杯に卵を抱いているのに味が濃いんです。
a0091907_040955.jpg

「ホタテと夏野菜サラダ」。これも実はすごい量です。大皿です。
トマト、オクラ、パプリカと。ブルーベリーヴィネガーベースの味付けです。
a0091907_0404317.jpg

「空」。持ってきていただいた空です。旨い魚に美味い酒
この日は皆さん思い思いにお酒やおつまみを持ってきていただきました。
a0091907_623186.jpg

「大目鱒の酢〆」
この日一番人気。あっというまに完売でした。〆サバと同様の作り方ですが身が厚いので長めに(塩で2時間、酢(白ワイン酢1:赤ワイン酢1:玄米酢2)で1時間半)〆ました。
a0091907_0421354.jpg

「大目鱒塩焼き」
これも大人気。脂が強い鱒に多めに塩してじっくり焼いたもの。
皮は自らの脂で揚がってパリっパリ。最高です。ほぼ半身焼いたのにまたたくまに完売。
a0091907_0425030.jpg

「大目鱒とたけのこのグリーングラタン」
ちょっと目先を変えてグラタンです。軽く焼いた鱒、直火で焦がしたタケノコ、きのこをグラタンにしてみました。空豆をつぶして加えてグリーンソースに。なかなか好評でした。
a0091907_0433690.jpg



この他にも、前菜もあったし鱒のクリームパスタもあったし、なかやんの手打ちうどんも登場したし、肉も焼いたし、、とにかくたくさん食べました(笑)後半はお酒もすすみ会話も盛り上がってしまって写真もなしです。

様々な方が集まって総勢12名の会でしたが、みなさん満腹で楽しんで頂けたようです。新しい交流もはじまりそうだしとても楽しく満足な会でした。皆さん帰りにはすっかり気仙沼ファンになってました。

来て頂いた方ありがとうございました。また楽しくやりましょう。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-22 00:45 | レシピ

GWの旅② 富山氷見   

2008年 05月 14日

「すぎ嶋」を出て、郡上八幡ICから高速へ。次は富山に向かいました。
その途中、せっかくなので世界遺産に選ばれた「白川郷」に寄り道です。

白川郷への道のりは距離にすると長いのですが、有名な荘川桜が見れたり、
湖の周りを走りながら、山頂にまだ雪が残っている山々を近くに見たりと
なかなか素敵なドライブです。

そして「白川郷」 連休中のため観光の方も多く、また実際にその集落で生活
されている方々もいらっしゃるのに集落全体にゆったりとした空気が流れていて
癒されます。
a0091907_23351125.jpg

マンホールも「白川郷」☆
a0091907_2335479.jpg



さて、白川郷を後にして高速に乗ると、あっという間に富山につきます。
今回のお宿は氷見の「魚恵」さん。
建ってまだ間もない、綺麗で気持ちの良いお宿です。今回がたまたまラッキー
だったのか、民宿なのに次の間がある広いお部屋でした♪
a0091907_23362284.jpg

こちらは部屋でお食事をいただくスタイル。
先付
a0091907_2337677.jpg

いわしの生姜煮
a0091907_2338514.jpg

ナマコの酢の物a0091907_23392550.jpg

ほたるいかの昆布締め
a0091907_23395065.jpg

お造り 甘エビ、甲いか、赤鯛、かんぱち、メジマグロ等
a0091907_23402749.jpg

カワハギの肝あえ、生みょうがたけ このカワハギの肝の美味しいこと!!一切れ
なのがにくい感じです。 あと、生のみょうがたけ食べたことあります? 竹の子の
ように土中にあるうちに掘って採るのですが、藁をかぶせて日に当たらないように栽培
するそうです。白アスパラのようですね。 味もみょうがの鮮烈さとフレッシュなみず
みずしさが同居した素敵な味。 なかなか名古屋の市場には出回らないようです。
a0091907_2341377.jpg

たけのこのステーキ  魚のオンパレードの中に山のものが入ると舌が変わっていい
です。 先付にも「たけのこの粕漬け」があり、どちらも美味しくいただけました。
特に粕漬けは真似したくなる美味しさで、目からうろこでした。
a0091907_23414441.jpg

白ばい貝 富山では当たり前のこの大きさも、名古屋ではなかなか出会えません。
肝がくせは無いのにねっとり濃厚で美味しい☆もちろん身の旨味も♪
a0091907_23423187.jpg

ホタテの醤油焼き
a0091907_23425866.jpg

名物。氷見うどん
a0091907_23433693.jpg

白海老のかきあげ 今回の氷見旅行の最大の目的「白えび」 お刺身がなかったのは
残念でしたが、かきあげも美味♪
a0091907_23441539.jpg

さわらの笹蒸し
a0091907_2344588.jpg


お腹一杯、満足一杯のお食事でした。美味しい魚がいただきたくて、それ目当てで
旅行に行くとき、目当てにしていながらも魚、魚のオンパレードに食傷気味になって
しまう私ですが、こちらのお料理は一皿の量も、献立の組み方も舌に飽きの来ない
よう、薄味から濃い味へ。魚が続いたら山のものを少し。といった具合に工夫されて
いるのがうれしく、魚の美味しさ、新鮮さへの満足プラス、お食事としても楽しめる
素敵な時間を過ごせました。

さて、翌日は氷見港にあるフィッシャーマンズワーフに行き、新鮮な魚を物色。
我が家へのお土産プラス長男の初節句のお祝いに使う魚を頼みました。
5月4日着でこれとこれをこのくらいの大きさでね。って頼んでおくと3日の漁で
捕れた、ぴかぴか(富山弁では「きときと」)の魚が送られてきます♪
楽しみー!

そんなわけで次回は氷見直送の魚を使った「初節句のお祝い料理」の話です。
よろしくお付き合いください。


魚恵 ぎょけい
富山県氷見市北大町7-38
TEL 0766-72-3744
FAX 0766-72-3788
[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-14 22:49 | 旅行

GWの旅①  神明温泉「すぎ嶋」   

2008年 05月 09日

GWの旅。 まずは、日本秘湯100選の一つに選ばれている、神明温泉すぎ嶋」へ行ってきたお話です。

こちらは1年半ほど前、11月頃に行き、今回は季節を変えて2回目の訪問です。
「すぎ嶋」へは、美濃ICから車で1時間半。もしくは郡上八幡ICから車で30分です。
以前伺ったときは、美濃からの道しかなかったのに便利になったものです☆
うれしい反面、だんだん秘湯でなくなるのでは?とも考えてしまいました(--;)
遠すぎても嫌なのに、勝手ですね★


道中の寄り道も楽しい。おそらくご近所のおばちゃま達が共同で営業している
お店へ立ち寄り、昼食です。 ちょっと太めに切られた田舎そば。 旅気分も手伝って
楽しく、美味しくいただきました♪  隣の売店では、おばちゃまお手製のふき味噌
などが売られていました。
a0091907_13244839.jpg

地で取れた山菜の天ぷら
a0091907_13251362.jpg


さて、「すぎ嶋」に到着。 大きな門を抜けると趣のある建物が♪
a0091907_13255314.jpg

150年ほど前の建物を移築されたそうです。 実際に使われている囲炉裏。
玄関から入ってすぐのロビー脇にあります。
a0091907_13263260.jpg

夕食前に、ひと風呂。ここの温質は肌さわりが優しくて、ぬめりのあるお湯が心地
いいです。このお湯も再訪した理由の一つです。

夕食
春の食材が満載。6種類の山菜盛り合わせ
a0091907_13265454.jpg

芋餅、新じゃが芋、万願寺唐辛子
a0091907_13271883.jpg

筍餅沢煮
a0091907_13274785.jpg

岩魚のお造り こちらは追加注文分。食事が始まってから追加したにもかかわらず
献立のタイミングにぴたりと出されてうれしいです。
a0091907_13281240.jpg

鱒のお造り
a0091907_132914.jpg

あまごの塩焼き
a0091907_13283916.jpg

ゴマ豆腐a0091907_13302142.jpg

山菜天ぷら
a0091907_13304641.jpg

飛騨牛網焼き こちらも追加分。温泉旅館なのにアラカルトが7~10品ほど
あります。私たちのような食いしん坊にはたまらないサービスですね!!
a0091907_13311342.jpg

山菜鍋 ぎぼうし、いたどり等初めて耳にする名の山菜ばかり。地鶏のつみれと一緒
にいただきます。
a0091907_13313821.jpg

a0091907_13321425.jpg

締めは雑炊。たしか雑煮にもできたはずです。
a0091907_13325673.jpg

蓬小豆ムース
a0091907_13332999.jpg


今回のお料理は春の食材が一杯。聞いた事のない山菜を目にして口にして、話題に
つきず楽しめました。
11月に伺ったときは「いのしし」がメイン料理でした。牡丹鍋にお奨めのいのししの
スペアリブ。
秋は地で取れる「きのこ」がメインになるそうです。

このお宿は「子持ちでも、夫婦としても、もちろん親子でも楽しみたい!!」
という欲張りな私たちの欲求をほどよく満たしてくれました。

古民家の雰囲気、泉質、お料理へのこだわりなど、とても素敵な面があるのに
気取りが無く、ちょっと雑な感じも子供連れにはありがたい(笑)

譲れないところと妥協できる点が私たちにはぴったりなんです♪
さっそく紅葉の頃にも再訪したいねと計画中です。



秘湯の宿 神明温泉 湯元 すぎ嶋 
岐阜県関市板取4838番地
TEL 0581-57-2532  

[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-09 21:53 | 旅行

壺中天   

2008年 05月 06日

評判を聞いて、ずっと行ってみたかったお店「壺中天」さんに行ってまいりました。
今回は、おいしい物好きで、私に負けずとも劣らぬお酒好きの友人と一緒に♪

こちらのコースは、2種類のプリフィクスコースと、シェフズコースの三つ。
プリフィクスコースは
一つは(仮にAコースとします) 前菜2品、メイン、デザートのコース。
Bコースは、前菜1品、ポワソン(魚のメイン)、ヴィアンド(肉)、デザートのコース。

こちらのA、Bはすべてプリフィクスで、それぞれ3~5種類の中から選択できます。
AコースBコースのお値段の差額は確か500円程。(ただし料理によって追加料金あり)

しかも、前菜のメニューにはちゃんと冷たいもの、温かいものがそれぞれあって
Aコースを選んでもBコースに遜色ないほど楽しめます。

常々、魚が要らないから前菜を2品食べたいと思っていた私は感激しました!!
これで、泣く泣くコースをあきらめて、「アラカルトで前菜2品のコースを組む」
といったことをしなくてすみます(^^)

さて、いよいよお料理です。が、二人とも我が強い私たちはどちらも譲らず、
結局、友人がAコース。私がBコースをお願いしました。
ワインは、それぞれの料理に合わせてバイ・ザ・グラスで♪

まず、アミューズには、一口サイズの「ブータンノワール」(血のソーセージ)
それにりんごのピューレを添えて。
ピューレの甘みと程よい酸味がブータンノワール独特のくせを和らげてくれます。
a0091907_0372191.jpg


前菜 「ホワイトアスパラのサラダ
a0091907_23493047.jpg

友人は、「うにと魚介のジュレ」
a0091907_2350018.jpg

ポワソン「のどぐろのソテー」 のどぐろがどーしても食べたくてBコースに!
複雑な旨味、脂の乗った味はやっぱり美味しい。
a0091907_23503848.jpg

友人の温かい前菜 「フォアグラのソテー
a0091907_2351143.jpg

メインは仲よく、「うずらのオーブン焼き」(料理名は定かではありません)
a0091907_23513852.jpg

中にはうずらの各部位の肉はもちろん、レバーなどの内臓も一緒にミンチにされた
ものがぎっしり詰まっています。
a0091907_2352640.jpg


このうずらのお料理は「壺中天」さんのスペシャリテだそうです。
ずっしりと力強いお味。ボリュームも満点で良い意味で、ビストロのジビエ料理の
味がしました。

グラスワインも種類はさほど無いですが、王道の味でお値打ちのワインがピンポイントで
揃えられているので楽しめます。

素材の味を大切にしたお料理の数々、でも調理法やソースはフレンチだし、サービスも
丁寧で礼儀正しくされながらも温かくもてなしてくださって、皆さんに好まれるのが
よくわかる、素敵なお店でした。
フランス料理のレストランを日本料理のそれと比較するのはナンセンスですが、
私たちが良く行く、大好きなお店「ふじ原」さんのフレンチ版。
必要以上の敷居の高さは取り除き、でも美味しいものをきちんとした形で食べさせて
くれるお店だと感じました。

余談ですが、こちらはカウンターが5,6席あり、この日もお一人の男性が、アラカルト
でお料理と、グラスワインを楽しまれていました。
女性のお客様でも、このように楽しまれる方は多いそうです。
夜が早いのが少し難ですが、次は私もお一人様をしに行ってきます♪


「壺中天」
住所 愛知県名古屋市中区新栄1-6-18  CBCセンタービルB1
電話 052-259-2708

[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-06 23:52 | グルメ フレンチ

目黒の鮨屋   

2008年 05月 04日

こんにちは。dannaです。

「失われゆく鮨をもとめて」この本を読んだ方いらっしゃいますか?
a0091907_1341226.jpg

本についての紹介はアマゾンでも読んでいただくとして、とにかく鮨を中心に食や食材(高級なのではなくまっとうですごく良いもの)にこだわりまくっているこの一軒の鮨屋を通じて食や食を取り巻く環境を考えさせられるこの本。この本を読んで以来、是非題材となった店に行ってみたくて機会を狙っていました。

先日、初めて訪問できたのでご紹介。いやー楽しかったです。
本にも店名は載っていませんのでここにも書きませんが、私が調べてゆけた位ですからその気になればすぐわかるでしょう。
店構え。普通の店構え。正直特別な店には見えません。
a0091907_13175270.jpg

店内はカウンター10席のみです。常連さんで一杯でした。
こちらは食べる前に親方から一品一品講釈があります。ちゃんと聞いてから食べるそうです。また握りは直接手から手へ受け取ります。ちょっとクセのある店です。私は全部ひっくるめて楽しくいただけましたが、気になる方もいるでしょうね。

とにかく目くるめく鮨体験をしっかり楽しんできましたので食べたものをご紹介。
残念ながらというか当然というか写真はなしです。

・蝦夷ウニの肝のゼリー寄せ
・しゃこだし巻き
・こもちやりいか煮付け
・九十九里のながらみ
・パッションフルーツと黄韮とまんぼうの腸のぬた
・紀州はつがつお酒盗醤油和がらしクリームチーズ添え
・椀物ー海老しんじょうと海老すり身の桜むし
・能登のあん肝、クロダイ、鯒のお造り

にぎり
・さよりスダチ洗い
・あゆ
・あじ
・こはだ3種白酢赤酢柚子酢
・やきたけのこにぎり

吸い物 鮪節に塩漬け桜

・鳥貝
・鮪づけ
・しゃこ酢オボロ

・ほっきがい
・煮蛤
・煮アナゴ
・たまご

どれもこれもネタ自体が素晴しく、この字面では伝わらない美味しさでした。
あれもこれも初体験という感じだったんですが、、一番の感動はあん肝かな?
今まで食べてきたあん肝はなんだったんだ!?と思った感動の味、食感でした。
聞けば、ほとんどのネタを築地などで仕入れるのではなく気に入った食材を親方のご縁で漁師さんから直接仕入れているとのこと。流通にのらないネタや、流通にのってしまったらいくらになるかわからないようなネタがつぎつぎと。

江戸前の研ぎ澄まされた鮨、というよりは豊潤な海の幸を職人が活かしたこだわりの鮨、という印象を受けました。行ってみたい方、是非本を読んでからどうぞ。楽しみ倍増です。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-05-04 09:19 | グルメ 和食