「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

この時期に重宝!「博多献上帯」   

2008年 06月 27日

タイトルの通り、この時期(5月から9月頃)に大変重宝している「博多 献上」
のお話です。

この柄、一度は見たことがある方多いと思います。
これが「博多帯」という織りの帯の「献上柄」という模様です。
a0091907_12461226.jpg

この独特の柄は、「博多織」独自の柄を出そうと考え、真言宗で使われる「独鈷」と
華皿」からヒントを得たそうです。
最初はまだ「献上柄」とは言わず「独鈷と華皿文様」という文様名でしたが、藩主が
徳川幕府に献上する品物にこの帯を選び、「献上帯」と言われるように
なったそうです。

【独鈷】=真言宗で使用する、煩悩を打ち砕く法具。
【華皿】=法要のときに散布する花を盛る皿


柄だけではなく、実際に使ってみると、強くて長持ちし、しっかり締まるんです。
時代劇などを見ると、江戸時代の武士のほとんどが献上柄の博多帯を締めて
いるのです☆
武士が命よりも大切にした刀、そのさやが抜けないよう、良く締まる博多帯を愛用した
そうですよ。

実際に締めてみると、きゅっと締まって、一日着ていても帯がゆるんでこないんです。
浴衣にもぴったり。
(上の赤と白の帯は5,6,9月に、下の夏帯は7,8月に締めます)

献上帯で夏帯(絽、紗)もあるので、その帯を浴衣に合わせると素敵な大人の女性☆
っぽいです。
a0091907_13104566.jpg

お太鼓を結ばなくても、半幅帯も作られていますので気楽に楽しめるのも素敵。
とにかく大好きな帯なのです♪

夏の「博多 献上」これは紗ですので、「紗献上」と呼ばれています。
a0091907_13294026.jpg

こんな涼しげな色合いの「献上」もあります。こちらは「半幅帯」。
a0091907_13295891.jpg


なのに織元さんが言うに、最近は「献上柄」を求めるお客様が減ってらっしゃるそう。

どーーして??
こんなに小粋で素敵なのに! しかも締めていても気持ちがいいし、年代問わず
こなれた着物姿を演出してくれるのに!?

そんなわけで、まったく個人的好みで献上帯をおすすめします(^^)
|
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-27 06:50 | 着物

友希   

2008年 06月 25日

久しぶりに「ランチ」の話題です。しかも「和食」。
お昼時に和食が食べたくなるとお店の選択に困ってしまいませんか?
私はそうですので、(いつもの「ふじ原」さんはお昼に飛び込みで入店
なんて絶対無理なんだもの★) 新しいお店を見つけてうきうきですっ。

そのお店は「友希」
この地にお店を構えてもう7年になるそうです。とーーっても近くを5年も
歩いているのに、なぜ気がつかなかったのでしょう**?
a0091907_1225038.jpg

a0091907_1231396.jpg

a0091907_124639.jpg

こちらのランチメニューは1種類。
この日の献立です。
a0091907_1233724.jpg


まずはお凌ぎ(?) 「温泉卵のせ冷やしそうめん」
うだるように暑い外を歩いてきて、最初のこの一品は素敵。ひんやりしたのど越し
の素麺が暑さを落ち着かせてくれました♪ 
a0091907_1201575.jpg

素麺をいただいている間に、焼き物、揚げ物を作ってくださいます。
その他のものは、大皿に盛り合わせで出てきます。
a0091907_1211461.jpg

太刀魚の焼き物 脂がのっています♪
a0091907_1213822.jpg

エビフライ 小ぶりの海老ですが、衣が薄くからっと揚がってて美味。
a0091907_12247.jpg

あとは、きんぴらごぼうにシラスおろし、出し巻き卵、果物が盛られています。
そして、ご飯とお味噌汁。

一品が少なめで品数は多く。って女性も大好きなはず。
この日がたまたまだったのかもしれませんが、ちょっと渋めのお客層かな?
華やかな感じではないので、ちょっと入りにくいかもしれませんが大丈夫。
気さくに迎えてくださいます。
お味も好きな感じ。またまたランチにお邪魔しようと思います。

「友希」
名古屋市東区泉1丁目
 ※モロッコ料理店「カサブランカ」の前の道を外堀通りまで北上する途中に
あります。探してみてください。

ってことしか今はわからないんです(--;)すみません。
電話番号をご存知の方教えてください。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-25 14:14 | グルメ 和食

イノーヴェ   

2008年 06月 20日

久しぶりにイノーヴェへ行ってきました。
本当に久しぶりで、なんと6ヶ月ぶり。

伺った前日まで、長期のお休みを取られていたそうで、テーブルは満席でした。

連休中、シェフはポルトガルとスペインに行かれていたそうで、さっそくメニューにも
「○○○のポルトガル風」なんていうように反映されていました♪

シェフのグルメ旅行の成果をいただかないとね♪ と、軽口をたたきながらいただいた
この日の食事です。

「三河産あさりのポルトガル風」 (ポルトガルの?バスクの?)唐辛子を使うのが
ポイントだとか。舌に残らない丸い辛さがいい感じです。
a0091907_150154.jpg

もちろんこの旨味のスープもいただいて。
a0091907_1505320.jpg

「バスク風ピペラード」 パプリカの甘みがおいしくて、レシピも簡単で最高!これは
我が家の料理に真似します! 最後にレシピ書いておきますね♪
a0091907_1511583.jpg

イノーヴェの定番「フォアグラのステーキ オリエンタル風」
オープン当初から変わらずにあるメニュー。その頃から来てるのになぜか食べた
ことがないのです★ 初めていただきました。ポテトのマッシュと合うのね♪
a0091907_1513689.jpg

この日のワイン。赤好きの私たちには珍しく、白の気分でしたのでコクのある
しっかりしたタイプのワインを出してもらいました。
a0091907_15265.jpg

貴腐ワインを造るぶどうでつくられた辛口のワイン。小麦色の色や蜜っぽい香り
は甘みを感じさせるのに、舌にはすっきりしていて美味しいワインでした。
a0091907_1523166.jpg

「マグレ ド カナールのポワレ ダークチェリー風味」 マグレ ド カナールとは、
フォアグラをとるためにガバージュで肥育した鴨の胸肉のこと。 フォアグラを
取った後に肉は出荷されます。そのため肉にフォアグラの風味が残っているとか?
a0091907_1525271.jpg

しっかり噛み応えのある肉。かみ締めるほどに鴨の風味を感じることが出来ます。
フォアグラの為に飼育月数が長いため肉質が硬めになるので、そういうお肉の
好きな方におすすめです。
a0091907_1531750.jpg

久しぶりに伺っても、やっぱり楽しい時間をくれる美味しいお店でした(^^)

~バスク風 ピペラードのレシピ~

材料  たまねぎ
     パプリカ
     
     生ハム
     卵
     唐辛子又はカイエンペッパー

作り方 ①材料を切る  たまねぎ・・・みじん切り その他の野菜・・一口大
                生ハム・・食べやすい大きさに

     ②たまねぎをオリーブオイルで炒めます。

     ③②で炒めた玉葱を耐熱皿に入れ、その上にパプリカを入れます。
     その上に生ハムでフタをするように敷き詰めます。

     ④③を180度~200度のオーブンに入れます。生ハムがかりっと焼けたら
     頃合です。

     ⑤オーブンで焼いている間にポーチドエッグを作ります。
     (面倒なときは市販の温泉卵でどうぞ♪)

     ⑥焼きあがった野菜の上にポーチドエッグをのせて、唐辛子をお好みで
     ふりかけ出来上がり!

     卵はくずして、混ぜながら召し上がってくださいね☆

INNOVER (イノーヴェ)
名古屋市東区代官町29-18柴田ビル1F.
TEL/052-936-5038.

定休日 水曜日
営業時間 LunchTime 11:30am-2:00pm(L.O)
DinnerTime 6:00pm-10:00pm(L.O)
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-20 12:45 | グルメ フレンチ

さて料理だ 牡蠣!初カツオ!鰆!ウニ!ほうぼう!   

2008年 06月 18日

こんにちは。dannaです。前回の続きです。
さてさて料理と言ってもこれだけ新鮮なのですから「魚」を楽しまないとね。

まずはウニ!せっかくパーティだし見た目的にもこれでしょう。各自ほじって食べてくれ!新鮮で開けたてで旨くないわけありません
a0091907_22413073.jpg

お造り。カツオと鰆。色気もなにもない盛り方ですが、美味しいからいいのです。
a0091907_22425980.jpg

初カツオ。腹を銀皮造りに。酢醤油と和からしで頂きます。
これが最高なんです。カツオの匂いがしないんですよ。皆さんに食べて欲しかったのがこれ。脂の木目がこまかくてさっぱりとでも脂が乗っているお造り。「カツオってこんななの!?」って言葉がちらほらと。そうそう私も去年そう言いました。普段のカツオで感動できなくなる不幸な味。
a0091907_22432034.jpg


鰆のお造り。軽く塩で〆て皮目をバーナーで炙って。
鰆は焼いたのも大好きですが生でも旨味がとっても強いです。美味しかったです。
がんばって捌いた甲斐がありました。
a0091907_22433861.jpg


かつおタタキ。カツオの背側は皮も硬いのでタタキに。
やっぱり大人気です。薬味は「分とく山」の万能薬味を参考にしました。またたくまに完売
a0091907_22435946.jpg


生牡蠣。食べ放題です。おおぶりで味が濃い牡蠣です。かなり好きな味です。それにしても空けるの大変でした。みなさんご協力ありがとう。
a0091907_22462449.jpg


焼き牡蠣。購入したばかりの「佐藤浩市七輪」で焼きます。
a0091907_22464586.jpg


生も大好きですがこの軽く火の通った感じがたまらない、、もっともっとと思ったらもうない!次回はひとり5個は必要でしょうか。
a0091907_2248165.jpg


鰆焼き物。これで半身弱です。冷たいものが続いたのでちょっと雰囲気を変えて。
ガーリックオイルで焼いて仕上げにシェリーヴィネガーを絡めました。ヴィネガーの香りが食欲をさらに刺激します。ちなみに下に敷いてあるのは我が家のベランダで収穫されたナスタチウム。(インディアンクレソン)鮮烈な辛味が鰆の脂とよく合います。もちろん軽く〆てあるので焼いた身もぷりっぷりです。
a0091907_22493297.jpg

パプリカのオーブン焼き。
前日イノーヴェで食べた「バスク風ピペラード」を翌日さっそく真似したものです。
甘く炒めた玉葱の上に各職パプリカをたっぷり敷き詰めて生ハムをかぶせてオーブン焼きにしたもの。「バスクの唐辛子」が決めてらしいんですが、そんなものないのでカイエンペッパーで代用しました。温泉卵のせ。
かなり雰囲気で作ってますが、そしてそれをいきなりお客様に出してますがなかなかの出来。定番にできるな。
a0091907_22483768.jpg

パエージャ。写真ではわかりませんが大きいです。真ん中にホウボウが一匹入っています。米4合です。これがとにかく美味しかった。ホウボウのほかに、ヤリイカ、鶏肉、甘エビ、アサリの入った具沢山パエージャです。しかし成功の元はなんといってもスープ。鰆の頭と骨からとったスープを使いました。巨大フライパンがあっというまに空に。
a0091907_22501519.jpg


付け合せ兼箸休めに焼き野菜のマリネ
a0091907_22421242.jpg


いやー楽しかった。キッチンとリビング、ベランダを行ったり来たりでばたばたしましたが皆さんもとても喜んでいただけたようで良かった。魚は下処理が大変だけどやっぱり美味しいですね。そして新鮮さゆえの感動がはっきりとあります。

近海ものの初カツオの素晴しさを再確認しましたし、もう夏なのに牡蠣の美味しいこと。Rのつく月に食べるなんて常識は三陸の牡蠣には無縁ですね。殻付きウニの手軽さも知りましたし今回はいろいろ発見がありました。鰆も良かったですね。次回は岡山名物の鰆ばら寿司にも挑戦してみたいです。「鰆を酢で〆てその酢で酢飯を作る。骨と頭でスープを作りそれで根菜類を煮る」んだそうです。全身使い切るんですね。素晴しい。

そうそう先日「ふじ原」で頂いた鰆の白子に出会えるか??と思ってましたが今回の鰆はメスでした。とっても立派な真子を抱いてましたのでそれも美味しくいただきましたよ。

この会は大変ですがとても楽しい。
さて次回はいつにしようか。。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-18 15:35 | レシピ

気仙沼から届いた !牡蠣!初カツオ!鰆!ウニ!ほうぼう!   

2008年 06月 17日

こんにちは。dannaです。
4月に「大目鱒をたべる!」をやってまだ一ヶ月ちょい。あの余韻も醒めやらぬままにまた気仙沼から海の幸を送っていただきました!今回もすごい量!そしてなんて新鮮で旨そうなんだろう。

どんと箱で届きます。これで半分。
a0091907_2235121.jpg

まずは鰆。2.4kg。丸の鰆初めてです。なんと78cmもありました。
捌くの大変ですが頑張ります。揚がりたてなので生でいけますが、さすがに身が柔らかいので振り塩して〆ておきます。
a0091907_22354579.jpg

初カツオ。3.1kg。これこれ。去年これでカツオの認識が変わりました。思ったよりは大きくないんですがこれぐらいがいいんです。
a0091907_22362741.jpg

ちょっと擦れてますがこの腹の筋模様がよいですよね。
a0091907_22365120.jpg


ほうぼう。4匹。ちょっと入れておきますね、で4匹。さすが網元さんは違うなぁ。
十分に立派なサイズです。
a0091907_22372348.jpg


ウニ。1.2kg。見れば分かりますが殻付です。はじめてです。
割ってほじって洗って思ったより簡単でした。
a0091907_22375975.jpg

牡蠣。30個。岩牡蠣ではないですよ。三陸の真牡蠣。いまが旬だそうです。
30個ありますが10人以上集まりますから奪い合い必至です。
a0091907_22394723.jpg


これだけ届くとさすがに我が家でも冷蔵不可能。とっとと捌いて下処理して準備しなければ。自分で人を呼んでおいて、お魚を頼んでおいて後悔するくらい大変。。。

でも乾杯してしまえばこっちのもの。話しながら飲みながら料理しながら食べながらどんどんすすんで行きます。

長いので続きます
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-17 23:46 | レシピ

佐藤浩市な七輪が来た。   

2008年 06月 16日

こんにちは。dannaです。我が家に新しい七輪がきました。
我が家はベランダ七輪が大好きで、焼肉もジンギスカンも魚介焼きも七輪でやります。当然七輪もそれなりに年季が入っていて結婚前からだからもう10年以上。愛着はありますが、最近では家族も増え、友達が来たりするとさすがに小さくてテンポよく焼けずに困ってました。大きいものが欲しいなぁ、でもそんなに頻度は高くないしその割には保管場所をとるしなぁ、と若干躊躇していたんですが、、、「三陸から牡蠣が届く!みんなで食べよう!焼き牡蠣も食べたい!」と勝手に自分で自分の背中を押して(笑)七輪本舗さんで購入しました!!

これがそれ!
a0091907_22332470.jpg


きれいだ。当然だけどまだどこも焦げていなくてピカピカです。そして大きい。幅は55cmもあって左右を分けて調理できます。左で網焼き、右で鍋とか。
この七輪、キリン一番絞りのCFで佐藤浩一さんがはまぐりを焼いていたあの七輪なんだそうです。

これで気分だけでも佐藤浩市です(笑)
ベランダで夜風を感じながら七輪、そしてビール。最高だ。
牡蠣も焼くぞ!
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-16 13:33 | その他

単きものの生地   

2008年 06月 11日

前回の着物の記事に引き続き、6月の着物「単物(ひとえもの)」についてです。

「単のきもの」は裏地をつけない仕立て。と前回説明しました。
では、どのような生地を単に仕立てるのでしょうか?

基本的には「袷仕立て」にする着物を「単の仕立て」に出来ます。

これが「単仕立て」 裏地がありません。
a0091907_16534585.jpg

しかし、単のための生地もあり、4月末頃に店頭に並びます。
 単仕立ては裏地をつけないため、単用の生地は生地が少し厚めに出来ています。

ただし、この単用の生地は数が無いので、袷用の生地を単仕立てにするのが良いかも
しれませんね。

こちらは「お召し」。織りの着物です。お召しは透けにくくて好きなんです♪
a0091907_16555342.jpg

そうすると紬やお召しなど織の着物(かたい着物とも言います)からちりめんや綸子
などの柔らか物まで選択の幅が広くなります。

ただし裏地をつけないため、透けやすいので生地は厚めの物(お安い生地には薄い物
が多いので要注意★)か、色が濃いめの物だったら多少薄い生地でも大丈夫♪

あと、一番大切なことがあります!!
特に女性は気をつけてください。

それは、下着
着物姿って実はタイトなんですよ。特に後姿はすごいの★
なので、絶対、ぜーーったい 下にはく下着には、洋服で言うなら白のストレッチパンツ
を短めのトップスに合わせて着る時くらいの注意を持って、同程度の下着をつけてください。
もちろん浴衣でもですよー!!

下着といえば、ブラも同じ。浴衣を着る時、皆さんタオル補正をされていないので
ぎゅっと締めた帯がコルセットのように胸を強調させている人がいます。
浴衣の日は補正ブラをやめて、できればスポーツブラのような胸を押さえてくれる物
にしてくださると綺麗に着れますよemoticon-0155-flower.gif
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-11 22:12 | 着物

ファッションショー   

2008年 06月 09日

先日、親友のファッションショーがあり行ってきました。
彼女がお店を持って7年目。友人としても七年目。しかもおなじ歳。

最初はフロアー片隅の小さなお店から始めた彼女は今は路面店の
オーナーさんになりました。
かたや私は、結婚、出産。と、まったく違う道を途中から進みますが
今もお互いを尊重できる良い関係が続いています。
(・・というか、お互いをうらやましがってる?無いものねだりの典型です(--;)

今回の会場は「らんの館」 お天気にも恵まれて、ウエルカムシャンパン片手
にガーデンパーティ風のファッションショーは季節的にも最高でした。

新作ワンピース達
a0091907_15281358.jpg

a0091907_15285873.jpg

a0091907_15291829.jpg

a0091907_15293591.jpg

彼女はウエディングドレスのデザインもしています。
a0091907_15295775.jpg

a0091907_15301959.jpg


彼女のお店は「創る人 芽里」といいます。テレビ塔の東隣の久屋大通沿いにあり
ます。
セミオーダーでワンピースやドレスを作っていますので、ご友人の結婚式に出席
される方やめでたくご結婚される方はぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

と、宣伝をしてしまいましたが、とても熱気のある素敵なショーでした。
七年間の集大成だね。
私の仕事が出産、育児などで停滞気味な今、ちょっと嫉妬してしまうくらいに
素敵に輝いていたよ(^^)

おめでとう!!


「創る人 芽里」
〒461-0005 名古屋市東区東桜1-10-40
TEL&FAX:(052)963-0177

[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-09 23:37 | パーティ

ノドグロでアクアパッツァ   

2008年 06月 07日

こんにちは。dannaです。
今回は刈谷ハイウェイオアシスで魚を買って食べた話です。魚ばっかり食べているようですが、概ねその通り。せっかくいろんな魚介があるんですから。
仕事で刈谷方面に行くとき時間が許せば刈谷ハイウェイオアシスの「産直市場おあしすファーム」に寄り道します。野菜も近隣でその朝採れたものが安く売ってますし、魚介類も市場ほどではないにしろスーパーやデパートなどよりはずいぶんお安く(たっぷり)買うことができます。高速道路直結ですから時間のロスも少ないですしね。
今回は三河のノドグロ(赤ムツ)2匹と(たしか1500円)、日間賀島のアサリ(800円?)を買ってきました。メヒカリ一箱700円ってのも魅力でしたが、今回は手間なのでパス。

のどぐろ。ちょっと小ぶりですが一人一匹ならちょうど良いサイズ。うろことワタをとって水気を切っておきます。塩は腹の中までわりとしっかりしてしばらくおきます。軽く白胡椒も。
a0091907_23421411.jpg

オリーブオイルににんにくで香り付けして両面を焼きます。ノドグロの脂の香りがとても良いです。このまま食べてしまいたいくらい。
a0091907_23424159.jpg

ぐっと我慢して煮込みます。せっかくの丸の魚。全身から出汁を出してもらいます。
荒く刻んだトマトとグリーン、ブラックのオリーブをいれたら白ワインをコップ一杯弱。ベランダハーブも入れて10分弱煮ます。軽く煮詰まってきたところで塩抜きしておいたアサリをいれて口が開くまでフタをします。
a0091907_2343259.jpg

最後に鍋を振って煮汁が乳化したら完成!盛り付けは美しくないですが。。。今回はアンチョビもケッパーもなし。ノドグロ二匹しっかり入ってるしトマトも良い季節。余計な味付けは不要かと。オリーブから程よい酸味も出て美味しいアクアパッツァができました。味付けはノドグロにした塩胡椒だけです。よく冷えた白ワインと一緒にいただきます!
a0091907_23432597.jpg

砂肝のロースト。こちらもいっしょに食べました。砂肝をニンニク、ハーブ、オリーブオイルでマリネしておきます。塩胡椒してからズッキーニの上に載せてオーブンへ!8割方火が通ったところで一度オーブンから出してパン粉、オリーブオイルをかけたら再度高めの温度のオーブンへ。
マリネだけしておけば後はオーブンが作ってくれるお手軽メニューです。砂肝はおいしいものを使いましょうね。
a0091907_23435037.jpg





[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-07 23:43 | お家グルメ

ふじ原    

2008年 06月 05日

こんにちは。dannaです。
先日ひさしぶりにTOKOSANと二人でふじ原に行ってきました。別々にはしょっちゅう行ってるんですが、二人で行くとやっぱりお酒も食事も進みます。

おつくり。鯛、しゃこ、はも、しめ鯖
a0091907_23461728.jpg

ぐじの茶蕎麦蒸。大好きなぐじを椀物で。さわやかな茶蕎麦も香りとぐじの甘さがあわさってますます美味しい。気に入りました。
a0091907_23465340.jpg

焼き白子。これはなんの白子でしょう?と大将から。鱈なわけないし河豚なわけないし、、鰆!と言ってみたらなんと正解。旬とサイズだけのあてずっぽうですが。味はふぐほどではないが上品で良いこくがあるものでした。おいしいものだ。今度見かけたら買おう、まあ見かけないでしょうが。
a0091907_23471882.jpg

めひかり一夜干し。めひかり!うまいですよね。はじめてあの緑に輝く目を見たときは地球外なもの感があったものですが今では「緑の目=ほっこりうまい」です。現金なもの。
しっかり太った身はしまりすぎずに深海魚特有(?)の空気を含んだようなほっこり感。冬のものかと思ってましたがそういえば先日も刈谷ハイウェイオアシスの市場でも売ってました。
a0091907_23474372.jpg


さえずりと大根の煮物。くじらのさえずりと大根をじっくり煮たもの。あれば必ず頼んでしまいます。さえずりはもちろんですが、その味を含んだ大根と汁がとにかくうまい。山椒も効いていて芯から温まります。
a0091907_23495182.jpg

串揚げ盛り。二人なのでちょっと珍しいものを。ふじ原さん修行は大阪ですものね。えび、イカ、レンコン、ごぼう、あとなんだっけ?野菜がとくに美味しかった。
a0091907_23481739.jpg



とうもろこしてんぷら。とうもろこしの甘さが軽やかでこれもお気に入り。
a0091907_23485753.jpg

ほや。実は私は大のほや好き。東北-関東まではわりと食べるけど、西に行くにつれてあまり食べないですよね。鮮度の悪いものにあたると二度と食べれなくなるほどエグくて不味いし。これは久しぶりに大当たり。鮮烈な磯の香りをそのまま食べてるようです。ウニより好きかな。
a0091907_23492013.jpg

加賀太きゅうり。〆はあっさりと加賀太きゅうり。
a0091907_23502640.jpg

長珍、純米大吟醸で生酒無濾過。これはちょっと旨過ぎ、香りも華やか過ぎる。土曜の夕方に屋外で一杯だけ飲みたい。
a0091907_23505428.jpg


二人一緒だと大将や女将さんとの話も進みますます楽しく過ごしてしまいます。私は用事があったので先に失礼しましたが、このあとに大物喜劇俳優が来店されたよう。TOKOSANはしっかりご一緒してきたそうです。私もご一緒したかった。残念。
[PR]

by T0K0SAN | 2008-06-05 13:51 | グルメ 和食