「鳴神不動北山桜」 市川海老蔵   

2009年 07月 05日

こんにちは♪
今回は歌舞伎のお話です。
・・と、いいましても、いつの?というのも恥ずかしいほど前の話題ですみません。

海老さまこと、市川海老蔵さんが5役を務めて話題になった、あの芝居です。
この公演のために、肉断ち、酒断ちをして体を清めて臨まれたことでも話題
になりましたね。
かなり痩せられて、私の周りでも、通しで公演できるかしら?などとおば様方が
我がことのように心配なさっておいででしたもん☆


a0091907_15504269.jpg


『雷神不動北山桜』は、その三段目が『毛抜』、四段目がこの『鳴神』、
そして五段目大詰めが『不動』として、独立して演じられるのが普通に
なっていますが、今回はその「通し芝居(狂言)」。

「通し狂言」はこの頃、いろいろな演目で上演されるようになりましたが、
普段歌舞伎を見なれない方はもちろん、見慣れている方にも分かり易く
楽しめる構成なのが多く、現在に残っている古典ものは、やはり(古典
を見なれない方にも)喜んでもらえ、時代を超越して愛されることが
感じられてうれしいです。


さて、海老様の芝居。
幕開きに海老蔵の口上があり、芝居の時とは違う「素」の声でおおまかな
ストーリを語って、さらに分かりやすく、芝居の世界観に入り込みやすい
演出でした。
声の通りも良く、型も美しく、もちろんあの容姿で、時に美しく、時に力強く、
熱演されていました。(安倍清行は弱い感じがしましたが。)
それが、上手に構成されている演出とも相まって、(失礼ながら)
想像以上に良かったです。
機会があればまた観たいと思う芝居でした♪


まだ早い感のあった、海老蔵襲名から数年。
共に海老様の時代がやってきているのかも^^。

鳴神上人
a0091907_155109.jpg

粂寺弾正
a0091907_15512026.jpg

早雲王子
a0091907_15513876.jpg

安倍清行
a0091907_1552742.jpg

不動明王
a0091907_15522444.jpg

a0091907_15531261.jpg



~これが「鳴神不動北山桜」のあらすじ~

子のない天皇からの依頼をうけて、鳴神上人(なるかみ しょうにん)は
寺院建立を約束に皇子誕生の願をかけ、見事これを成就させる。

しかし当の天皇が寺院建立の約束を反故にしたため、怒った上人は、
雨降らしの竜神を滝壷に封印してしまう。
それからというもの日照りの日ばかりが続き、やがて国中が飢饉に襲われ、
民百姓は困りはててしまった。


そこで天皇は女色をもって上人の呪術を破ろうと、内裏一の美女・
雲絶間姫(くもの たえま ひめ)を鳴神上人の許に送り込む。

姫の色仕掛けにはさすがの上人も抗しきれず、思わずその身体に
触れたが最後、とうとう戒律を犯し、さらには酒に酔いつぶれて眠ってしまう。


その隙を見計って姫が滝壷から竜神を解き放つと、豪雨が降りだした。
その轟音に飛び起きた上人は、やっと騙されたことに気づき、烈火のごとく怒り出す。
髪は逆立ち、衣は炎となって、鳴神上人は雷神鳴神(らいじん なるかみ)となり、
姫の後を追う。
[PR]

by t0k0san | 2009-07-05 01:48 | お芝居、コンサート

<< 夏の着物 美味しいものいっぱい♪ >>