「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

良いお年を。。   

2010年 12月 29日

こんにちは。dannaです。
今年ももう終わりですね。皆さんの一年はどんな一年でしたか?
我が家の一年はバタバタと慌しい年でした。私も仕事でなかなか落ち着けない日々が続きましたし、TOKOSANは和美塾の活動に加え、年末に中京五流会に出演し大忙しでした。おされて食べ歩きはだいぶ控えめだった気がしますが、読み返すとそれなりには行ってますね(笑)。皆さんがお誘いしてくださるからですね。ありがとうございます。そういえばワインエキスパートの資格も取ったんですよ。私。

慌しいなりにそれなりに成果もあった一年だと思います。いろんな方にいろんな形で助けていただきました。改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。今年もなんとか家族四人、大きな病気や怪我もなく一年を終えられそうだということがなによりのシアワセでしょうか。

今年も更新頻度が少なくて、お店の情報も少ないこんなブログにたくさんの方が訪れてくださり、ありがとうございました。人気ランキングはダダ下がりですが(笑)、読者の方は増えているようでうれしい限りです。楽しいコメントもたくさん頂きました。ありがとうございました。

今年のネタもたっぷり残しつつ来年に持ち越しです(笑)来年もぼちぼちと続けたいと思います。

それでは今年もあと三日。最後までみなさんも体調や怪我や事故のないように気をつけて、良いお年をすごされますように。そしてみなさんが清清しい新年を迎えられますように!!!

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ





[PR]

by t0k0san | 2010-12-29 11:18 | その他

新店 手打ちうどん かとう   

2010年 12月 26日

こんにちは。dannaです。
ケイさんのブログに紹介されてた「手打ちうどん かとう」に行ってきましたよ。白く輝くさぬきうどん!
a0091907_11594869.jpg


「手打ちうどん かとう」
052-485-9058
名古屋市中村区太閤通3-26
「Google Mapへ」
営業時間 11時~15時(2010/12月現在)
追記 来年1月からは昼11時~14時 夜17時~20時になるそうです。定休日いまのところなし。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

「手打ちうどん かとう」はまだ10月にできたばかりなんですって。地下鉄中村区役所の真上にあります。
a0091907_11594010.jpg


入って驚くのはとにかく清潔な店内。新しいのはもちろんだけど白木のカウンターも厨房のなかもピカピカ。そして店主がとってもさわやか。これはとっても期待してしちゃいます。
a0091907_11594339.jpg
その日の朝打ったうどんなんですって。時間がかかるのなんて仕方ないですよね。

a0091907_11594630.jpg
うどんを待ってる間に「おでん」を食べてみた。豆腐100円。味噌か芥子を選べます。かなりあっさりしたおでんです。複雑に濃くなったおでん汁を想像するとちょっと違います。昼間だし素面だしこれくらいもお出汁がよくって美味しいけどね。

天ぷらザルうどん!800円
a0091907_11594763.jpg
きれいなうどん!きれいな天ぷら。

a0091907_11594845.jpg
天ぷらはうどんの茹で上がりに合わせて澄んだ油で揚げてくれます。普通の天ぷら専門店よりはるかに美味しいと思います。

a0091907_11594869.jpg
そして腰があって歯ごたえのしっかりしたうどん!美しいものは美味しいよね。一本がとっても長くてしかも弾力が強いうどんなので食べるのが大変なくらい。(それはちょっと誇張か)。しっかり噛んでたべるうどん。山本屋とは違ってぷりぷりで弾力の強いうどんです。好みはあるでしょうが僕は好きだな。また行こうっと。

年内は11時~15時のみの営業ですって。来年から夜もやるそうです。昼のうどん飲みとかもいいな。

「手打ちうどん かとう」
052-485-9058
名古屋市中村区太閤通3-26
「Google Mapへ」
営業時間 11時~15時(2010/12月現在)
追記 来年1月からは昼11時~14時 夜17時~20時になるそうです。定休日いまのところなし。
いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ







[PR]

by t0k0san | 2010-12-26 11:49 | グルメ その他

カルネヤ in Nagoya!!!   

2010年 12月 22日

こんにちは。dannaです。今回はとってもステキで楽しかった会のご報告。
「カルネヤ in Nagoya!」のお話。僕が大好きで東京神楽坂までしょっちゅう行ってしまってる「肉を愛するイタリアン」の”ANTICA OSTERIA CARNEYA”。そのカルネヤが一日だけ名古屋にやって来てくれたんです!!
主催しておきながらブログのUPが一番遅いとお叱りを受けました(笑)
a0091907_0251228.jpg
これが今回の主役。46日熟成のドライエイジドビーフ2kgだ!!

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

とかいっちゃいけないね。今回の主役はお肉とともに名古屋にやってきてくれた「CARNEYA」の高山いさみシェフ!!いさみん!とお手伝いのメカジキくん。
a0091907_0221964.jpg
手に持っているのが今回のお肉。左が長野産猪800g。右が46日熟成肉2kg!
今回は、ワインバーの小久保さんのご厚意で、昼間にお店を開けていただきました。シェフは料理に専念、ワインとサービスが小久保さん、僕達は楽しむ役。完璧な布陣だ(笑)

開催を泡で乾杯したらさっそくカルネヤワールドのスタート!
お口取りは牡蠣のスフォルマート。
a0091907_023984.jpg
牡蠣のヨウドが泡にあうね。豆乳のソースとオリーブオイルが変化をつけてくれます。

レバーペースト
a0091907_0233063.jpg
カルネヤのレバーペーストはマルサラ酒がたっぷり効いたクリーミーなレバーペースト。豪快なようでじつはしっかり料理したものもいさみシェフは得意。

カルネクルーダ
a0091907_0235838.jpg
カルネクルーダは直訳すると生の肉。ピエモンテの郷土料理でカルネヤでは「タルタル」としてメニューに載ってます。お店だとトリュフが載ってたりでもっとステキでこれがどこのタルタルより美味しいんだ。ポイントはオリーブオイルとケッパーとパルメジャーノ。レシピ教わったから今度作ろうっと。

レバーのカルパッチョ
a0091907_0242064.jpg

大絶賛だったこの一品。僕も最初にカルネヤ行ったときこれが一品目でもう虜になった一皿。赤というより、真紅、紫にかがやく濡れた鉱石の塊のような生レバー。シェフが手持ちでやってきた生レバーは、見ためだけで参加者が一瞬シンとなるほどの存在感。そのレバーの表面をさっと焼き、スライスしてガーリックオイル、ヴィンゴット、ヴィネガーで味付けしてあります。悶絶の一皿。

今回楽しいのは調理過程がほぼ丸見えなこと。本家カルネヤでもこれだけは楽しめない。
a0091907_0254760.jpg


まだまだどんどん出てきます。自家製白金豚のサルシッチャとほうれん草のソテー
a0091907_0262187.jpg
ここでビールにチェンジ(笑)昼間っから美味しい食事に美味しいお酒で幸せだ。

モツの調理中。プリプリの立派なモツ。
a0091907_0264449.jpg


モツCooking con 香菜
a0091907_0271116.jpg
お店でも大人気のこのメニューは「かならずいれてね」と事前オーダー。味付けにはイタリアン、和食、中華いろんな要素が混じっています。全部まとめてたまらなく美味しい「カルネヤの料理」大人気。これとビールと白ご飯だけのお店でもはやると思う(笑)。これもお店とはちょっと違う仕上がり。お店のはもっと美味しいよ。

「ここまでが前菜です」のシェフのひとことで一瞬だまる参加者(笑) そうなのまだ前菜なのです。いさみシェフたっぷりカルネヤ料理を楽しんでもらおうとしっかり用意してくれたのでした。ここからパスタ2品にメインではさすがにメインまで行き着かないかも、ということで方針変更。さきにメイン、最後にパスタとなりました。

さてメイン1品めは長野産猪のロースト。じっくり焼かれて休ませていたこちらのお肉800g。家庭用のフライパンひとつでオーブンも使わずに焼き上げてました。腕ですね。。すぐ道具に頼る私とは当たり前だけど大違い
a0091907_0275090.jpg


長野産猪ロースのチョコレートソース
a0091907_0292680.jpg
このチョコレートソースがよく合いました。チョコレートの苦味と酸味が猪の赤身肉によく合います。これは嬉しい発見です。そして付け合せのカリフラワーが美味い。なんでも教えてくれるシェフ。これも作り方教わりました。

さてさていよいよオオトリの46日ドライエイジドビーフ。500g×4。かすかにカマンベールチーズのような香りがするんです。熟成によって肉の細胞が壊れてる状態だとか。
a0091907_021492.jpg


半分は七輪でじっくり焼いてビステッカに
a0091907_0283554.jpg

半分はパン粉、マスタード、チーズで衣を着けてパレルモ風のカツレツに。どれだけ厚いカツレツだと(笑)
a0091907_029516.jpg


分厚く切って
a0091907_0295071.jpg


来ました!「熟成肉のビステッカ」と「熟成肉のパレルモ風カツレツ」二枚看板揃い踏みのメイン!
a0091907_0301557.jpg

美味い!!熟成肉の風味、美味しさを噛み締めて味わうビステッカと、あふれる肉のジュースを香ばしい衣と一緒にいただくカツレツ。同じ食材を違う調理法で同時に食べ比べられるなんて最高だ。美味しい!これを僕の友人達にも味わって欲しかったんです。みんな笑顔で嬉しい。

〆のパスタはキノコとラグーのパスタ
a0091907_030307.jpg
パスタまで肉で。エストラゴンがすごくよく聞いてました。満腹のはずなのにあっというまに完食。ハーブ使いが上手。

いやー楽しかった。美味しかった「カルネヤ in 名古屋!」今年も最後にすっごく楽しい会ができました。
今年初めて「カルネヤ」さんに伺って一度でファンになって、一人で何度も行って、友人ともいって家族ともいってついには名古屋まで来てもらっちゃいました。ノリノリで来てくれたいさみシェフ本当にありがとう!忙しいのに名古屋までお手伝いにきてくれたメカジキにも感謝。そして気持ちよくお店を貸してくれて素敵なワインをサーブしてくれた小久保さんもありがとうございました。もちろん、お店通りとは行かないかもしれない会を楽しみに参加してくれた12名の参加者の皆さんもありがとうございました。またやりたいですね!

最後にもう一度今回のメニューを振り返ると、、

・牡蠣のスフォルマート
・鶏レバーペースト
・肉の前菜1 カルネクルーダ
・肉の前菜2 レバーカルパッチョ
・肉の前菜3 白金豚サルシッチャ
・肉の前菜4 モツCooking con 香菜
・お肉のメイン1 長野産猪のロースト
・お肉のメイン2,3 二枚看板 46日熟成肉のビステッカ、パレルモ風カツレツ
・パスタ ラグーとキノコのパスタ

肉ばっかり(笑) 全員がすべてのメニューを完食!肉ばっかりに見えるけど食べた人にはわかると思うけど変化が多くて重さはあまり感じないんです。やっぱりやるな「カルネヤ」。みんなきっと神楽坂のお店にも行きましょうね。はやくしないとどんどん予約取れなくなるよきっと。


さてこの後は、二次会、三次会、四次会へと。。
東京からきてくれたお二人に食べてもらったのは、、

1kg越えのドウマン蟹!!
a0091907_0335364.jpg


見事なサイズですごい食べ応え(笑)
a0091907_0341482.jpg


濃厚なミソに内子!
a0091907_034251.jpg


この地方の特産だけど、名古屋に住んでてもなかなか出会えないドウマン蟹。しかもこのクラス。初めて来た名古屋でこれをひくとは、このふたりは「持ってる」ね(笑)

本当にありがとう。またやろうね!


いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ





[PR]

by t0k0san | 2010-12-22 00:30 | グルメ イタリアン カジュアル

手作りシュウマイに挑戦   

2010年 12月 16日

こんにちは。dannaです。
なかなか美味しそうでしょ?今回はシュウマイを手作りしてみました。
a0091907_1384100.jpg
シュウマイより餃子の方が手作りイメージが強い気がしますが、シュウマイも簡単でとっても美味しくできるんだね。本当に簡単!

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

a0091907_1374872.jpg
材料はこんな感じ。今回はシュウマイの30個分です。ちょっとこぶりのシュウマイです。豚挽き肉300g、タマネギ1/2みじん切り。しいたけ 2つみじん切り ショウガ ひとかけみじん切り。シュウマイの皮。あと調味料。

a0091907_1374965.jpg
まず肉を練って餡を作ります。豚挽き肉に塩小1、醤油少々、オイスターソース小1、ごま油小1、紹興酒小1と五香粉小1を入れて練ります。3分もすれば粘りが出てきますよ。ソーセージ作りの時と同様に氷水でボールを冷やしながらやりました。ソーセージでは肉の温度が低いほうがプリっとするので応用です。不要かもしれませんが。

a0091907_1375034.jpg
肉の粘りがでたら、しいたけ、ショウガを入れてさらに練ります。

a0091907_1375263.jpg
タマネギは水が出るので片栗粉大2をまぶして水気を吸わせてからお肉と混ぜます。練り練りと。

a0091907_137534.jpg
餡の完成です。ものの10分。

a0091907_1375472.jpg
バットに広げて等分にわけます。30個分。

さあいよいよ詰めます。
a0091907_1375591.jpg
親指と人差し指でわっかを作り、中指は握って「底」にします。

a0091907_1375624.jpg
そこに皮を乗っけて

a0091907_1375741.jpg
餡をスプーンでぎゅっと詰める!

a0091907_1375766.jpg
あとは余った皮を蓋にしつつ回転させて形を整えます。簡単!餃子より肉まんよりずっとずっと簡単です。わっかを用意してあげたら子供でも簡単にできるね

a0091907_1375887.jpg
こつをつかんだらどんどんできます。

a0091907_137591.jpg
整然とならんだ30個のシュウマイ。

a0091907_138092.jpg
売り物のようだ(笑)

さて、ここまでやっておいてこの日は別のものを食べに出かけちゃったのでこのまま冷凍。簡単だからまとめて作って冷凍しておくといいかもね。

a0091907_138158.jpg
翌日蒸してみました。冷凍のまま蒸し器にならべて、

a0091907_138242.jpg
中火で8分くらい蒸すと

a0091907_13835.jpg
できあがり!!!

a0091907_1374622.jpg
とっても美味しくできました。正直自分が想像していたよりずっと美味しくできて驚きました。いや本当。ちょっとしたお店よりも美味しいくらい。ポイントはオイスターソースと五香粉でしょうか。これは簡単で美味しくて楽しいや。今度は子供と一緒にいろいろやってみようと思います。お肉を粗挽きでごろごろにしたり、海老を入れたり、白菜で野菜の旨味を足したりとかね。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ




[PR]

by t0k0san | 2010-12-16 01:34 | レシピ

壺中天でも みんなの誕生会   

2010年 12月 15日

こんにちは。dannaです。11月の合同誕生日会は一度で終わるはずもなく。。壷中天でも。
a0091907_4432732.jpg
去年は移転前の壷中天でやりました。移転して人数が増やせるようになったのでより盛大に!まわり11月生まればかりなのね。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。
a0091907_4431780.jpg
この日はみんなそれぞれ誕生日ワインを事前持ち込み。シェフがワインがたくさん飲める料理にしてくれたに違いない。。

フレッシュのセル牡蠣、玉ねぎのピューレ海水のジュレ、キャビア
a0091907_4432057.jpg
定番の前菜。玉ねぎのピューレの甘さとクリーミーさが全体をつないでまとめあげてくれていると思います。美味しい。シャンパーニュと。

フォアグラバリエ
a0091907_4432525.jpg
フォアグラは調理法を替えて3種類。どれもフォアグラながら温度も口当たりも味付けも違います。すでにたくさんあけられている白ワインたちとワインとの組み合わせ比べが楽しい。

a0091907_4432732.jpg
このパートフィロ包みが一番楽しかった。春巻きにフォアグラもあり、ということだ。。

タラの白子のムニエル、キャベツのソース トリュフの香り
a0091907_4433042.jpg
立派な白子のムニエルにみぞれ状のキャベツのソースにトリュフ。濃厚なはずの白子を香りよく軽い印象でまとめてあって美味しくいただけました。キャベツの甘さが良く合うんですね。

金目鯛のポワレ リゾットとともに 赤ワインソース
a0091907_4433329.jpg
魚料理ですが、白、赤どちらにも合わせられるようにしてくれたに違いない(笑) 

雷鳥のコートレット
a0091907_4433939.jpg
おお!雷鳥!全員の前に雷鳥の足が聳え立ちます(笑) 最近は足がはっきりみえるような盛りつけは嫌がるお客様も多いんですって。もったいない。

a0091907_4434162.jpg
中をあけるとこんな感じ。ここにもたっぷりのフォアグラが!大きな詰め物が入っていました。リルのスペシャリテにも似たお料理がありますね。雷鳥の鉄分を感じる肉とフォアグラ、濃厚なソース、美味しく頂きました。

この日頂いたワインの一部。写真取れきれないほどのワインがありました。
a0091907_4443924.jpg

Henri Giraud fut de Chene AY Grand cru 1999 
Clos des Goisses Philipponnat 1996
Pierre Callot Clos Jacquin Avize Grand cru NV

Mearsault-Charmes 1er Cru domaine des Comtes LAFON 1992
Chassagne Montrachet 1er Cru MORGEOT 1990
Chassagne Montrachet 1er Cru MORGEOT 1989
Auxey-Duresses les Boutonniers Domaine d'Auvenay 1999
Dagueneau Sancere 2007

Vosne Romanee emmanuel ROUGET 1999(magnum)
Echezeaux gRAND CRU Bouchard Pere&Fils 1977
VEGA SICILIA unico Ribera del Duero 1968
Clos de Vougeot Charles NOELLAT 1976

みなさん誕生月だからステキなワインがたくさん飲めました。
a0091907_4444159.jpg
ありがとうございました。

まだまだ二次会へ
Corton-Charlemagne Grand cru Bonneau du Martray 1989
Bruno Paillard LE MESNIL 1995(magnum)
Chateau Cheval Blanc 1er Grand cru classe 1970
GAJA barbaresco Sori san Lorenzo 1983
Chateau de SAINT COSME GIGONDAS hominis fides 2007
いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ


[PR]

by t0k0san | 2010-12-15 14:45 | グルメ フレンチ

りんごの宝石 「こみつ」   

2010年 12月 13日

こんにちは。dannaです。これなんだ?これだけみると新しい果物みたいでしょ?
a0091907_1175621.jpg
リンゴなんです。蜜だらけのリンゴを頂きました!

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

いつもありがとうございます。頂き物のこのリンゴ。青森の「こみつ」っていうんですって
a0091907_117524.jpg


見た目は普通。ちょっと小ぶりなリンゴです。品種は「高徳」というもの、葉をとって実を赤くすることより葉を残して糖度をあげることを選んだ「葉とらずリンゴ」なんですってだから見た目は赤くもなくて普通。
a0091907_1175545.jpg
この食べ方が変わってるんです。冷やして輪切りにして食べるんですって!

これが切った状態。おおっ蜜だ蜜!普通は中心部にちょっとあって嬉しい蜜の部分がこんなにも!8割方蜜です。これはすごい!!
a0091907_1175615.jpg


手にもつと透き通っているのがわかります。香りも濃くて甘い。リンゴというより南国の果物みたい。青森産なのにね
a0091907_1175621.jpg
味はとっても甘くてやわらか。じゅぅぅとジュースがでてくるような美味しいリンゴです香りがよくてひとつ置いてあるだけで部屋中があまいリンゴの香りで満たされます。料理屋さんでデザートにつかえるような特別感のあるリンゴでした。

a0091907_1175791.jpg
なんてったってりんごの宝石ですから。これは楽しいな。子供たちがリンゴ食べる食べる。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-12-13 11:05 | グルメ その他

猪丸焼きの会 2010   

2010年 12月 09日

こんにちは。dannaです。今年も「猪を丸焼きの会」をやりました。
a0091907_4493530.jpg
なかやん主催のこの会、僕の中では最高のBBQとして定番とかしつつあります。が、これはBBQではないだろ、とつっこむ自分もまだいますが、もう塊肉をやかないBBQなんて一生しないんじゃないか。。今回も猪の手配から下拵えまでなかやんが大活躍してくれました。ありがとう!

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

a0091907_4465961.jpg
一緒に子羊を丸焼きにしたのは何年前だっけ?道具も焼く技術もはるかにレベルアップしました。もう肉を焦がしたりしません、生焼けなのに食べたりしません。遠火の強火の意味を理解してます。じっくり4時間かけて36kgの猪を表面はパリッと、中はロゼ色に焼き上げてゆきます。「丸焼キスト」の称号を贈りたい(笑)

a0091907_447185.jpg
この衝撃映像!ももう慣れた(笑)慣れてないかたのためにも写真は少なめにしておきます。映像より実物のほうが違和感ないんですよ。

a0091907_447366.jpg
さていよいよ入刀の儀式。山の恵みと友人達に感謝して、静寂のなか「入刀」! ここで猪から「抜群の肉」に変わる瞬間。そして歓声!

まず、ロース食べてバラ肉たべて、部位ごとに味わいます。脂がうまいんですよ。そして肉も甘いんです。
a0091907_447781.jpg
これはバラ肉ですね。

この後も、肩肉、頬肉、肢肉と食べてゆきます。今回も解体もとっても上手な方がいました感謝!

定番、ではないですが僕は今回も「リゾット風」の猪ご飯をたきました。最後に少し食べたいんですよね。
a0091907_447851.jpg


今回も楽しい会でした。なかやん、協力してくれたみなさんありがとうございました!

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-12-09 04:49 | グルメ その他

トゥ ラ ジョアでみんなの誕生会   

2010年 12月 08日

こんにちは。dannaです。
11月は私の誕生日月間、しかも周りにはやけに誕生月の方が多いんです。みなさん食べるの大好きなので誕生日を出しに何度もあつまります(笑)
a0091907_4453981.jpg
今回は、最近さらに予約の取れなくなった「トゥ ラ ジョア」へ。今年は4回くらいいけたかな。来年一年の予約がもう埋まってしまっているそうです。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

頬肉と大根の煮込み
a0091907_445417.jpg
和の食器で出てきた最初の一品は、蓋を開けた瞬間部屋中にトリュフの香りが充満しました。イタリア アルバ産のトリュフをたっぷり使った牛の頬肉と大根の煮込みです。脂分を除いたビーフのスープが大根に染みて美味しい。

赤蕪と里芋のスープ
a0091907_4454686.jpg
見た目では正体のさっぱりわからないこの料理。赤蕪は郡上のものをクールブイヨンでじっくり煮たものを何度も裏ごししたものだそうです。里芋もつぶして木耳や、銀杏とともに団子状に。野菜の甘さをじっくり味わえる美味しいスープでした。

カニとほうれん草のムース
a0091907_4454847.jpg
これもなんだかわからない料理(笑) 蒸したほうれん草と鯛のすり身でムースにして、そこに生のズワイガニをふんだんに入れて全体を蒸し上げた料理。これは日本酒が欲しくなりますね。

九条ネギと海鮮の陶板焼き
a0091907_4455191.jpg
二品続けて緑のソース。こちらは九条葱のソースです。九条葱を油で煮てから出汁とペースト状にしたソース。葱の甘さとほんの少し残る揮発性の香りが食欲を刺激します。海鮮はエゾアワビにホタテ、ヤリイカなど。鰹出汁に鶏出汁を加えて油で煮た葱に負けない濃厚な旨味をだしているそうです。そこに海鮮の旨味。体の中から温まってくるお料理でした。

活鱸のうに風味 
a0091907_4455320.jpg
師崎でとれた一本釣りの鱸には甘い京人参のソース。ウニは北海道昆布森のウニ。ワインが進みます。

佐賀牛の二色ソース
a0091907_4455536.jpg
トゥ ラ ジョアのお料理は、最後のお肉はいつもシンプルなステーキスタイルが多いのです。今回もステーキなのですが、クリスピーステーキ。表面をかなりの高温でやくことで脂肪分が固まってきらきら光ってます。ソースはまいたけとシメジのキノコだけで作ったソースにカレー風味のソース

定番のMのサラダ。やっぱり好きです。
a0091907_4455978.jpg


古代米の生湯葉ご飯 しばづけに自家製のわさびダレ
a0091907_446085.jpg
古代米風味がよくて美味しいですよね。満拿のしめの雑炊も古代米。うちの子供も古代米だとおかずなしでパクパク食べます。

ラフランスのムース
a0091907_4462178.jpg


気の置けない仲間と楽しい時間を過ごしました。トゥラジョアのお料理はとても変わった料理のように言われますが、まずひとつひとつの食材の味を引き出しかたに集中して工夫を重ねていて、その上でその組み合わせ、提供の仕方が面白いのだと思います。定番以外のいろんな組み合わせを創作的に挑戦されてますが、その組み合わせが素材同士がすごい!!組み合わせの時があってそれにであったときの喜びが大きいです(そうでもないときもある(笑))。今回のお料理では、「頬肉と大根」「赤蕪と里芋のスープ」「魚介の陶板焼き」が好きでした。料理自体のまねはできませんが下拵えの参考にさせてもらったりします。

今回もすばらしい日本酒とワインを味わうことができました。ありがとうございます。
a0091907_44666.jpg


a0091907_446288.jpg
みなさん、誕生日おめでとうございます。誕生日を祝い会える友人がいるのって幸せです。

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-12-08 04:46 | グルメ その他

カヤナック ボードゲーム   

2010年 12月 06日

こんにちは。dannaです。今日はひさしぶりにボードゲームの紹介です。
クリスマスも近いし、ってわけではありませんが。

今回ご紹介するのは「カヤナック」 とってもたのしいエスキモー少年の釣り対決のゲームです。前から持っていたのですが、そろそろ子供が理解できそうな気がしたのでやってみました。
a0091907_13191397.jpg
こちらもHABA社のものあいかわらずパッケージがかわいらしい。

人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

箱をあけるとこんな感じ。いろいろ入ってますね。このゲームはパッケージの箱もゲームに利用するんです。
a0091907_13191599.jpg


この穴あきボードがポイントなんです。この二枚のボードの間にA4の紙を一枚はさむと、
a0091907_13191613.jpg


ほら氷上の釣り大会会場のできあがりです。
a0091907_13191783.jpg


このゲームで使われる魚はこの金属製のボールです。大小二種類ありますね。
a0091907_1319183.jpg


このボールを空き箱のなかで散らしておくんです。すると氷上からは見えないところで魚が分布してることになるんですね。単純なのに良く考えられています。
a0091907_13191948.jpg


その他の駒などはこちら。四人のエスキモーの少年と魚をいれる入れ物。サイコロ2個、そして「釣り竿」このゲームの一番楽しいところ。あとは青(水)、白(氷)の駒もあります。
a0091907_131920100.jpg


さて氷上に少年を配置したらゲーム開始。サイコロを振ります。このマークがでたら、少年駒を3つ動かして良いのです。
a0091907_13192151.jpg


そしてこれがピッケルのマーク。これは少年のまわりの氷に穴をあけてよいのです。
a0091907_131921100.jpg


これが楽しいんです。釣り竿のとがったお尻をぷすっと
a0091907_1319222.jpg


ずずずっと穴に指していきます。障子に穴をあけちゃう感覚(笑)障子は怒られるけどこのゲームならどうどうと!
a0091907_1319239.jpg


ね!これで釣りができるようになった。ワカサギ釣りみたいだ。
a0091907_13192454.jpg


さていよいよこのマークがでたら釣りができます。
a0091907_13192435.jpg


釣り竿も磁石側を穴に入れて、お、手ごたえあり!
a0091907_1319255.jpg


逃げられないようにゆっくりと引き上げると、、、釣れてる!
a0091907_13192681.jpg


なんと大1、小2 一度に三匹も釣れてました!!Big Game!!
a0091907_13192751.jpg


その他には?は自分で移動、穴あけ、釣りを選んでいいマーク。
a0091907_13192884.jpg


もうひとつの青いサイコロを組み合わせるともっと戦略性が高いゲームになります。
a0091907_13192935.jpg


このゲームの良いところは、とにかく、穴をあけたり、釣りをしたりの「手をつかった遊びの感覚が楽しい!」こと。子供たちもあっと言う間に夢中です。「移動だけ」のターンのときのがっかり感たらないです(笑)
a0091907_13193068.jpg


3歳の息子でもできますよ。「釣れたーっっ」「二匹もーっっ」大興奮(笑)
a0091907_13193181.jpg
基本的に全部の穴が開くか、誰かが15匹魚を釣ったら終了。でも長くなるのでそのへんは適当に「10匹」にするとか、15分と決めるとか。

青いサイコロと同時に「水」の駒をつかったり
a0091907_13193137.jpg


「氷」の駒を使ったりするとお互いの邪魔ができて、戦略性が高くなります。うちはなかなかそこまでゆけません。とにかく釣りたがるので(笑)
a0091907_13193238.jpg


この日は、息子がイレグイでした。糸を垂らせばすぐかかる。釣り名人のような三歳児。
a0091907_1319332.jpg


a0091907_13193441.jpg
子供と遊ぶのにとっても楽しい「カヤナック」。それほど知的駆け引きのようなものはありませんから大人だけには少しものたりないかもしれませんが、この「釣る」行為がとにかく楽しいのです。紙に穴あけたり、そろりそろりと糸を引き上げたり。なかなかチャンスが巡ってこずに、ついに釣った一匹の嬉しいこと!そして釣れない自分を尻目にどんどん釣ってく人の恨めしいこと!「そこまで釣ったら僕の釣る穴がなくなるだろうが!」っていいたくなります。

原始的な喜びを感じさせてくれる楽しいゲーム、さすが「1999ドイツゲーム大賞子供賞受賞」作品です。クリスマスやお正月にいかがでしょう?

いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by t0k0san | 2010-12-06 13:14 | その他

鴨の酒塩蒸し   

2010年 12月 01日

こんにちは。dannaです。ネタがたまりすぎて書く意欲が。。。
更新してないのに毎日たくさんの方が訪れてくださってありがとうございます。

今日は簡単なおつまみ「鴨の酒塩蒸し」です。美味しいよ。
a0091907_22292564.jpg


人気ブログランキングへ応援よろしくおねがいします。

最近では鴨もおつまみの定番になりましたよね。普通のスーパーでも「合鴨スモーク」とか「鴨パストラミ」なんていう名前で真空パックされて売ってますね。ペパーが効いていたり。でも、それほどでもないですよね。ちょっと人工的に味をつけたハムのよう。お手軽なのはそれはそれでよいのですが、時間があるなら「鴨の酒塩蒸し」も簡単で失敗しづらくて良いですよ。

1.まずは生の鴨肉(普通は合鴨ですね)を買ってきたら、全体に塩をたっぷりまぶして、翌日まで冷蔵庫に入れておきます。
2.翌日、塩を洗い落として、水に浸けて15分くらい塩抜きをします。
3.水気を拭いたら、日本酒に浸けて一時間。
4.取り出して全体をラップで包みます。

それがこの状態。
a0091907_22292667.jpg


このまま中火で蒸します。これは鴨300グラムくらいで15分。余熱で火が入るので短めでも大丈夫。
a0091907_22292684.jpg


蒸しあがった状態。身が縮んで固くなっています。
a0091907_22292550.jpg


ラップの中には鴨の肉汁が出てしまっています。だからラップしたんですけどね。
a0091907_22292576.jpg

このまま、蒸篭を火から下ろして30分くらい置いておくと、温度は人肌、肉汁が半分以上は鴨に戻ってしっとり、身もまた柔らかくなります。

あとはスライスして食べるだけ。皮目をフライパンで焼いてもいいですね。
鴨の身に塩味は入ってますし、日本酒は風味を増してくれます。シンプルだけど失敗もしなくていい調理法だと思うな。日本酒に合うよ。

今度はラップの中に焼いたネギのスライスでも入れておこうか。「鴨の酒塩葱蒸し」。誘惑力がさらに上がるな(笑)



いつもありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]

by T0K0SAN | 2010-12-01 22:29 | レシピ