<   2010年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

4月大歌舞伎 「熊谷陣屋」(1部2幕目)   

2010年 04月 26日

こんにちは、TOKOSANです。
前回の記事では、「歌舞伎座さよなら公演」で観た中で「闇爭(だんまり)」の話を書きました。その時はこのローズマリーブログから「和美塾」ブログの方へ見に来て下さった方が多くて感激しましたemoticon-0152-heart.gif
ありがとうございました^^♪


今回はその続き。
2幕目は熊谷陣屋です。 今回、丸1日かけて歌舞伎を観に行ったという話は前回話した通りなのですが、その中でどれが一番良かったか?という質問には、この「熊谷陣屋」と答えるほど素敵でした
その話をこちらのブログに書きました。 また見て下さるとうれしいです^^ 

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-26 18:55 | お芝居、コンサート

4月大歌舞伎 1部1幕目「闇爭(だんまり)」   

2010年 04月 22日

こんにちは。TOKOSANです。
先日dannaさんが記事に書いた「歌舞伎座 さよなら公演のことです。
私はなんと、丸1日かけて全幕観てまいりましたemoticon-0152-heart.gif

今の歌舞伎界は私の大好きな役者さんがいっぱいです。 歴史ある歌舞伎座の建物が新しく建て替わる時、どのようになっているのか不安はありますが、今、この時期にこういう公演があり、お家芸といえる演目をまさにピークの役者さんを中心に、伸び盛りでめきめきと腕をあげていらっしゃる若手の役者さんで花を添えるという豪華版を観ることができるなんて、ファン冥利に尽きるの一言です。


その様子をこちらのブログに書いていきます。第一回目は1部1幕目の「御名残木挽闇爭(おなごりこびきのだんまり)」です。 こちらもぜひご覧ください♪
[PR]

by t0k0san | 2010-04-22 20:33 | お芝居、コンサート

ヒラメのパン粉焼き デュクセル包み   

2010年 04月 22日

こんにちは。dannaです。

お魚料理のレシピです。ヒラメにパン粉つけて焼くだけだとちょっと淋しいので(笑)デュクセルをはさんでみました。網脂(クレピネット)を使いたかっただけという話もある。
a0091907_18403628.jpg


a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

<材料>
・白身魚
・マッシュルームデュクセル
・網脂(クレピネット)
・卵、パン粉、小麦粉

・ソース
生クリーム、粒マスタード、蜂蜜 (4:2:1) 

半身のヒラメを平たく削ぎ切りにして、軽く塩、胡椒しておきます。
a0091907_18404640.jpg

マッシュルームのデュクセルを薄く延ばして載せて、(いろいろ使えるのでマッシュルームが安いとき、見切り品とかね、大量に買ってデュクセルを作って小分けして冷凍してあります。)

a0091907_18405945.jpg

上からヒラメを重ねて網脂(クレピネット)で包みます。あとは衣をつけて揚げ焼きにします。
a0091907_18411287.jpg


ソースは生クリームに粒マスタードに蜂蜜。(4:2:1)
a0091907_1841394.jpg


ただの白身のフライよりもちょっとごちそう風になります。ボリュームも増えるしね。挟むのはなんでも良いのでしょう。フォアグラとかでもいいし、ハーブペーストや、チーズとか。あ、チーズもいいですね。とろけるチーズでも、ブルーチーズや、カマンベールの皮のところとか。今回はマッシュルームデュクセルなのでちょっとトリュフのような土っぽい濃厚な香りになりました。それにしても網脂便利。なんでも包みたくなるな。

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-22 18:41 | レシピ

ガッルーラ   

2010年 04月 19日

おかえりなさい!!ガッルーラが池下のお店をたたんで早1年。
その間も何度も話題に上るほど愛されていたお店が、名古屋に帰ってきました。


皆様、こんにちは。
すっかりdannaさんのブログと化している「ローズマリーブログ」ですが、久しぶりにTOKOSANネタです。どうぞお付き合いくださいませ♪


さてさて、行ってきましたよ♪
ガッルーラ  前のお店より家からは遠くなってしまいましたが、やっぱり美味しいなぁ。

これぞガッルーラ!!というお料理と、沖縄を経て変化した(のかな?)お料理をご紹介しますね。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

加藤農園 極めフルーツトマトとさよりのカッペリーニ  
a0091907_1622315.jpg

モガレイのカルパッチョ 沖縄産海藻「スーナ」 カラスミ大根 ディルソース レモン風味a0091907_169224.jpg

自家製フレッシュフォアグラのスモークとマンゴー 蜂蜜ソース カモの胸肉
a0091907_16253456.jpg

ここまでのお料理で「なつかし~!」って思った方、かなりいらっしゃるんじゃないでしょうか?(笑)2皿目のカルパッチョはモガレイのむっちりした身とスーナの「シャキ、コリッ」とした面白い食感、カラスミのねっとりと、大根のサクサクが口の中を刺激して楽しいお皿でした。

白ミル貝のソテー フランス産ホワイトアスパラ ピサンリ添え
a0091907_1624535.jpg

ミル貝美味しい。濃い磯の香りと甘み、アスパラの甘みも、ピサンリの苦みもいい 個性の強い食材なのにバランス良くまとまっていて素敵。


あさりのリゾット
a0091907_1633835.jpg

あさりの出汁が濃厚です。それに生青のりとオリーブオイルをたっぷり。 あさりとのりが強く海の味を出していて、それに青臭い風味の強いオリーブオイルを合わせるのはさすが! くせとくせが合わさってまとまっているのって感動が2倍になりません?(混ざっているのはよくあるけど・・--;)


バジルのニョッキ フレッシュトマトのソースa0091907_163576.jpg

優しい味のニョッキ。 ほっとする美味しさです。

ウンブリケッリ 春ごぼうと牛テールラグーのソースa0091907_1626455.jpg
 
このラグーソース好きでした。お年頃なのか^^;最近は野菜の旨味に癒される私。 牛の旨味はもちろん、じわじわと野菜の優しい旨味がして美味しかった♪

熊本産 馬肉のロースト たてがみ、山菜と共に
a0091907_164231.jpg

美味しいローストでした。 実は、誤解を恐れずに言いますが、イタリアンのメイン料理(特に肉)で感心したことないんですよ。「ガッツリしてます。 グリルで焼きました。」って感じが多くて★ところが! この馬肉は本当に美味しかった。 しっとりしてて、旨みが広がって、洗練された味でした。

この「洗練」された感じは今回のコース料理を通して感じられました。 たとえば個性的な物同士を一つのお皿に並べても、お皿としてまとまっている感じがしたんです。新生「ガッルーラ」はこのスタイルなのかしら? だとしたら、前以上に好きになりそうです♪

ところが、予約が大変なんです。もともとマメじゃない私には、次の機会はいつ訪れるのでしょう?
当分ないかな・・・emoticon-0106-crying.gif

デザート
バジルのジェラート、トマトのムース、オリーブオイルのソルベ(中央奥)a0091907_1644439.jpg

ピスタチオのクレームブリュレa0091907_165980.jpg

7,8種類から選べたデザート。もちろん、仲間内で分け合いました^^。 中でも好きだった2種です。


この日のワインは、ソムリエの原さんに一皿ごとに合わせて選んでもらいました。
2004 Spumante Greco Metodo Classico Brut(DUBL)
2007 Capichera
2005 Gran aGran(Venezia Giulia)
Franciacorta Brut Saten Millesimato(Vezzoli Giuseppe)
2007 Sogno Di Rivolta(Fattoria La Rivolta)
2006 Sogno Di Bacco(Trinchero)
2003 Sagrantino di Montefalco
1996 Barbaresco
a0091907_1653465.jpg
a0091907_166211.jpg


a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-19 17:27 | グルメ イタリアン

和風モツ料理 あらた   

2010年 04月 16日

こんにちは。dannaです。
いやー、すっごく美味しいお店に出会いました。ひさしぶりの感動でした。「モツの概念がかわる!」すごいお店でした。今回は大阪。新大阪駅からすぐ。「和風モツ料理 あらた」さんに行って来ました。

和風もつ料理 あらた
住所 大阪府大阪市淀川区西中島4-2-8 B1F
TEL 06-6304-5250

「Google Mapへ」

a0091907_9471829.jpg
場所は新大阪駅から地下鉄御堂筋線で一駅、「西中島南方」駅から徒歩3分ほど。もちろんこの駅で降りたのは生まれて初めてです。このお店がなかったら一生縁のない駅だったかもしれません。このお店を出会ってしまったのでこれから何度も利用する駅になるでしょう。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

さて今回はせっかくの大阪遠征だったのですが、時間があまりなくてしかも一人。行きたいお店はたくさんあったのですが、それは次回に譲ってひとりでちゃっと食べられそうな「あらた」を選択しました。それが大正解。さすがだ「あまから手帖」。大阪の肉文化、内臓文化はとってもレベルが高い、と思ってはいましたが、一説には「モツで大阪一」ともいわれる「あらた」の料理はもう完全に別次元でした。予約不可のこのお店は行列必至。それなのに飛び込みで一人分だけ席が空いていたのも、この選択が正しかったゆえの「幸運」なのかもしれません。

和風もつ煮。おどろきのモツ煮。これほど雑味がないモツは初めてです。
a0091907_9474555.jpg
「はじめての方はまずこちらから」と出していただいたのがこちら。一口食べた瞬間にすごいお店に来たのがわかりました。この幸運はなにかのご褒美?ミノを中心に和風だしで優しく炊いてあります。何杯でもおかわりしたい。本当です。

ミノ湯引き。これも本当に質が良い。歯ごたえはもちろんあるんですが、ふんわりともしているんですね。もう焼き過ぎたイカみたいなミノなんて二度と食べたくないです。
a0091907_9481180.jpg


このあたりでビールを切り上げて、気になっていた「特製ハイボール」を注文。「悪くないけどなんでウィスキー?」と思ってたら全然違うもの。サントリー角の瓶に入った透明で軽く凍ったお酒をコップに一杯まで注ぎ、最後にウィルキンソンの辛口ジンジャーエールがちょっとだけ入るもの。ウォッカベースのような、ちょっとズブロッカの草を感じるお酒です。一杯250円。不思議にうまくて今日はもうこれで通すの決定。

コールタン。牛タン。タン元のあたりでしょうか?舌トロって呼ぶところもありますね。一度ゆっくりボイルした牛舌を冷製にしてもの。濃厚です。
a0091907_9502234.jpg

チレタマ。チレ(脾臓)の刺身にウズラ卵黄。ごま油で風味つけされてました。これはやっぱり本当に美味しい内臓を食べさせてくれる店でしか食べられません。新宿のここでも食べました。美味しいです。
a0091907_9483735.jpg

レバ刺し。お隣の常連さんに「是非」と進めていただいたのがこちら。これは驚愕。なにこのきれいな切り口。切ってあるのにまた一つのレバーに戻ろうとしているよう。しかも香りがまたおどろき。すごく美味しいマグロの赤身のような香りと食感でした。レバーがですよ?ねっとりするよりむしろ爽やか。なんだそれ?本当に驚きました。
a0091907_9491258.jpg

タンシチュー。一口サイズのタンシチュー。まるでおでんのように串にさして鍋で湯煎されてます。ドミグラスとみなさん言ってましたがちょっと違うかな。でもとっても美味しいです。
a0091907_9493320.jpg

ハツです。たたきです。すごいでしょ?この色きれいすぎるでしょ?このエッジ立ちすぎでしょ?なんと今日の午前中に処理されたものだそう。注文したら塊のハツから切り出してくれました。ピンクで美しかった。あまりにも新鮮、あまりにもうまいハツでした。
a0091907_950117.jpg

テールシチュー。暖かいものも食べたくてテールシチュー。一口サイズですがとろっとろです。
a0091907_9504511.jpg

最後にどうしてももう一回モツ煮。本当に虜になる味。味噌も醤油もいらないのですね。もうネギもいらないもの。
a0091907_9511971.jpg


「和風モツ料理 あらた」堪能しました。完全に別次元のモツ料理を味わわせていただきました。これほど新鮮なモツ料理を食べさせてくれて、一皿の量は多くないとはいえほとんどが400円均一。むしろ一種類の内臓をたくさん食べるのは体にも負荷がかかりそうだし、いろいろ楽しめる少量でいろいろのスタイルはありがたいです。これは30年愛されるの当たり前。そして多店舗にはできないからここにくるしかないのもわかります。良いものがないときは出さないそうですが、それでもこのレベルのモツをそろえ続けるのはどれほど大変なことなんでしょうか。常連率は高くて親子二代にわたって通われているお客さんも多いそうです。それでも初めての私にも丁寧に接していただきました。
 翌日もう一回行きたかった。あと5,6品で全メニュー制覇できそうだったし。でも翌日も同じものまた頼んでしまったかもしれません。

これは素晴らしいお店と出会いました。また必ず行きます。新大阪で一時間(できれば2時間)あるならなんとか行ってみるべきお店です。予約できないのは残念ですが、このお店にこれ以上求めるのは贅沢すぎます。むしろ予約が出来ないからこそ、僕のような初訪問者も席につけるチャンスがあったのかもしれません。

そうそう、内臓系で、生肉が多いのにほとんどニンニクがないんです。おろしにんにくとか。生ニンニクが苦手な私にはうれしかったです。というかニンニクのような強い香りや薬味も不要なほど鮮烈なモツなんです。
あーいままた食べたい(笑)

和風もつ料理 あらた
住所 大阪府大阪市淀川区西中島4-2-8 B1F
TEL 06-6304-5250

「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-16 09:51 | グルメ その他

ローリングロッキンゴシック    

2010年 04月 15日

こんにちは。dannaです。
深夜に凝った食事が出来る錦の「ローリングロッキンゴチック」。入りづら~いビルの奥の方にあります。とっても「夜」モードのお店です。この日もたしか1時をまわってたような。。

ローリング&ロッキンゴシック
ROLLING & ROCK'IN GOCIC
中区錦3-13-5 中央マンションビル1F奥
052-971-3098
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

豚のリエット
a0091907_16441440.jpg
一口で良いといったのに、このボリューム(笑)。ワインを何杯飲めばよいのか。

イベリコ豚の耳のパン粉焼き
a0091907_1645080.jpg
イベリコで、豚耳で、パン粉焼きだと言われれば食べてみるでしょう。ゼラチンコリコリの食感がたまりません。

この日はグラスワインも一杯千円くらいで7種類くらいあったでしょうか。料理にあわせて出していただけます。これを全部一人でやってるんですから。すごい。しかも毎朝朝5時まで。

先日3周年を迎えたそうです。夜に凝ったものが食べたくなっちゃういけない人たちのためにこれからも頑張ってほしいもの。お店にもうひとりいるとどんどん注文しやすんだけどね。

このお店が「食べログ」に出てて驚きました(笑)

ローリング&ロッキンゴシック
ROLLING & ROCK'IN GOCIC
中区錦3-13-5 中央マンションビル1F奥
052-971-3098
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-15 16:44 | グルメ フレンチ カジュアル

赤坂見附 すし匠斉藤   

2010年 04月 15日

こんにちは。dannaです。
この日は東京、赤坂見附にいました。仕事がわりとおしてしまい遅めの夕食に。夜9時過ぎに男一人なら、やっぱりお鮨でしょう。この日は「すし匠 齋藤」さんに伺いました。

すし匠 齋藤
住所 港区赤坂4-2-2 鳳月堂本店ビル2F
電話 03-3505-6380
営業時間 6:00PM~夜12:00AM
「Google Mapへ」

a0091907_1683836.jpg
こちらは四谷の名店「すし匠」」のご出身だそうです。白木のカウンターで掘りごたつ式の店内は清潔感があってかつリラックスできます。やっぱり靴を脱ぐのがいいのだろうか。おかげでリラックスしすぎてお酒とおつまみが進んでしまいました。言い訳です。(笑)

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

<おつまみ>
春子の握り 最初のひとつは握りから。身が厚くてうまい
生シラス
海草 若布、天草
真鯛
つぶ貝
のれそれ
蛍烏賊
白エビ
カワハギの肝和え
アジの棒寿司
屋久島のカツオ タマネギおろしで
マグロ漬け

<握り>
桜鱒
青柳
サヨリ とても美味しかった。
煮海老
アンキモの握り

干瓢山葵巻き

桜鱒の桜〆め
a0091907_168507.jpg

青柳
a0091907_169480.jpg

アンキモ握り
a0091907_1610797.jpg


 リラックスできて楽しいお店でした。凝ったおつまみや、シンプルな旬の幸をテンポよく食べさせてくれます。目先がかわるようにいろいろと出てくるので気がついたら結構おつまみを食べてしまいました。お客さんはもちろんお鮨を楽しみに来ているんですが、「真剣勝負」というよりは気の合う相手と、お酒を飲みながらお話をしながら料理についてお話しながら楽しんでいる方々がほとんどでした。私は初めてで一人でしたが、周りの雰囲気につられていつの間にか両隣とお話しながら食事してました(笑)
 美味しく楽しく頂いてこのお値段なら満足。感じの良いお店でした。

すし匠 齋藤
住所 港区赤坂4-2-2 鳳月堂本店ビル2F
電話 03-3505-6380
営業時間 6:00PM~夜12:00AM
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-15 16:10 | グルメ 寿司

ふじ原   

2010年 04月 12日

こんにちは。dannaです。
いつもいつもお世話になっている「ふじ原」さん。すっかり人気店で当日入るなんてことはまずできませんが、この日はかなり遅い時間。名古屋駅付近ではいった一軒目に失敗し、「この傷をいかに癒そうか。。」ということで無理言って入れていただきました。無理ばかり言ってごめんなさい。

ふじ原
愛知県名古屋市東区泉1-14-23 ホワイトメイツ 2F
052-959-5513
日曜定休
「Google Mapへ」

a0091907_9421257.jpg
お通し。なんだったけな?この真ん中の。鳥取の海草なんだそうです。ネバネバ系です。おいしかったな。「ま」がついた気がする。ご存知の方います?

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

この日遅い時間ということで何品か。一口お造り。サツキマスとグジの昆布〆め
a0091907_9423458.jpg


サザエの二杯酢。美味しいサザエでした。一人で食べるとなんだか贅沢な気分です。
a0091907_9425178.jpg


グジの兜焼。かなり立派なグジの兜。メニュー見て最初に注文したのがこれ「グジ兜まだある?」大好物です。この時間まで待っていてくれてありがとう。頭がこのサイズなら700gくらい?旨くてねっとり、身を一切残さずに食べきります。ひとつの頭の中にどれだけの美味しさが隠れているのか。
a0091907_9431354.jpg


定番の蓮根饅頭。美味しいです。温まります。
a0091907_943272.jpg

おまけ。鯖鮨。ふじ原の鯖鮨は身厚ですが、脂が適度で美味しいと思います。
a0091907_9433851.jpg


この日もありがとうございました。ちゃんと予約して行きたいと思いつつ、いつも当日になってしまうのにお店の皆さんに良くしていただいてありがとうございます。相変わらず満席で、二回転目のお客さんも多いみたい。季節のものちゃんとあって、それでいて定番以外の目新しいものも用意している。お客さんの様々な要望スタイルにも柔軟に合わせてくれるのが人気の秘訣でしょうか。
これからもよろしくお願いします。

ふじ原
愛知県名古屋市東区泉1-14-23 ホワイトメイツ 2F
052-959-5513
日曜定休
「Google Mapへ」

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-12 09:43 | グルメ 和食

わにに乗る? TIER auf TIER   

2010年 04月 09日

こんにちは。dannaです。
これはなんでしょう?おもちゃ?置物?
a0091907_16533632.jpg

「ワニに乗る?」ってゲームなんです。
a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

ちょっと前にご紹介した「スティッキー」。あれよりも見た目とってもかわいらしく、実はかなり大人が燃えるゲームなのがこちら「ワニに乗る?」です。パッケージはとってもかわいらしいです。こちらも会社はHABA社のもの。
a0091907_16535018.jpg


箱をあけるとこんな感じ。土台となる「ワニ」とサイコロひとつ、それに28個の動物こまが入っています。とってもかわいらしいでしょ?
a0091907_1654655.jpg


ひとりがもつのはこの7つの動物。ペンギン、ハリネズミ、エリマキトカゲ、さる、へび、ヒツジ、オウムです。4人プレーだと数はぴったり28匹の動物がわけられます。
a0091907_16542172.jpg


ルールはいたって簡単。土台となる「ワニ」の上に順番に手持ちの動物駒を乗せて行き、最初に手持ちの駒がなくなった勝ちです。乗せ方には決まりがあって5種類のサイコロの目に従います。
「1」  動物をひとつ乗せる
「2」  動物をふたつ乗せる
「?」  動物をひとつ乗せるが、なにを乗せるかは自分以外のプレーヤーが決める
「手」 自分の動物を他のプレーヤーに乗せてもらう。
「ワニ」 ワニの隣接するように動物を置き、土台を広げる

サイコロにしたがって積んでゆきます。順調順調。
a0091907_165506.jpg

こんなかんじ。これは結構素直に積んでいるパターン。このひつじがジャマなんだまた。これはヘビがなかなか良い仕事をしてますね。
a0091907_16551423.jpg
崩してしまったプレイヤーは、崩れた動物コマのうち二つを選んで手駒に加えます。あとの崩れたコマは使わずにゲームを進めます。

ゲームも終盤に近づくとこんな感じになってきます。現在22個、あと6コマ。
これはちょっとお互いに意地悪してますね。安定した場所がなくなるように置いてます(笑)
a0091907_16552815.jpg


これが負けると悔しいんです。前半にでる「2」の目はリードのチャンスですが、後半になってくると「敗北宣告」のよう。「ワニ」が出ると土台が広がるのでとたんに楽になりますが、あまり出るとつまらないので我が家ルールでは「ワニ」は2回まで。

うちの4歳の娘もできますよ。でも2歳の息子は無理。重心を見極めて乗せるという行為は結構ハードルが高いみたい。大人同士でやるときはいかに次ぎの人が困るように積むか、というのが非常に面白いのですが、、、結局意地悪な人は自滅したりとかね。
スティッキーほどシンプルでなくほどほどに戦略性もあるので飲みながらにもお奨め。気がついたら朝の3時とか。

子供とやるときは意地悪禁止。

泣きます。

a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-09 17:40 | その他

宮崎居酒屋 たもいやんせ 渋谷 神泉   

2010年 04月 09日

こんにちは。dannaです。この日は東京にいまして、渋谷-神泉の宮崎料理の居酒屋へ
a0091907_15485276.jpg
「たもいやんせ」さんです。神泉町の交差点を旧山手通り沿いに北上してちょい。東京トヨペットの向かいあたり。

a0091907_10371312.gif←人気ブログランキングへ

カツオのお造りに
a0091907_1549344.jpg

宮崎名物「とりのもも焼き」
a0091907_15491964.jpg
焼きたてはやはり違いますね。とっても美味しい。この歯応えがたまらないんですが、「廃鶏」を使っているんですって。卵を産まなくなった親鳥ですから、ブロイラーや若鶏に比べると3倍以上のお年寄り鶏。言葉では「廃」なんてつくけどでも歯応えも味も強くて僕はむしろ好きなくらいです。
豚の軟骨煮。
a0091907_15495587.jpg
これも美味しかった。沖縄ではソーキにするところでしょうか。角煮を作るから、調理過程ででる軟骨部分を煮たものだそうです。無駄ないわ。赤味噌風でシチューのようでとても美味しかったです。
a0091907_1550580.jpg

茄子の山葵漬け。見た目ではわからないですが、食べると鼻にツンっと抜けます。箸休めにぴったり。
a0091907_15502078.jpg

宮崎名物 冷汁
a0091907_15505372.jpg

イリコ粉が効きまくってました。ちょっとむせた。
a0091907_1551311.jpg


「たもいやんせ」さんは、宮崎料理がちゃんと美味しく食べることができて良いお店でした。居酒屋なんだけど、なんでもありの居酒屋になりすぎていない。料理のベースがしっかりしている印象でした。あらかじめ割ってある焼酎とともにいくらでも時間をすごせてしまいそうでした。ご馳走様でした。

その後は道玄坂あたりのバーで一杯。このタイミングで友人がしりあいと遭遇したり。
a0091907_15541638.jpg

屋久島の焼酎「三岳」があったのでデコポン割りにしてもらいました。ものすごく合います。海で飲む山の飲み物のような。
a0091907_15543517.jpg

ルリカケス。奄美のラムです。すっきりした味わいです。軽めのゴールドラム系。蜜の風味があります。
a0091907_15551924.jpg



a0091907_10371312.gif←応援クリックよろしくおねがいします。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-04-09 15:51 | グルメ その他