<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

タテルヨシノ 銀座   

2008年 09月 29日

前回、芝のタテルヨシノで、吉野シェフがおっしゃっていた「タテルヨシノ銀座店」。
この秋、9月9日にOPENされましたemoticon-0123-party.gif

そこでさっそく、ランチに伺いました。
PIAS GINZAの12F。 エレベーターをおりて、入口からダイニングに向かう
までの通路右側が、4名程の小さな個室。左側には、バーカウンターがあります。
このバーカウンターは、汐留パークホテルにある、タテルヨシノのバーと同じ
ような雰囲気です。
 

個室やバーカウンターが左右にある通路はやや狭い感じですが、
ダイニングになると、天井が高く、日の光がたくさん入り、明るく
開放的な空間になっています。
テーブル間もゆったりととってあるのはうれしいですね♪
a0091907_1322629.jpg


さて、お食事。
ランチは、プリフィクスと、シェフズコースの2種類。
そのほか、アラカルトメニューにも対応してくださいます。
a0091907_133519.jpg



本日は、プリフィクスコース。
前菜3品、ポワソン3品、ヴィアンド3品から前菜1品、メインはどちらからか1品
選ぶことができます。

まずは、アミューズ「喜界島ヤギミルクのブランマンジェ
ブランマンジェの上にアロエとライムジュレ。
a0091907_1332454.jpg

何度も頂いても、山羊ミルクの個性的な味に、一口目はびっくりしちゃうんです★
でも、それがくせになるんですけど^^


前菜「 毛ガニのトマトファルシィ 緑ピーマンのジュレ
一見お皿の色なのかと思うような、緑のピーマンのジュレ、その上に赤ピーマン
のソース。湯むきしたトマトの果肉のなかに、毛ガニがぎっしり!
a0091907_1335261.jpg


トマトの甘みと酸味が毛ガニとよく合うのは承知していますが、緑のピーマンの苦味が
足されると、味に深みと広がりがでるんですね♪ 赤ピーマンの青臭い甘さもトマト
の甘さとは違う種類の甘さで、苦味が勝ちすぎないように抑えているようでした。
a0091907_1341146.jpg



「豚足のファルシィ あさりとフォアグラ添え」おなじみのメニューですが、NEWバージョンなんですって☆
同じことを3人の方から聞いちゃいました^^ 皆さん吉野さんの料理がお好きなのね。a0091907_1344157.jpg


豚足と、海老、ホタテのムースをまとめてあげてあります。
時期的に魚介を足して、軽く食べやすくされたんでしょうね。その代わりに
フォアグラを乗せてコクをプラス。
脇に添えられたあさりと、あさりの出汁をカプチーノ仕立てにしたもの(白い泡状)
も同じ役目かな?
a0091907_135880.jpg




「トルテリーニをカネル風味の栗のスープに浮かべて
スプーンを入れるたびに味の違う楽しいデセール。a0091907_1352557.jpg

そして、たっぷりの「プティフール
a0091907_136035.jpg

さらに、「マカロン」! すごい量でしょ? 上下の写真合わせて一人分なのよ☆
ちょっとしたお土産にできそうでしょ^^;
a0091907_1362097.jpg


やっぱり、タテルヨシノは美味しかった。私はもっと寒い時期に伺うことが
多かったので、豚足のお料理での魚介を使ったものや、ブランマンジェに
アロエやライムノジュレを合わせたものは、初めていただきました。

季節や気温を見て、お客様の体調を考えた上でお料理に工夫をプラスして
くださるのは、とてもうれしいですよね♪
そして、そのどれもが完成度が高く、冬にいただいた味と遜色ないように
感じることができるお料理、というのもすごい!

やっぱり吉野シェフのお料理大好きです♪♪
さらにうれしいのは、銀座店のサービス。
この銀座店には芝のスタッフが半数移動されているそうで、さすがにOPEN
したてとは思えない、落ち着いたサービスを受けられます。
それもよかったemoticon-0152-heart.gif

「タテルヨシノ 銀座」
東京都中央区銀座4-8-10 PIAS GINZA12F
03-3563-1511

営業時間
昼 11:30 ~ 14:00(14:00)
夜 17:30 ~ 21:00(21:00)
定休日 日曜日
[PR]

by t0k0san | 2008-09-29 13:06 | グルメ フレンチ

目黒の鮨 再訪   

2008年 09月 24日

春に行った目黒の鮨屋さん にまた行ってきました。
相変わらずとっても楽しかった。くせのある接客と前回は書きましたが、今回は前回よりもだいぶリラックスした接客をしていただいて長い時間かけてたっぷり楽しませていただきました。

今回の献立は・・・

奄美白髭ウニのゼリー寄せ
瀬戸内タコの萩煮
戻り鰹 福島
宗田鰹と青唐辛子のたたき 蜜柑の皮のせ

いちじく煮鶏そぼろ入り 柚子みそ
鰹黒豚巨峰の水餃子 ザーサイとココナッツミルクと赤ワインのソース
夜光貝 奄美のそてつの味噌 デラウェア 白ワイン 仕上げは酢飯をいれて雑炊風に
四万十鮎のせごし洗い うるか和え

お酒
米沢 三十六人衆
松露  新潟 村上
志田泉  元黒龍
水芭蕉  群馬

にぎり
白鱚 すだちあらい
青鱚
しんこ
赤背室アジ
白髭うに
北紫うに
蝦夷馬糞うに
クエの漬け
マグロの漬け
新イカ

まつたけと炙りトロ
こばしら
煮海老 卵オボロ
焼きかます 山椒
あなご

今回は空いていたので写真も撮らせていただきました。
宗田鰹
a0091907_6411788.jpg


夜光貝
a0091907_642837.jpg


白髭うに
a0091907_6424151.jpg


クエの漬け
a0091907_6432839.jpg


マツタケと炙りトロ
a0091907_644076.jpg


あなご
a0091907_6444123.jpg



どれもこれも旨くってしかも食べたことも見たこともないものがたくさん。
また行こう。


[PR]

by t0k0san | 2008-09-24 17:22 | グルメ 寿司

9月のきもの 普段着   

2008年 09月 23日

朝晩が涼しくなり、着物で出かけやすい季節になりました。
薄物の透け感のある着物から単衣に変わると、ずいぶん秋めいた装いになりますね。

9月も6月同様単衣の着物を着ますが、やっぱり秋らしいコーディネイトをしたい
です。
かといって、いきなり濃い色の着物を着るのにも、半そでで歩いている方が
多い中、9月上旬に着るにはちょっと抵抗があります。

そこで、「クリーム色の着物地に蝶と草花が描かれた小紋」にしてみました。
a0091907_1830827.jpg

」っぽいでしょ?
これから秋が深まるにつれて、着物の色も濃くしていくつもりです♪
a0091907_18303927.jpg

帯は着物の色が軽い分、濃い色に。 黒地にオレンジの献上帯。
それに、水色の帯揚げと、白と紅の帯しめでアクセントに。
a0091907_1831183.jpg

水色の帯揚げは、着物と帯の個性が違う時に、はんなりとまとめてくれるような
感じがして、重宝しています♪
20代のうちは、ピンクの帯揚げをこういう組み合わせの時に使っていましたが、
この年になるとね・・^^;。 (ピンクが入るとかわいらしくまとまります。)

水色と白っぽい色の小物の組み合わせは、芸者さんがよく使われる組み合わせなので
少しさを出したい時におすすめです♪
[PR]

by t0k0san | 2008-09-23 09:58 | 着物

我が家のピペラート   

2008年 09月 21日

こんにちは。dannaです。先回のバスク豚に添えたピペラード。
イノーベで出会って以来すっかりファンで我が家でももう何度も登場しています。
バスクで実物を食べたことがないのが残念ですが、いまのところ固まってきた作り方をご紹介。
(2,3人分です。一度にもっとたくさん作るのもいいと思います。)

今回は強い味方。バスク産唐辛子「ピマンデスペレッド」があります。
a0091907_634723.jpg


まずはみじん切りにしたたまねぎ(大)1/2 を弱火で炒めます。
そこにパプリカ(大)を2個。細めに切って加えます。
a0091907_6344322.jpg


全体しんなりしたところで湯向きしたトマト(中)二個をザク切りにして加え、弱火で煮込みます。約15分。野菜から水分がたっぷり出ますがあとでオーブンに入れるので気にしないで可。
a0091907_6351534.jpg


あまーい野菜煮込み状態になったところで唐辛子で風味付け。生ハムも7,8枚入れます。生ハムからダシと塩気が出るので味付けはほとんど不要だと思います。生ハムをいれて軽く混ぜたら鍋ごとオーブンへ。160度で10分くらい。
a0091907_6366100.jpg


オーブンで煮詰まり生ハムにも程よく火が入ったところで、温泉卵を載せて180度でさらに10分弱。
a0091907_6362888.jpg


出来上がり!唐辛子は欠かせないですが、その他の味付けはほんの少量の塩コショウくらいでしょうか。野菜からたっぷり旨味が出ますし、生ハムからダシが出てコクもありますよ。卵はなくてもそれはそれでとても美味しいです。
a0091907_6365446.jpg



現地では各家庭ごとに異なるお惣菜、母の味なんだそうです。
お肉や魚に添えたりオムレツにのせたり。普通のピーマンもくわえることが多いようです。生ハムを抜いた状態でたくさん作っておくのも良さそうです。トーストに載せたりね。

今回バスク豚とピペラードを同時に食べて思い出したのが、表参道の「LAUBURU」。豚料理で有名なこのお店で6年位前に食べた「自家製ベーコンをトマトとピーマンのソースで煮込んだもの」。すごく旨かったんですが、「どうやって作るんだろう??」と思ったきりでした。よく見ればLAUBURUもバスク料理のお店。これだったんだな。納得です。6年かけて辿り着きました。(笑)
[PR]

by t0k0san | 2008-09-21 14:52 | レシピ

中秋の名月   

2008年 09月 20日

ちょっと、遅れた話題ですが、「中秋の名月」皆さんごらんになりました?
我が家では、月を肴にちょっと一杯。

a0091907_17592922.jpg

本当でしたら縁側に座って、水を張ったたらいに月を映して・・などと風流な
こともしたいのですが、気分だけ食卓に持ってきました☆

なんて、まったく普段のお料理ですが、食卓に季節の花を飾るだけで気分が出ます。
a0091907_17342433.jpg

うさぎのおまんじゅうとおだんご
デザートを兼ねて、食卓に飾っていたのですが、娘の関心を引きすぎてしまい
ご飯を食べさせるのに苦労しました^^;
a0091907_1735518.jpg

このお敷き、なかなかいいでしょ? 赤がいい感じなの♪
夏に、高山に立ち寄ったときに買ったものです。今回初使用!
a0091907_17365939.jpg

でも、今回はお料理の写真はなし。
我が家でデトックス料理と呼ばれている、大変ヘルシーな本当に普通の夕ご飯★
それに合わせて飲む冷酒もおつなもの♪
[PR]

by t0k0san | 2008-09-20 16:03 | その他

Le Jardin des Sens ガラディナー   

2008年 09月 19日

久しぶりに記事を書いています。
この間に、書きたいことがたまってしまいました・・^^;
続けて投稿していきますので、よろしくお願いします。

さて、先日「オーベルジュ ド リル」で、「ル・ジャルダン・デ・サンス
のオーナーシェフジャック・プルセル氏と「サンス・エ・サヴール
の長谷川幸太郎シェフ両氏による、ガラディナーがありました。
 
「ル・ジャルダン・デ・サンス」は南フランスでミシュランの星に輝き続けるフランス
料理店。今回来名されたジャック・プルセル氏と、ローラン・プルセル氏は双子の
御兄弟で、オーナーシェフでいらっしゃいます。

長谷川幸太郎氏は、ジャルダン・デ・サンスをはじめ、フランスの名だたる料理店で
修行し、フランス料理コンクールの「ボキューズ・ドール」で、日本人歴代最高の6位に
入賞、現在は、丸ビルの「サンス・エ・サヴール」のシェフを務めていらっしゃいます。

本日のワインメニュー
a0091907_1049330.jpg

お食事メニュー
a0091907_10492163.jpg


シャンパンをいただきながら、メニューを見るのってわくわくしませんか?
大好きな時間♪ もしかしたら、料理をいただいている最中より楽しいかもしれません^^
a0091907_10332627.jpg


「うにの殻をまとったタラバガニとウニの詰め物 クリームキャビア添え」
a0091907_10334910.jpg

中には蟹がぎっしり。混ぜていただきます♪ 
a0091907_1034566.jpg

うに、蟹の海の味に軽くゆでたインゲンがいいアクセントになっていて最後まで美味しく
いただけます。


「オマールエビと鴨の燻製マンゴーとの出会い ヴァニラ風味のビネグレットソース」
a0091907_10344392.jpg

こちらは「ジャルダンデサンス」のスペシャリテ。オマールはぷりぷり、マンゴーの
甘味、鴨の塩気のバランスが素敵♪ バニラ風味のソースもいい感じです。


「鴨のフォアブラとセップ茸のラヴィオリ仕立て トリュフ風味のブイヨンカプチーノ」
a0091907_1035397.jpg

ワンタンの皮でラヴィオリにしているんですって。ちゅるんとした皮の触感を楽しむと
中身のフォアグラの舌にまとわりつく感じ、そしてセップ茸やトリュフの香りと、上に
添えられたポテトチップスのアクセントと、いろいろ楽しい素敵なお料理です。


「蒸し焼きにした真鯛 レモンヴィネガーソース」
a0091907_10353381.jpg

とても、上手に調理された「鯛」。120度で、ゆっくり、やわらかく蒸し焼きにした鯛の
身はやわらかく、上品な味です。
レモンジュースにレモンピールと蜂蜜をつかったソースはピールの苦味が鯛によく
合っていました。
ちょっと、モロッコ料理、とくにフェズ辺りで食べられる「チキンタジン」を思い出し
ちゃいました^^

「バンデ産子鳩フィレ肉のロティー カカオソース エピス風味のパスティーヤ
とりんごのキャラメリーゼのアクセント」
a0091907_10355614.jpg

やわらかな肉質、ギュっとした味の子鳩がおいしいです♪ ソースは、血肝、赤ワイン
カカオの濃厚なソース。このソースは私の好みからすると、ちょっと強すぎました。
カカオソースは好みが分かれますね★
a0091907_1036154.jpg

「プレ・デセール」 オレンジをビールで煮込んだもの。上は練乳ですって。
本当にミニビールみたい^^
a0091907_10364792.jpg

「フルーツと「マンザナ」のゼリー パッションフルーツのミルクシェイクと共に」
「マンザナ」とは、スペイン産青りんごのリキュールだそう。やや酸味が強めの
甘酸っぱいデザート。
a0091907_112091.jpg

プティフール
a0091907_10372916.jpg


とっても、美味しく、とっても楽しいお食事でした。このパーティがあったころの
私の体調はけして良いものじゃなかったのですが、どれも好みだったため
ぺろりと食べちゃいました。
南仏のお料理は、魚の扱いやソースなども、北のそれに比べると日本人の好み
にあうから、体調にかかわらず美味しくいただけたと思います。
サービスも安定していて、楽しませてくれますし、やっぱり素敵でした♪
[PR]

by t0k0san | 2008-09-19 11:42 | グルメ フレンチ

バスクの日   

2008年 09月 19日

こんにちは。dannaです。
今日は「バスクの日」、といっても旅行にいったわけでもバスク料理を食べに行ったわけでもありませんが。。。

今日の主役はこれ!「純血バスク豚」!!
a0091907_6213298.jpg


見事な脂身。きれいですね。皮付きです。素晴しい。これでひとつ約450g。届いた日から早く食べたくてしかたありませんでした。

こちらは血統書のコピーも同封されてました。いつも羊を買っている「東洋肉店」さんで購入。野山を駆け回って栗やどんぐりを食べて育つんだそうです。年間2000頭のみ。
a0091907_622862.jpg


もうひとつの主役?名脇役はこちら。バスク産唐辛子。ピマンデスペレット。AOCだそう。
a0091907_623120.jpg


以前イノーベで話に聞いて欲しかったんですよね。いままでカイエンペッパーで代用してましたが今回はこれをつかってピペラードを作ります。
a0091907_6232654.jpg


全体のボリュームもかなりあるので脂身を切りとります。脂はとっておいて他に使います。何に使おうか・・
a0091907_6244155.jpg

味付けは塩コショウだけでシンプルに。脂身からじっくり焼いているところ。たってます。(笑)
a0091907_6252794.jpg

焼き上がり。ちょっと縮みますがパンパンに張っています。ホイルで包んで休めます。
a0091907_6264034.jpg


別に作っておいたピペラードを添えてできあがり!
a0091907_6272294.jpg


ピペラードも今回は一味違います。辛味ではなく風味なんですね。何回か作ってレシピも決まってきました。
a0091907_629253.jpg


バスク豚最高!この脂身がとっても美味しい。肉と同様にコクがある味なのに全然しつこくないんです。必要以上の弾力もなく肉と一体となって旨味二乗です。もちろん肉も歯ごたえも風味も十分にあって、噛み締めるごとごとに「うん、うん」といいながら食べてしまう。塩コショウのみですから豚の味が存分に味わえます。さらに添えたピペラードをちょっとつけ、ピマンデスペレッドもぱらっと一かけすると更に「美味い!」やっぱりその地のもの同士会うんだなぁ。感動。

さっそく売り切れないうちにバスク豚を追加注文してしまいました(笑)

あとはおまけ。この日の前菜です。
冷たい前菜。いただきモノのイチジク、梨をスライスしてササミのハムを載せたもの。マカデミアナッツオイルをかけてみたら結構合いました。
a0091907_6295026.jpg


暖かい前菜。軽く茹でたほうれん草の上にサーモンとグリエールチーズ。白ワインを一振りしてオーブンにいれたもの。グリエールチーズくらいの香りがないとつまらない。
a0091907_6305237.jpg



ああ、バスクに行ってみたい。できればチョコ”Txoko"に参加してみたい。私の中のイメージではどうしても「アンドレ・ザ・ジャイアントが集団で踊りながら料理して歌いながら飲む会」になってしまうんですが。
[PR]

by t0k0san | 2008-09-19 06:31 | レシピ

イグレック丸の内   

2008年 09月 12日

新丸ビルにある、「イグレック 丸の内」に行ってきました。
ランチのコースです。

アミューズ:サーモンのタプナード
a0091907_11521031.jpg

枝豆の冷製スープ ランチのお値打ちコースに一口サイズのスープがあるのは
うれしい♪ 
a0091907_11524248.jpg

前菜:かつおのゼリー寄せ ゼリーの部分は少なく、ほとんどが鰹。ボリュームが
あって食べ応えがあります。 好きな味♪
a0091907_1153272.jpg

子鳩のロースト サマートリュフソース この子鳩のおいしいこと! 肉の味がぎゅっと
凝縮していて、内臓を思わせる味が最高でした♪ このサマートリュフも香り高く、鳩の
血の味が強いジューとワインの濃厚なソースに、トリュフの香りが素敵♪♪
でもね、今日は鳩もトリュフもいいんです!とおっしゃっていたから、ムラがあるかも?
a0091907_11532884.jpg

おいしいレストランはグラスワインもお値打ちでおいしい♪
a0091907_11534478.jpg

デセール
a0091907_1154158.jpg

東京駅周辺でおなかがすいてしまった私。この日の予定は銀座に行くだけ。
約束の時間まで時間は少しあるけど、移動するのは馬鹿らしいし、銀座に行っても
かえって食事をする場所に困っちゃうなぁ・・。と考えて、偶然選んだお店です。

入口の軽い感じや、お客様層の高齢なことから、まぁ、駅近くのビルだし・・。
と、期待していなかっただけに(!失礼!)、うれしい驚きでした。

うれしくなって、ソムリエさんといろいろお話していましたら、こちらは神戸に本店の
あるお店で、この丸の内店は、元ロオジエで働いていた方が、シェフを務めて
いらっしゃるんですって☆
場所も便利だし、また伺っちゃおー♪



イグレック丸の内

東京都千代田区丸の内1丁目5番1号新丸の内ビルディング5F
TEL : 03-3211-1909
営業時間 : ランチ 午前11時~午後2時30分
     ディナー 午後5時30分~午後10時
定休日 : 新丸の内ビルディングの閉館日に準ずる
[PR]

by t0k0san | 2008-09-12 10:52 | グルメ フレンチ

金のタクシー   

2008年 09月 10日

ある日のことです。
いつものごとく、dannaさまが酔っ払って帰ってきました。
起こされた私・・emoticon-0132-envy.gif

ですが、dannaさんの手には
a0091907_1291127.jpg

「なにこれ??」
なんでも、一緒に飲んでいた方々を、お姉さまたちと見送り、酔い覚ましにちょっと
歩こうとした矢先、
「○○さーーん、これ乗らなきゃだめよぉ」
と、押し込まれたのだそう。
「え?え?」
「金のタクシーだから! ラッキーよ! なかなか見つからないのよぉ」
と、説明され、わけも分からずに乗り、車を降り際にこのお守りをもらったという
わけなのです☆

「金のタクシー」の存在を知らなかった私たち、ネットで調べて、「へー」でした^^
なんでもこのタクシーはフジタクシー500台のうち1台しかなくって、50周年記念で
1年間だけ走る特別車なんですって♪
あまりの出来事に、車内なんかも良く見ていなかったdannaさん★
これがネットで見つけた「金のタクシー」の写真です。
a0091907_12164781.jpg

[PR]

by t0k0san | 2008-09-10 01:09 | その他

一生もち   

2008年 09月 08日

我が家の長男が1歳になりました♪
おうちでささやかなパーティです。
a0091907_119911.jpg

おちびちゃんたちの好きなものばかり☆ しかも簡単、まとまり無しなの(^^;)
ピペラート
a0091907_11221.jpg

長男は軽く火を通して。 お刺身。 鯛のアラから取ったおすましも♪
a0091907_1121799.jpg

水牛のモッツァレラでカプレーゼ。
a0091907_1123419.jpg

ケーキでお祝いの後は・・。
「一生もち」 一升もちとも言って、この子が一生、健康で、食べることに困らないよう
に1歳の誕生日に願掛けをするんですって。
地方にもよりますが、名古屋は、足型の紅白のおもち。
a0091907_112506.jpg

赤いお餅を上にして、風呂敷で包みます。
a0091907_11361.jpg

肩から斜めがけに結んで・・・。ハイハイしました! 頑張りました♪ これで一生
大丈夫ね^^
a0091907_1123790.jpg

[PR]

by t0k0san | 2008-09-08 12:34 | 愛する家族